ユリア・リプニツカヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ユリア・リプニツカヤ
Julia LIPNITSKAIA
Russian figure skater pictogram 2.png
Julia Lipnitskaia at the 2014 European Championships - Awarding ceremony.jpg選手情報生年月日 (1998-06-05) 1998年6月5日(22歳)代表国 ロシアの旗 ロシア出生地 ウラル連邦管区
スヴェルドロフスク州エカテリンブルク身長 160 cm趣味 乗馬素描料理コーチ アレクセイ・ウルマノフ元コーチ エテリ・トゥトベリーゼ
セルゲイ・デュダコフ
Elena Levkovets
マリナ・ヴォイコフスカヤ振付師 ステファン・ランビエール
アレクセイ・ウルマノフ
オリガ・ポヴェーレンナヤ元振付師 ダニイル・グレイヘンガウス
ガリーナ・ポディコワ
マリナ・ズエワ
イリヤ・アベルブフ
ニコライ・モロゾフ所属クラブ アイスバーグ元所属クラブ CSP Sochi元練習拠点 ソチ開始 2002引退 2017年9月9日世界ランキング 2 (2013–14,2014–15)シーズンランク 1 (2013–14)ISUサイト バイオグラフィプログラム使用曲ショート 枯葉 作曲:ジョゼフ・コズマ ボーカル:劉思涵フリー キル・ビル サウンドトラックISU パーソナルベストスコア合計スコア 209.72 2014 欧州選手権ショート 74.54 2014 世界選手権フリー 141.51 2014 ソチ五輪記録
  • オリンピック 最年少金メダリスト(現行ルール)
  • 欧州選手権 女子シングル最年少優勝
 
大会成績
国際スケート連盟主催大会 1 2 3
オリンピック(団体戦) 1 0 0
世界選手権 0 1 0
欧州選手権 1 0 0
グランプリファイナル 0 1 0
世界ジュニア選手権 1 1 0
ジュニアGPファイナル 1 0 0
合計数 4 3 0
国内大会 1 2 3
ロシア選手権 0 2 0
 
獲得メダル
フィギュアスケート
International Skating Union.svg主要国際大会
世界選手権
2014 さいたま 女子シングル
欧州選手権
2014 ブダペスト 女子シングル
グランプリファイナル
2013 福岡 女子シングル
世界ジュニア選手権
2012 ミンスク 女子シングル
2013 ミラノ 女子シングル
ジュニアグランプリファイナル
2011 ケベックシティー 女子シングル
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

ユリア・ヴィアチェスラヴォブナ・リプニツカヤロシア語: Юлия Вячеславовна Липницкаяロシア語ラテン翻字: Julia Viacheslavovna Lipnitskaia1998年6月5日 - )は、ロシアエカテリンブルク出身の元フィギュアスケート選手(女子シングル)。

2014年ソチオリンピック団体戦 金メダリスト。2014年世界選手権2位。2014年欧州選手権優勝。現行ルールによるフィギュアスケート競技における冬季オリンピック史上最年少(15歳249日)団体戦の金メダリストであり[1][2]、また欧州選手権史上最年少女王の記録も持つ[3]

人物[編集]

ロシアエカテリンブルクで生まれる。母親がリプニツカヤを妊娠中に、父親は軍に徴兵され兵役についたが、その後戻らなかった為、母子家庭で育つ[4]。一人っ子である。

特徴的な柔軟性は、生まれて間もない頃から母が股関節等のストレッチを行っていたためである。幼い頃は新体操も習っており、4歳からスケートを始める[5]。母は働いていたため、コーチに幼稚園の送り迎え、練習等全て面倒を見てもらっていた。それに対し本人は「とても感謝している」と語っている[6]。その後本格的なスケートの指導を受ける為に10歳でモスクワに引っ越した。

趣味は乗馬、料理、手芸、絵画、編み物、音楽を聞くこと、自然(湖)の写真を見ること[7][8]。動物好きである[7]

憧れの選手としてカロリーナ・コストナー羽生結弦ハビエル・フェルナンデスパトリック・チャンを挙げている[9]

メディアへの対応などから気が強いイメージが強いが、一方で鈴木明子と同じ大会に出場した際に記者会見で「倍の年齢の選手と競うこと」について問われ、その場では「特に何も」と答えたものの、会見終了後に通訳を介して鈴木明子を呼び止めて「アキコのことは選手としてとても尊敬しています。たださっきの質問はまったく予想していないことだったので、なんと答えていいのかわからなかったの」と伝えたというエピソードがある[10]

