ユリウス・フラウエンシュテット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

クリスチャン・マルティン・ユリウス・フラウエンシュテット(Christian Martin Julius Frauenstädt 1813年4月17日ポズナン大公国ボヤノヴォ生まれ-1879年1月13日ベルリンで死去)は、ドイツ哲学者である。彼はナイセの伯父の家で教育を受け、1833年ユダヤ教からキリスト教に改宗した。神学を学び、後にフンボルト大学ベルリンで哲学を学んだ。彼はアルトゥル・ショーペンハウアーに弟子入りし、1848年に彼のベルリンの住まいに居候する様になった。

フラウエンシュテットはアルトゥル・ショーペンハウアーの弟子だった。それは彼の著作に示されている。彼が書いた著書は次の通りである。

  • "Studien und Kritiken zur Theologie und Philosophie," Berlin, 1840
  • "Ueber das Wahre Verhältniss der Vernunft zur Offenbarung," Darmstadt, 1848
  • "Aesthetische Fragen," Dessau, 1853
  • "Die Naturwissenschaft in Ihrem Einfluss auf Poesie, Religion, Moral, und Philosophie," ib. 1855
  • "Der Materialismus, Seine Wahrheit und Sein Irrthum," ib. 1856 (written against Ludwig Büchner)
  • "Briefe über die Natürliche Religion," ib. 1858
  • "Lichtstrahlen aus ImmanuelKant's Werken," ib. 1872.

ショーペンハウアーはフラウエンシュテットを自らの遺書管理人に指名した。そして彼の著作の編集を引き受けさせた。フラウエンシュテットの著作の中で特にショーペンハウアーに関連するものは次の通りである。

  • "Briefe über die Schopenhauer'sche Philosophie," Leipzig, 1854
  • "Lichtstrahlen aus Schopenhauer's Werken," ib. 1862, 7th ed. 1891 (with Otto Lindner)
  • "Schopenhauer, von Ihm und über Ihn," Berlin, 1863
  • "Aus Schopenhauer's Handschriftlichem Nachlass," Leipzig, 1864
  • "Das Sittliche Leben," ib. 1866
  • "Blicke in die Intellektuelle, Physische, und Moralische Welt," ib. 1869; "Schopenhauer-Lexikon," ib. 1871
  • "Neue Briefe über die Schopenhauer'sche Philosophie," ib. 1876.

フラウエンシュテットは"Gesammtausgabe der Werke Schopenhauer's," 6 vols., ib. 1873–74, 2d ed. 1877.を編集した。

関連書籍[編集]

  • De le Roi, Gesch. der Evangelischen Juden-Mission, p. 215;
  • Meyers Konversations-Lexikon

References[編集]

  •  この記事にはパブリックドメインである次の文書本文が含まれる: Singer, Isidore; et al., eds. (1901–1906). "要記事名". Jewish Encyclopedia. New York: Funk & Wagnalls Company.

(この項目は英語版のen:Julius Frauenstädtを翻訳したものです。査読、修正、助言をお願いします。)