ユジーン・ドゥーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ユジーン・H・ドゥーマン(Eugene Hoffman Dooman 、1890年3月25日 - 1969年2月2日)は、駐日アメリカ合衆国大使館参事官で、第二次世界大戦前の二国間の重要な交渉の時期における人物[1][2]

背景[編集]

米国聖公会宣教師である両親の元に大阪で生まれたため[2][3]、ドゥーマンは母語として日本語を覚えた。彼の両親のアイザックとグレイスはイランオルーミーイェの出身で、そこでの主要なキリスト教徒アッシリア人である。アイザックがニューヨーク神学校General Theological Seminary)での研修を終えると、1888年に二人は来日した。アイザックが母国のガージャール朝ペルシアに戻れないことが分かったためである。ドゥーマンは1903年に帰米しニューヨークのTrinity Schoolで学び、1911年トリニティ・カレッジを卒業した。[4]

業績[編集]

ドゥーマンは1921年国務省に入省した。ロジャーズ法によって設立された米国の新しい外交局の最初の職員であった。

ドゥーマンは、外交職務の大半を日本で過ごし、1931年から33年の二年間はロンドン、1933年から37年の五年間はワシントンD.C.で勤務した。1930年代後半における日本との決定的な交渉の時には、ドゥーマンはジョセフ・グルー大使に次ぐ第二位の、大使館参事官であった。彼はしばしば、グルーが不在時の臨時代理大使としての役割を果たした(グルーが一時帰国休暇を取った1939年を含めて)。1941年の初め(2月14日)に米国大使館参事官として、彼は東京大橋忠一外務次官に、フランクリン・ルーズベルトの最後通告を届けた。これは、日本がシンガポールを攻撃した場合、それは米国との戦争を意味するという警告であった。ドゥーマンは真珠湾攻撃の後、大使館の宿舎に幽閉され、1942年にスウェーデン交換船グリップスホルムで米国に帰国した。その後の1945年に、ドゥーマンは嘗ての上司のグルー国務長官代理に付き合い、ジェイムズ・クレメント・ダン国務次官補の特別補佐官として、日本の降伏を求める政策決定に関わった。ドゥーマンは、ポツダム宣言1945年原爆投下の前に出された警告)の起草者の一人である。ドゥーマンは、日本に対する核兵器の使用に反対し、天皇制維持の強力な擁護者であった。ドゥーマンは、戦後の退職期において強力な反共主義者であった。1957年にはウィリアム・ジェナー上院議員による赤狩りに参加し、共産主義者の疑いを懸けられたカナダの外交官で学者のハーバート・ノーマンと、アメリカの外交官のジョン・エマソン(後に彼は東京の大使館で公使参事官となる)に対して、荒っぽい非難を集中させた[5]

1923年に任地の日本で知り合ったエドワード・H・ワトソン艦長の招待客として、米国の駆逐艦デルファイに乗船していた際に、ホンダポイント遭難事件座礁した。

晩年[編集]

日本国政府は1960年勲二等旭日重光章を贈って長年の功績に報いた[1][6]

1962年にコロンビア大学オーラル・ヒストリー・プロジェクトの一環としてインタヴューを受けている。日本の占領に関する彼の回想は、歴史家にとって有用な資料である[7]。その「ユジーン・ドゥーマン・アーカイヴス」は、スタンフォード大学フーヴァー研究所で保管されている。

1969年の2月2日にコネティカット州リッチフィールドで死去した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b Peter A. Adams (1976). Eugene H. Dooman, "A Penny a Dozen Expert": The Tribulations of a Japan Specialist in the American Foreign Service, 1912-1945 (Master's thesis). University of Maryland. http://hdl.handle.net/1903/19621. 
  2. ^ a b c David Shavit (1 January 1990). The United States in Asia: A Historical Dictionary. Greenwood Publishing Group. p. 134. ISBN 978-0-313-26788-8. http://books.google.com/books?id=IWdZTaJdc6UC&pg=PA134. 
  3. ^ David Mayers (2013). FDR's Ambassadors and the Diplomacy of Crisis: From the Rise of Hitler to the End of World War II. Cambridge University Press. pp. 16–. ISBN 978-1-107-03126-5. http://books.google.com/books?id=wjLKYL3xbmAC&pg=PA16. 
  4. ^ Register of the Department of State. Washington, D.C.. (1918). p. 104. https://books.google.com/books?id=7zowAQAAMAAJ&pg=PA104&lpg=PA104. 
  5. ^ John Emmerson, The Silver Thread
  6. ^ 読売新聞社編『昭和史の天皇 本土決戦とポツダム宣言』中公文庫 p.345 2012年
  7. ^ Hugh Borton (1 January 2002). Spanning Japan's Modern Century: The Memoirs of Hugh Borton. Lexington Books. p. 138. ISBN 978-0-7391-0392-0. http://books.google.com/books?id=Ic9kBYzQS8sC&pg=PA138.