2020年7月27日、第1子となる女児のカタリナ(: Каталина)を出産し1カ月になることが報道された[11]。子の父親は元スケーターのウラジスラフ・タラセンコ[11][注 1]

経歴[編集]

ソチオリンピックでのリプニツカヤ

2010-2011シーズン、ロシア選手権で4位に入る。

2011-2012シーズンよりISUジュニアグランプリに参戦し、バルティック杯ワルテル・ロンバルディ杯の2大会連続で優勝。その結果、ジュニアグランプリファイナルに出場して優勝する。同年のロシア選手権ではアデリナ・ソトニコワに次ぎ、2位となる。世界ジュニア選手権で優勝。

2012-2013シーズン、シニアクラスへ移行。フィンランディア杯で優勝。グランプリシリーズでは中国杯で2位、エリック・ボンパール杯で3位となり、グランプリファイナルへの出場を決めた。しかし11月28日の練習中にスピンで転倒して顎を切り、軽い脳震盪を起こしたため出場を取りやめた[13][14]世界ジュニア選手権では2位。

2013-2014シーズン、フィンランディア杯で2連覇。スケートカナダではSP、FSともにパーソナルベストを更新し、グランプリシリーズ初優勝を果たす。続くロステレコム杯でも優勝し、グランプリファイナル進出を決め銀メダルを獲得。2年ぶりに出場のロシア選手権では2位。ヨーロッパ選手権ではSP2位、FSでは139.75で1位で逆転優勝し、合計スコアは初めて200点を超えた。15歳での優勝は史上最年少となる。

ISUによる略称:
ジャンプ
T トウループ
S サルコウ
Lo ループ
F フリップ
Lz ルッツ
A アクセル
ソチオリンピックで団体金メダル、世界選手権で銀メダル獲得

ソチオリンピックの団体戦では当初リプニツカヤはSP、FSのどちらか一方に出場する予定であったが、選考は二転三転し最終的にロシアスケート連盟はリプニツカヤをSP、FSの両方に出場させた[15][16]。団体戦ではSP,FS共に1位となりロシアの優勝に大きく貢献した[13]。しかしメディアに大きく取り上げられ個人戦までに一度モスクワに戻って練習する際に空港や練習拠点に多数の記者が待ち構え、ロッカールームに盗聴器が仕掛けられたり、リプニツカヤの家族や親戚にまで取材が及び、過熱報道が問題となった[17]。個人戦では優勝候補の一人に挙げられていたが、SP、FS共に転倒もあり5位となった。

世界選手権ではSPで74.54でパーソナルベストを更新し、初出場で銀メダルを獲得した。

2014-2015シーズン、ジャパンオープンに出場予定だったが、FSプログラムがなかなか決まらずに準備が遅れたこと[18][注 2]、新しいスケート靴の調整の不具合も重なり欠場[19]。また、SPの構成のコンビネーションを3T-3Tに変えてグランプリシリーズに臨む。初戦となった中国杯ではSP1位スタートだったが[20]、FSでは序盤の3Sで転倒、その後も1F、1Lzなどのミスを重ね、演技後キス・アンド・クライで涙を流した。演技の失敗で激しく動揺し、演技終了後に表彰式のスケジュールを確認せずホテルに帰ってしまったことにより、メダル授与式に間に合わず欠席した事で罰金が科された[21]エリック杯ではFSの3Fで転倒し、最終的に2位となった。グランプリファイナルでは、SPで今季初[22]の3Lz-3Tを成功させたが、単独の3Fでエッジエラーの判定を受ける。FSでは2Aと2Fでともに転倒するなどのミスを重ね、FSだけでは6位、最終的には5位となる。ロシア選手権ではSP終了時に6位になる。FSでは冒頭の3Lz-3T、2A-3T-2Tを成功し好調に見えたが、1Loの失敗、3Fを2回試みて2回とも転倒するなどミスが続き、FSだけでは11位、最終順位は9位に終わる。この結果により代表入りを逃し、今季の欧州選手権世界選手権に派遣されない事が決まった[23]。ロシア選手権後にコーチ変更の噂が流れたが[24]、「他のコーチに移るという考えは起こりもしませんでした。今までもこれからも私のコーチをとても頼りにしています。」と否定した[25]

