ユンカース EF 128

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

Ju EF 128

ユンカースEF 128の模型。シュパイアー技術博物館の収蔵品。

ユンカースEF 128の模型。シュパイアー技術博物館の収蔵品。

ユンカース EF 128第二次世界大戦末期にドイツユンカース社が設計したジェット戦闘機である。EF 128はドイツ空軍による緊急戦闘機計画英語版に応じて開発された[1]

EF 128はハインケル HeS 011ターボジェットエンジンで駆動し、また4門のMK 108 機関砲で武装した。計画速度は高度7,000mにおいて1,000km/hに達していた。量産開始は1945年の中期ごろとして計画されていた。

経緯[編集]

1945年の初期、OKLは緊急戦闘機計画英語版の一環として、He 162 フォルクスイェーガーを代替するための計画を打ち出した。この新型航空機はB-29戦略爆撃機のような高高度の脅威を処理するため、これに優越する性能の獲得を目指していた。この必要条件に適合させるため、動力が単発のハインケル HeS 011ターボジェットとなった。

この審査で公式に選ばれた設計案が、1945年2月に提出されたユンカース EF 128である。他のドイツの航空機メーカーにより提出された航空機の設計案には、メッサーシュミット P.1110[2]ハインケル P.1078フォッケウルフ Ta 183、およびブローム・ウント・フォス P.212があった[3]

この先進的な戦闘機は、ドイツ航空機メーカーの間の非常に簡素な小型戦闘機(Miniaturjäger)よりも大きな興味を惹きつけていた。しかしこの時ドイツが降伏し、ただ1機の模型のみが製造された[4]。この機体は構造に木材を含む後退翼を備えている。計画では、複座で全天候/夜間戦闘機とし、胴体を延長した派生型が存在する[5]

諸元[編集]

  • 乗員:1~2名
  • 全長:7.00m
  • 全幅:8.90m
  • 翼面積:17.60m2
  • 翼舷長:4.5
  • 最大離陸重量:4,077 kg
  • 発動機:ハインケル HeS 011ターボジェットエンジン×1基・推力1,300kg
  • 翼面荷重:3.14 kg / kp
  • 最大速度:987km / h(高度1,000m)
  • 上昇速度:最大21.1m / s
  • 実用上昇限度:13,750m
  • 固定武装:MK 108機関砲×4門またはMG 151/20 20mm機関砲×2門

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Blohm & Voss BV P.212 Luft '46 entry”. Luft46.com. 2010年6月7日閲覧。
  2. ^ Peter Allen's Aircraft Profiles - Fighters
  3. ^ Karl-Heinz Ludwig, Technik und Ingenieure im Dritten Reich. Athenäum-Verlag, Königstein/Ts., 1979, ISBN 3761072198
  4. ^ Smith and Kay 1972, pp. 626–628.
  5. ^ Junkers Ju EF128 Luft '46 entry