ユスラ・マルディニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ユスラ・マルディニ Swimming pictogram white.svg
Yusra Mardini portrait.png
選手情報
フルネーム Yusra Mardini
国籍 シリアの旗 シリア
泳法 自由形
生年月日 (1998-03-05) 1998年3月5日(20歳)
テンプレートを表示

ユスラ・マルディニ(Yusra Mardini、1998年3月5日 - )は、シリア競泳選手。シリア内戦により難民となり、現在はドイツベルリンに在住している。2016年リオデジャネイロオリンピックの難民選手団の一員として競泳バタフライ100mに出場した[1][2]

ダマスカスで育ち、シリアオリンピック委員会英語版のサポートの下に競泳選手として頭角を現した[3]。2012年12月にトルコイスタンブールで開催された世界短水路選手権の200m個人メドレー、200m自由形および400m自由形種目に出場した[4]

ユスラの住居はシリア内戦により破壊され[5]、2015年8月にユスラと実姉のサラはシリアを脱出することを決断した[6]。二人はレバノンを経てトルコに達し、密航業者が用意したボートに他の密航者とともに乗船した。このボートは通常6-7人乗りだが[3]、18人もの密航者が乗りギリシャに向けて出航したが[6]、わずか15分でエンジンが停止しエーゲ海上で水没し始めた[7]。18人中泳げるのは、ユスラと同じく競泳選手であったサラを含めても4人しかいなかったが[3]、4人は海に飛び込んでボートを押し始め、4時間をかけてようやくレスボス島に到着した[6]。二人はギリシャからヨーロッパ各国を経由してドイツに入り、同年9月にベルリンに住まいを得た[3]。後にユスラとサラの両親もシリアを脱出して、ドイツ国内に居住している[8]

ユスラはオリンピック出場を夢見てベルリン市シュパンダウ区にある水泳クラブでトレーニングを再開した[3][6]。出場を目指した種目は200m自由形である[5]。この段階では2016年リオデジャネイロオリンピック出場は未定であったが、国際オリンピック委員会で議論された。同委員会のトーマス・バッハ会長は難民となったアスリートたちについて「戦争や暴力を逃れるためであっても、夢を実現してやらねばなるまい」と発言した[9]

2016年6月、ユスラは難民アスリートによる2016年リオデジャネイロオリンピックの難民選手団の一員に選出され、オリンピック出場が決定した[10]

迎えたオリンピックでは100mバタフライに出場。予選1組で1分09秒21をマークして5人中トップとなったが、他の組の泳者は1分以内で泳ぎ切り全体では41位となった[1][11][12][13]

日本メディアによる紹介[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b rio2016.com. “Women's 100m Butterfly”. 2016年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月13日閲覧。
  2. ^ Fahey, Ciaran (2016年3月18日). “Swimmer Yusra Mardini hopes to compete at Rio Games for refugee squad in hopes of inspiring other Syrians.”. The Toronto Star. ISSN 0319-0781. http://www.thestar.com/news/world/2016/03/18/olympic-dream-burns-bright-for-syrian-refugee.html 2016年3月19日閲覧。 
  3. ^ a b c d e Philip Oltermann. “From Syria to Rio: refugee Yusra Mardini targets Olympic swimming spot”. the Guardian. 2016年3月25日閲覧。
  4. ^ The inspirational Olympic journey of refugee swimmer Yusra Mardini”. Olympic.org. Olympic Games. 2016年3月25日閲覧。
  5. ^ a b Olympics hopeful Syrian refugee swims for three hours pushing boat of migrants”. Stuff (2016年3月21日). 2016年3月25日閲覧。
  6. ^ a b c d After Surviving Aegean Sea, Syrian Swimmer Hopes For Spot In Olympics”. NPR.org (2016年3月20日). 2016年3月25日閲覧。
  7. ^ a b 読売テレビ. “リオオリンピックまで1週間、難民選手団とは…”. 2016年7月30日閲覧。
  8. ^ Refugee swimmer Yusra Mardini gets a chance to go the Olympic Games”. SwimSwam. 2016年3月25日閲覧。
  9. ^ Team of Refugee Olympic Athletes (ROA) created by the IOC”. IOC. 2016年3月3日閲覧。
  10. ^ [1]
  11. ^ アーカイブされたコピー”. 2016年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月7日閲覧。
  12. ^ Yusra Mardini delights with butterfly heat win for Refugee Olympic Team, The Guardian, retrieved 6 August 2016
  13. ^ Refugee swimmer Yusra Mardini just won her heat at the Olympics, quartz.com, retrieved 7 August (CET)