2015-2016シーズン、グランプリシリーズではスケートアメリカで6位、エリック・ボンパール杯パリ同時多発テロ事件の影響でFSが中止になり、SPの順位の2位となったが、グランプリファイナル出場を逃した。グランプリシリーズ終了後、アレクセイ・ウルマノフにコーチを変更し[26]、11月23日よりソチでの練習を開始した。地元エカテリンブルクで開催されたロシア選手権では、グランプリシリーズまではすべて前半に組み込んでいたSPのジャンプ構成を、後半に3T-3Tを入れる構成に変更するなどし、SPで3位に立つも、FSは10位となり総合7位となった。ロシアカップファイナルではSP1位、FS3位で総合2位となった。

2016-2017シーズン、グランプリシリーズ初戦となるスケートアメリカは古傷の悪化により欠場。ロステレコム杯では、SPで3位につけていたがFSでの演技中に足が攣り、中断を挟み演技を終えるが最下位に順位を落とした[27]。ロシア選手権に出場予定だったが、練習からの帰宅途中に道で滑って転倒し、右股関節打撲と仙腸関節炎を負った。治療に最低14-17日かかると診断されたため、ロシア選手権を欠場することとなった[28]

現役引退、指導者の道へ

2017年8月28日、ロシアの各メディアがリプニツカヤの母が引退することを明らかにしたと報じた。 摂食障害(拒食症)の治療を行っていた欧州から帰国後に決断したという[29][30][31][32]。現在は解説者として活動しているほか、エレーナ・イリニフと共にフィギュアスケーター養成機関「チャンピオンズ・アカデミー」を設立し、指導者として各地を回っている。

キャンドルスピン[編集]

背中ごしに上げた右脚を体にくっつけ、本来は靴のブレード(刃)を持つ両手は足首をつかむ形のビールマンスピン。その非常に高い柔軟性[33]から繰り出されるビールマンスピンは、本人によってキャンドルスピンと名付けられた[34]

オリンピック最年少記録[編集]

2014年までは1998年長野オリンピックで優勝したタラ・リピンスキーアメリカ合衆国)の15歳255日が最年少記録であった[35]。リプニツカヤはリピンスキーよりも誕生日が5日早いが[注 3]、ソチオリンピックの団体戦フリー(2014年2月9日)が長野オリンピックの個人戦フリー(1998年2月20日)より11日早いので、リプニツカヤのほうが6日早く金メダリストになった[2]

なお現行ルールの年齢制限が出来る前の最年少記録は1936年ガルミッシュパルテンキルヒェンオリンピックペア競技でのマキシ・ヘルバードイツ)の15歳128日であったが、現行ルールではオリンピック前年の7月1日までに15歳の誕生日を迎えている必要がある[36]

記録[編集]

プーチン大統領とリプニツカヤ
  • 現行ルールでのオリンピックフィギュアスケート最年少金メダリスト
  • 最年少フィギュアスケート女子シングルオリンピック金メダル獲得(団体戦).
  • 最年少女子シングル欧州大会優勝.
  • ロシア人初の女子シングルオリンピック金メダル獲得 (団体戦).
  • ロシア人初の女子シングル合計得点200点超え.[37]
  • 女子ジュニアフリー得点世界記録更新 (123.96), 2012年世界ジュニア選手権(2014年にエレーナ・ラジオノワが更新).[37]
  • 女子ジュニア合計得点世界記録更新 (187.05), 2012年世界ジュニア選手権.(2014年にエレーナ・ラジオノワが更新)[37]

主な戦績[編集]

大会/年 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17
冬季オリンピック 5
世界選手権 2
欧州選手権 1
ロシア選手権 4 2 2 9 7
GPファイナル 2 5
GPロステレコム杯 1 12
GPエリック杯 3 2 2[注 4]
GPスケートアメリカ 6 辞退
GP中国杯 2 2
GPスケートカナダ 1
CSネペラ記念 2
CSフィンランディア杯 1 1 2
チロル杯 1
世界Jr.選手権 1 2
ロシアJr.選手権 5 棄権 1 5
JGPファイナル 1
JGPバルティック杯 1
JGP W.ロンバルディ杯 1
団体戦
冬季オリンピック 1

詳細[編集]

