ユージン・アセリンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ユージン・アセリンスキー
生誕 (1921-05-06) 1921年5月6日
ニューヨーク州 ニューヨーク市 ブルックリン区
死没 1998年7月22日(1998-07-22)(77歳)
カリフォルニア州サンディエゴ市北方
国籍 アメリカ人
研究分野 睡眠研究者
研究機関 シカゴ大学
出身校 シカゴ大学大学院
主な業績 REM睡眠の発見
影響を
受けた人物
ナサニエル・クライトマン
プロジェクト:人物伝

ユージン・アセリンスキー (Eugene Aserinsky)(1921年5月6日 - 1998年7月22日)は、REM睡眠の発見者として知られるアメリカ人科学者である。 彼はユダヤ系ロシア人移民の子孫の歯科医師の息子としてニューヨーク市ブルックリン区で生まれた。

発見[編集]

1953年、彼はシカゴ大学大学院博士課程で指導教授のナサニエル・クレイトマン英語版の元で与えられた睡眠中の被験者の眼球運動を観察する課題について、7歳になる息子を被験者にして予備実験を開始した。被験者が入眠後1時間~数時間経った頃にまぶたを急速に動かす事に気づいた。そして眼球運動直後に息子を起こして直前の状況を質問すると、夢を見ていたと答えた。アセリンスキーはクライトマンにそのことを報告すると2人は眼球運動と夢の関連性に気づき、クライトマンの研究室のウィリアム・チャールズ・デメント(William Charles Dement) らも加え、千人ものボランティアに対して脳波計等を使用した研究が行われ、REM睡眠の発見となった[1]。これらの発見のために、アセリンスキーとおよびクレイトマンは、近代的な睡眠研究の創始者となった。

晩年[編集]

アセリンスキーは晩年カリフォルニア州エスコンディードに住んでいたが1998年7月22日カリフォルニア州サンディエゴ市北方にて自動車事故で死亡した。その原因は居眠り運転の可能性が高い。

脚注[編集]

  1. ^ 睡眠の科学 なぜ眠るのかなぜ目覚めるのか、講談社、2017.8、櫻井武著、ISBN 4-06-257705-4 p.58

関連項目[編集]