ユッコの贈り物 コスモスのように

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ユッコの贈りもの コスモスのように』(ゆっこのおくりもの こすもすのように) は、1982年に公開された、現代ぷろだくしょん製作による、日本映画である。

概要[編集]

急性白血病により、13歳の生涯を閉じた少女と、家族・友人との交流を描く。少女と両親との交換日記を元にした、遺稿集が原作。

内容[編集]

“ユッコ”こと鹿村由紀子は、バスケットボールの好きな13歳の中学生である。 両親と弟の4人の家族と、級友たちとの楽しい生活を送っていた。しかし、彼女の体を病魔が襲い、ついに入院することになった。病状が進み、窓越しでしか面会できないほどの状況に追い込まれ、母親は「交換日記」での交流を提案する。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]