2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年11月4日-6日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 3
69.25
12
78.88
12
148.13
2016年9月29日-10月2日 ISUチャレンジャーシリーズ オンドレイネペラメモリアルブラチスラヴァ 1
63.16
5
102.30
2
165.46
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年3月9日-13日 2016年チロル杯インスブルック 1
66.73
1
105.91
1
172.64
2015年12月23日-27日 ロシアフィギュアスケート選手権エカテリンブルク 3
73.77
10
121.47
7
195.24
2015年11月13日-15日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯ボルドー 2
65.63
中止 2
2015年10月23日-25日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカミルウォーキー 5
62.24
7
108.39
6
170.63
2015年10月9日-11日 ISUチャレンジャーシリーズ フィンランディア杯エスポー 2
62.81
2
109.52
2
172.33
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年12月24日-28日 ロシアフィギュアスケート選手権ソチ 6
66.90
11
102.80
9
169.70
2014年12月11日-14日 2014/2015 ISUグランプリファイナルバルセロナ 2
66.24
6
111.55
5
177.79
2014年11月21日-23日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯ボルドー 2
66.79
2
118.39
2
185.18
2014年11月7日-9日 ISUグランプリシリーズ 中国杯上海 1
69.56
4
104.01
2
173.57
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月26日-30日 2014年世界フィギュアスケート選手権さいたま 3
74.54
2
132.96
2
207.50
2014年2月6日-22日 ソチオリンピックソチ 5
65.23
6
135.34
5
200.57
2014年2月6日-22日 ソチオリンピック 団体戦(ソチ 1
72.90
1
141.51
1
団体
2014年1月13日-19日 2014年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブダペスト 2
69.97
1
139.75
1
209.72
2013年12月22日-27日 ロシアフィギュアスケート選手権ソチ 2
70.32
1
140.49
2
210.81
2013年12月5日-8日 2013/2014 ISUグランプリファイナル福岡 4
66.62
2
125.45
2
192.07
2013年11月22日-24日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 1
72.24
2
118.56
1
190.80
2013年10月25日-27日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダセントジョン 2
66.89
1
131.34
1
198.23
2013年10月4日-6日 2013年フィンランディア杯エスポー 1
65.49
1
125.82
1
191.31
2012年中国杯銀メダル
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年2月25日-3月3日 2013年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ミラノ 4
53.86
2
111.81
2
165.67
2013年2月1日-3日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(サランスク 3
67.03
6
111.53
5
178.56
2012年11月16日-18日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 1
63.55
3
115.76
3
179.31
2012年11月2日-4日 ISUグランプリシリーズ 中国杯上海 1
63.06
2
114.86
2
177.92
2012年10月4日-7日 2012年フィンランディア杯エスポー 2
64.05
1
124.18
1
188.23
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年2月27日-3月4日 2012年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ミンスク 1
63.09
1
123.96
1
187.05
2012年2月5日-7日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(ヒムキ 1
65.28
1
126.64
1
191.92
2011年12月25日-29日 ロシアフィギュアスケート選手権サランスク 3
63.11
1
128.54
2
191.65
2011年12月8日-11日 2011/2012 ISUジュニアグランプリファイナルケベック 1
59.98
1
119.75
1
179.73
2011年10月6日-8日 ISUジュニアグランプリ ワルテル・ロンバルディ杯ミラノ 1
63.71
1
119.34
1
183.05
2011年9月15日-17日 ISUジュニアグランプリ バルティック杯グダニスク 1
60.37
1
112.14
1
172.51
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年2月2日-4日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(カザン 7
51.75
- 棄権
2010年12月26日-29日 ロシアフィギュアスケート選手権サランスク 5
59.13
4
117.14
4
176.27
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年2月3日-6日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(サランスク 5
55.66
5
99.84
5
155.50

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2016-2017 枯葉
作曲:ジョゼフ・コズマ
ボーカル:劉思涵
振付:ステファン・ランビエール
映画『キル・ビル』サウンドトラックより
Twisted Nerve
Goodnight Moon
Ironside
Bang Bang
BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY
振付:アレクセイ・ウルマノフ、オリガ・ポヴェーレンナヤ
2015-2016 好きにならずにいられない
悲しき悪魔(You're The) Devil in Disguise
ボーカル:エルヴィス・プレスリー
振付:マリナ・ズエワ
Leningrad
演奏:ウィリアム・ジョセフ
振付:マリナ・ズエワ
Dance for You
曲:ビヨンセ
振付:マリナ・ズエワ

