ユリーカ (スキマスイッチの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ユリーカ
スキマスイッチシングル
初出アルバム『POPMAN'S WORLD
〜All Time Best 2003-2013〜
B面 きみがいいなら
(from「TOUR 2012“musium”」)
ガラナ
(from「TOUR 2012“musium”」)
リリース
ジャンル J-POP
レーベル アリオラジャパン
チャート最高順位
  • 16位(オリコン
  • 2012年8月度月間42位(オリコン)
スキマスイッチ シングル 年表
ラストシーン
(2012年)
ユリーカ
(2012年)
スカーレット
(2013年)
POPMAN'S WORLD
〜All Time Best 2003-2013〜
【DISC 2】
収録曲
ラストシーン
(10)
ユリーカ
(11)
スカーレット
(12)
ミュージックビデオ
スキマスイッチ / ユリーカ(Short Edit ver.) - YouTube
テンプレートを表示

ユリーカ」は、スキマスイッチの17枚目のシングル

解説[編集]

  • 16thシングル「ラストシーン」から約1か月ぶりのリリース。
  • 初回生産限定盤・期間生産限定盤・通常盤の3種類同時発売。初回盤のCDはBlu-spec CD仕様であるほか、DVDが付属されている。
  • 期間生産限定盤は『宇宙兄弟』描き下ろし紙ジャケット仕様。
  • 対象店舗で購入すると「スキマスイッチ直筆メッセージ入り特製アナザージャケット」を先着でプレゼントされた。

収録曲[編集]

  • 全作詞・作曲:スキマスイッチ

初回生産限定盤・通常盤[編集]

  1. ユリーカ
  2. きみがいいなら (from「TOUR 2012“musium”」)
  3. ガラナ (from「TOUR 2012“musium”」)
    • 『スキマスイッチ TOUR 2012 “musium” THE MOVIE』未収録。
  4. ユリーカ (backing track)

期間生産限定盤[編集]

  1. ユリーカ
  2. きみがいいなら (from「TOUR 2012“musium”」)
  3. ガラナ (from「TOUR 2012“musium”」)
  4. ユリーカ (anime ver.)
  5. ユリーカ (backing track)

初回特典DVD収録内容[編集]

  1. 「ユリーカ」ビデオクリップ
  2. 「スキマスイッチ2012年宇宙の旅!?」

初回特典DVD[編集]

  1. 「アカツキの詩 (single version)」ビデオクリップ
    • 初のアニメーション作品となっており、アニメーションには2人も登場している。
  2. 実録! 「夕間暮れ」〜完成への道のり〜
  3. アルバム予告編映像「ナビゲーション・オブ・夕風ブレンド」

7inchアナログ盤[編集]

ユリーカ / きみがいいなら(from「TOUR 2012″musium”」
スキマスイッチシングル
B面 きみがいいなら(from「TOUR 2012″musium”」
リリース
ジャンル J-POP
レーベル KU-KAN RECORDS
作詞・作曲 スキマスイッチ
プロデュース スキマスイッチ
スキマスイッチ シングル 年表
奏(かなで) / 僕の話-プロトタイプ-
スカーレット / トラベラーズ・ハイ
LINE / ハナツ
2020年
雨待ち風 / 青春騎士(ナイト)
アカツキの詩 / 君曜日
ユリーカ / きみがいいなら(from「TOUR 2012″musium”」)
(2020年)
ふれて未来を / 雨は止まない
ゴールデンタイムラバー / ためいき
さいごのひ / 電話キ
(2020年)
テンプレートを表示
  • 2012年にリリースした17thシングル「ユリーカ」のアナログ盤。
  • 自身が立ち上げたアナログ専門レーベル「KU-KAN RECORDS」からの第四弾リリース作品[1]
  • 完全限定盤。
  • 33回転仕様。
  • 雨待ち風 / 青春騎士(ナイト)」、「アカツキの詩 / 君曜日」との同時リリース。
  • 2020年2月~9月にリリースされた全25タイトルの「特典引換券」を集めて送ることで7インチ収納BOXがプレゼントされる。

収録曲[編集]

全作詞・作曲:スキマスイッチ

SIDE A[編集]

  1. ユリーカ

SIDE B[編集]

  1. きみがいいなら(from「TOUR 2012″musium”」)

収録アルバム[編集]

ベスト
コンセプト
  • re:Action』(#1)
    • GRAPEVINEのプロデュースによる新録。「produced by GRAPEVINE」と銘打たれている。
    • ボーナスCDにはオリジナルバージョンが収録されている。
ライブ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ UNIVERSAL MUSIC JAPANホームページ”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN (2020年4月6日). 2020年4月6日閲覧。
SonyMusic