ユニオン・パシフィック鉄道3985号蒸気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ユニオン・パシフィック鉄道 3985号
アイオワ州内を走行する3985号機(2008年)
アイオワ州内を走行する3985号機(2008年)
基本情報
運用者 ユニオン・パシフィック鉄道
製造所 アメリカン・ロコモティブ (ALCO)
製造番号 70174
形式 4664-4
車両番号 3985
製造年 1943年
主要諸元
軸配置 (2'C)C2' h4 (en:4-6-6-4
軌間 1,435 mm
動輪上重量 202 t
総重量 486 t
動輪径 1,753 mm
シリンダ数 4気筒
シリンダ
(直径×行程)
533 mm × 813 mm
ボイラー圧力 1.93 MPa
出力 5,000 hp (3,700 kW)
引張力 433.03 kN
テンプレートを表示
3985号機

ユニオン・パシフィック鉄道3985号は、アメリカ合衆国ユニオン・パシフィック鉄道が導入したテンダー式蒸気機関車で、チャレンジャー(Challenger)形機関車の1両である。

概要[編集]

この機関車は、1943年7月にアメリカン・ロコモティブスケネクタディ工場で製造された関節形単式4シリンダー機関車である。車軸配置4-6-6-4の本系列は全長37.2メートル、重量486トンを誇り、世界最大級の蒸気機関車の一つとされている。

同型車両は1936年から1946年にわたって105両が生産されたが、鉄道公園に展示されていたこの3985号機(製造番号70174)のみが動態復元された。

2008年時点で「自走できる蒸気機関車」としては世界最大のものである。2014年より動態復元に向けて修復中のビッグボーイ4014号機の復元が完了すると、3985号機は2番目に大きい動態保存蒸気機関車となる。

参考[編集]

  • ニッセイ ワールドドキュメント「蒸気機関車が作った国 アメリカ」(1991)

関連項目[編集]