メガポリス
by Bel Suono
振付:イリヤ・アベルブフ
2014-2015 メガポリス
by Bel Suono
振付:イリヤ・アベルブフ
愛のテーマ
映画『ロミオとジュリエット』より
作曲:ニーノ・ロータ
Forbidden Love
映画『ロミオとジュリエット』サウンドトラックより
作曲:アベル・コルゼニオフスキー

Mother's Journey
映画『グッバイ、レーニン!』より
作曲:ヤン・ティルセン
振付:イリヤ・アベルブフ
Via con me
映画『フレンチ・キスサウンドトラックより
曲:パオロ・コンテ
2013–2014 愛はまごころ
作曲:マーク・ミンコフ
振付:イリヤ・アベルブフ
映画『シンドラーのリスト』より
作曲:ジョン・ウィリアムズ
振付:イリヤ・アベルブフ
BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY
映画『キル・ビルサウンドトラックより
作曲:布袋寅泰

Bang Bang
ボーカル:ナンシー・シナトラ
LION
演奏:鼓童
剣の舞
作曲:アラム・ハチャトゥリアン
Je t'aime
ボーカル:ララ・ファビアン
2012–2013 剣の舞
作曲:アラム・ハチャトゥリアン
振付:ニコライ・モロゾフ
金平糖の精と王子のパ・ド・ドゥ
くるみ割り人形』より
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:ニコライ・モロゾフ
Je t'aime
ボーカル:ララ・ファビアン
2011–2012 黒い瞳
振付:ニコライ・モロゾフ
愛のテーマ
映画『ロミオとジュリエット』より
作曲:ニーノ・ロータ
振付:ニコライ・モロゾフ
2010–2011 シークレット・ガーデン カルメン
作曲:ジョルジュ・ビゼー
2009–2010 映画『カンフーパンダより
作曲:ハンス・ジマージョン・パウエル
ドン・キホーテ
作曲:レオン・ミンクス

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ sports.ruのブログエントリーの直訳は『リプニツカヤとタラセンコは、二人とも巻き毛の新しい夫婦です(間もなく両親になります)。 彼はツベリッツェでスケートもし、現在はユリアアカデミーでトレーニングをしています』[12]
  2. ^ 当初は『最強のふたり』でプログラムを作っていたが納得が行かず、次に『ムーラン』で新たに作り直してテストスケートに臨むも、専門家の反応が良くなかったため、最終的に振付師のすすめもあり『ロミオとジュリエット』に決定した。
  3. ^ リピンスキーは1982年6月10日、リプニツカヤは1998年6月5日
  4. ^ パリ同時多発テロ事件によるフリー種目の中止でSPの順位が最終結果となった。

出典[編集]

