ユニオン・チャーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ユニオン・チャーチ(Union Churches)は、特定の国籍にとらわれない、在日外国人のプロテスタントが日本語以外の外国語による合同礼拝を行う超教派教会である。

1857年に米国の初代総領事で聖公会会員のタウンゼント・ハリスオランダ改革派教会会員のヘンリー・ヒュースケンが将軍謁見の途中で11月29日に聖公会の祈祷書により早天祈祷会を持ったのが、日本最初のプロテスタントの外国人による合同礼拝である。

1859年以降、J・C・ヘボンらは神奈川の成仏寺で合同礼拝をおこなった。1860年代には東京、神奈川、横浜の英国公使館、米国公使館で合同礼拝が行われ、1862年には横浜と長崎居留地にイギリス教会が設立された。

主な教会[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年
  • 高橋昌郎『明治のキリスト教』吉川弘文館、2003年

関連項目[編集]