ユダヤ史関連人物の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ユダヤ史関連人物の一覧(ユダヤしかんれんじんぶつのいちらん)は、族長時代から20世紀までユダヤ人社会政治文化に影響を及ぼした人物、ラビ宮廷ユダヤ人、ユダヤ教に基づく哲学者、ユダヤ系出自のキリスト教イスラム教への貢献者などの一覧。

紀元前11世紀以前[編集]

アブラハムからモーセ、イスラエルの地への定着までの物語の期間を「族長時代」という。

考古的・科学的な研究は「古代オリエント」も参照。

紀元前10世紀[編集]

紀元前9世紀[編集]

預言者の一覧は旧約聖書の預言者の一覧(Liste der Propheten des Alten Testaments) を参照

紀元前8世紀[編集]

  • アモス ‘amos, Amos:預言者
  • イザヤ Ysha'yah, Isaiah:後の預言者(三大預言者)
  • ミカ Mikhah, Micah:預言者
  • ホセア Hoshea‘, Hosea:ヤロブアム2世時代の北王国の預言者
  • ヨナ Yonah, Jonah :ニネベへ赴いたことで知られる預言者

紀元前7世紀[編集]

紀元前6世紀[編集]

紀元前5世紀[編集]

紀元前4世紀[編集]

  • シモン(ソフィリーム):大祭司。伝説的人物

紀元前2世紀[編集]

紀元前1世紀[編集]

1世紀[編集]

2世紀[編集]

3世紀[編集]

  • ユダ・ハ=ナシ(ユダ1世) Rabbi Judah haNasi (135年頃-220年頃):ナーシー(サンヘドリン長)。ミシュナー完成(イスラエルの地のタナイーム)息子はナーシーのガマリエル3世
  • ラビ・ヨーハーナーン・バル・ナッパハ(ナフハ、鍛冶屋の子のラビ・ヨハネ) Rabbi Yochanan bar-Nappacha(Naphcha), hanNappach (?-279年) (イスラエルの地のアモライーム):
  • ユダ2世 Judah IIティベリアに住んだナーシー 息子はナーシーのガマリエル4世
  • ラブ(ラビ・アバ・アリカ) "Rabh", Rabbi Abba Arika (?-247年) (バビロニアのアモライーム):スラ[要曖昧さ回避] Sura の学塾 yshibhah を創設
  • マル・シュムエル・ヤルヒナア(マル) Shmuel Yarchina'ah, "Mar Samuel", Samuel of Nehardea (165年頃-257年頃) (バビロニアのアモライーム):ネハルデア Nehardea の学塾 yshibhah の長。ラブとの論争はバビロニア・タルムード形成に貢献
  • レーシュ・ラキシュ(シモン・ベン・ラキシュ) Resh Lakish, Shim'on ben Laqish (200年頃-275年頃) (イスラエルの地のアモライーム)
  • フナ Huna (バビロニアのアモライーム) (216/212年-296-297年):ラブの弟子、バビロニア・タルムードの「法規」面で活躍、スラの学塾長
  • ヒスダ Hisda (217年-309年頃) (バビロニアのアモライーム):スラの学塾を再興

4世紀[編集]

  • アバイエ Abaye (278年-338年) (バビロニアのアモライーム):プンペディタ Pumpedita の学塾(イェシーバー)長。ラバとの論争はバビロニア・タルムードの中核
  • ラバ(アバ・バル=ヨセフ・バル=ハマ) Abba bar Yoseph bar Hama, "Rabha" (280年頃-352年) (バビロニアのアモライーム):マホザ Mahoza の学塾を運営
  • ヒレル2世 Hillel II (330年頃 - 365) (イスラエルの地のナーシー):ユダヤ暦の確立。息子はナーシーのガマリエル5世
  • パパ Papa (300年頃-375年頃) (バビロニアのアモライーム):バビロニアのナレシュ Nareshに学塾設立
  • フナ・ベン・ヨシュア Huna ben Joshua (?-410年) (バビロニアのアモライーム):バビロニアのナレシュに学塾設立

5世紀[編集]

6世紀[編集]

7世紀[編集]

8世紀[編集]

  • ワハブ・ビン・ムナッビヒ Wahb bin Munabbih (?-732):イラン系でイエメン出身のユダヤ教徒で、イスラム教に改宗。ユダヤ教文学をハディースに取り入れた一人
  • アナン・ベン・ダヴィド Anan ben Davidカライ派(760年ころ成立、バビロニア)
  • マアマル・アブー・ウバイダ Ma'mar Abu 'Ubaida - アラビア言語学のバスラ派の学者(バスラ派の人物としてはバルフ出身のアル・アハファシュ(非ユダヤ系)などがいる)

9世紀[編集]

  • エルダド・ハッ=ダーニー Eldad ha-Dani :旅行家

10世紀[編集]

11世紀[編集]

12世紀[編集]

  • ヤコブ・タム Jacob Tam / Ya'aqob ben Me'ir, "Rabbenu Tam" (リショニーム):ラシの孫、トサフィスト
  • トゥデラのベンヤミン Benjamin de Tudelaラビ・旅行家。インド・イラク・イエメン・地中海諸国などを旅行。「Massa‘ot shel Rabbi Binyamin(ラビ・ベンヤミンの旅)」
  • ラビ・イェフダー・イブン・アッバース(アブー・アル=バーガ・イブン=アッバース・アル=マグリービー) Yehudá aben Abbas, Abu al-Baga ibn Abbas al-Maghribi (?-1163):フェズの詩人:ピユート"‘ēth ša‘ărēy rātzôn"...
  • イブン・ルシュドアベロエス) Ibn Rushd:イスラム教徒の大哲学者
    ユダヤ教徒の翻訳活動によってイブン・ルシュドのアリストテレス注解がキリスト教世界に伝えられ、スコラ学の拠り所となった
  • イェフダー・ベン=シャウル・イブン=ティボン Judah ben Saul ibn Tibbon (1120年 グラナダ -1190年以降) :息子シュムエル Samuel ben Judah ibn Tibbon (1150年-1230年) と共に優れた翻訳者
  • ヌールッ=ディーン・アブー=イスハーク・アル・ビトルジー Nuru'd-Din abu-Ischaq al-Bitruji:「天文書 Kitabu'l-Hay'ah」は1259年ヘブライ語訳された。

13世紀[編集]

14世紀[編集]

15世紀[編集]

16世紀[編集]

17世紀[編集]

18世紀[編集]

19世紀[編集]

前期[編集]

後期[編集]

20世紀[編集]

前期[編集]

後期[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

正統派[編集]

保守派[編集]

超宗派[編集]