  1. ^ “フィギュア界が生んだ二十歳のレジェンド「ユリア・リプニツカヤ秘史」 プーチンが喝采を送り、スピルバーグを感動させた“氷上の妖精””. クーリエ・ジャポン. (2019年2月9日). https://courrier.jp/news/archives/152052/?ate_cookie=1582357075 2020年2月22日閲覧。 
  2. ^ a b ЮЛИЯ ЛИПНИЦКАЯ: 15-ТИЛЕТНИЙ МАСТЕР СПОРТА” (2014年2月14日). 2015年1月15日閲覧。
  3. ^ 15歳のリプニツカヤが女子シングル優勝、フィギュア欧州選手権”. AFPBB News (2014年1月18日). 2015年3月4日閲覧。
  4. ^ Мама фигуристки Юлии Липницкой в одиночку сделала из дочки чемпионку” (2014年2月10日). 2014年11月7日閲覧。
  5. ^ 2つの幸運を持つ15歳、リプニツカヤ”. Number web (2014年2月18日). 2014年11月7日閲覧。
  6. ^ フィギュアスケートDays vol.14 50ページ
  7. ^ a b ユリア・リプニツカヤ選手インタビュー”. canon world Figure skating web. 2014年11月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年11月7日閲覧。
  8. ^ “15歳リプニツカヤ 真央強敵”. 日刊スポーツ. (2014年1月19日). http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20140119-1245993.html 2014年11月7日閲覧。 
  9. ^ Yulia LIPNITSKAYA
  10. ^ リプニツカヤは、なぜ鈴木を呼び止めたのか?”. Number web (2013年10月28日). 2014年11月7日閲覧。
  11. ^ a b “ソチ団体金リプニツカヤさん、第1子女児を出産”. 日刊スポーツ. (2020年7月28日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202007280000145.html 2020年7月28日閲覧。 
  12. ^ Липницкая и Тарасенко – новая фигурная пара (скоро станут родителями). Он тоже катался у Тутберидзе, а теперь тренирует в академии Юли” (ロシア語). sports.ru (2020年6月18日). 2020年7月28日閲覧。
  13. ^ a b 15歳の氷上のプリンセス誕生ロシアNOW
  14. ^ Юлия Липницкая снялась с финала Гран-при
  15. ^ 五輪=女子フィギュア金のソトニコワ、団体メンバー落ちで奮起ロイター2014年02月22日
  16. ^ Этери Тутберидзе: «Многие спортсмены, которые выходят на высокий уровень, максималисты»”. fsrussia.ru. 2014年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月15日閲覧。
  17. ^ 【五輪リポート】メディア過熱デイリースポーツ2014年2月24日
  18. ^ リプニツカヤがファンに選曲を依頼”. ロシアNOW (2014年7月24日). 2015年1月15日閲覧。[リンク切れ]
  19. ^ リプニツカヤがジャパン・オープン不参加”. ロシアNOW (2014年10月1日). 2014年11月15日閲覧。
  20. ^ “首位リプニツカヤ表情変えず「うれしい」”. 日刊スポーツ. (2014年11月7日). http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20141107-1393349.html 2014年11月15日閲覧。 
  21. ^ リプニツカヤに罰金処分”. ロシアNOW (2014年11月11日). 2015年10月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年11月11日閲覧。
  22. ^ 課題は赤っ恥をかかないこと”. ロシアNOW (2014年12月12日). 2014年12月12日閲覧。[リンク切れ]
  23. ^ Погорилая едет на чемпионат Европы вместо Сотниковой”. sportbox.ru (2014年12月28日). 2015年1月15日閲覧。
  24. ^ リプニツカヤに休息を”. ロシアNOW (2014年1月14日). 2015年3月4日閲覧。[リンク切れ]
  25. ^ ЮлияЛипницкая: «Тутберидзе была и остается моим тренером»” (2015年1月13日). 2015年3月4日閲覧。
  26. ^ Юлия Липницкая продолжит подготовку под руководством Алексея Урманова
  27. ^ “リプニツカヤ、トラブルで演技中断”. サンスポ. (2016年11月6日). http://www.sanspo.com/sports/news/20161106/fgr16110617340008-n1.html 2016年12月21日閲覧。 
  28. ^ Юлия Липницкая не выступит на чемпионате России в Челябинске ”. fsrussia.ru (2016年12月18日). 2016年12月22日閲覧。
  29. ^ オブノソブ, アレクサンダー (2017年9月9日). “Липницкая ушла официально” (ロシア語). ガゼタ ル. https://www.gazeta.ru/sport/2017/09/09/a_10881626.shtml 2017年9月9日閲覧。 
  30. ^ Олимпийская чемпионка фигуристка Юлия Липницкая, официально завершившая карьеру” (ロシア語). RIAノーボスチ (2017年9月9日). 2017年9月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年9月9日閲覧。
  31. ^ “Липницкая официально завершила карьеру” (ロシア語). レンタ. (2017年9月9日). https://lenta.ru/news/2017/09/09/julia/ 2017年9月9日閲覧。 
  32. ^ “Липницкая уведомила Федерацию фигурного катания России о завершении карьеры” (ロシア語). イタルタス通信. (2017年9月9日). http://tass.ru/sport/4548670 2017年9月9日閲覧。 
  33. ^ ISU グランプリファイナル 2012 出場選手紹介 ユリア・リプニツカヤ Archived 2014年4月1日, at the Wayback Machine. web.canon.jp
  34. ^ フィギュア中国杯総評 Archived 2013年4月8日, at the Wayback Machine. hochi.yomiuri.co.jp
  35. ^ Tara Lipinski - Youngest Winter Winner of an Individual Eventolympic.org
  36. ^ “国際大会の出場15歳以上に フィギュアスケートのルール変更”. 日経電子版. 日本経済新聞社. (2012年6月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXNSSXKG0331_W2A610C1000000/ 2017年8月29日閲覧。 
  37. ^ a b c ISU Judging System Statistics, Score over 125, Ladies Total Score”. ISU Results. International Skating Union (2014年3月29日). 2014年4月14日閲覧。