ユーザーイノベーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ユーザーイノベーション: User innovation)とは、マサチューセッツ工科大学のエリック・フォン・ヒッペル教授が提唱するイノベーションの発生原理。

従来はイノベーションは企業の研究所や一部の発明家などによって生み出されているとされていたが、ヒッペルはむしろ使い手であるユーザーが、目的を達成するためにイノベーションを起こすことの方が多く発生しているという説を唱えている。3Mプロクター・アンド・ギャンブル等がユーザーを開発過程から巻き込む試みを続けていることで有名。

国内の研究者では、神戸大学小川進教授が著書『イノベーションの発生論理』(千倉書房)と『競争的共創論』(白桃書房)で日本における事例をまとめている。

国内の実施事例としては、エレファントデザインの空想生活、エンジンのたのみこむなどの第三者的なサービスを提供するケースと、無印良品のネットコミュニティなどの事例が成功例として知られる。

関連項目[編集]