ユーチン・ツェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ツェン ユーチン
Yu-chien Tseng & Cheng Wen-Tsan.jpg
曾宇謙(左)と桃園市市長の鄭文燦
基本情報
出生名 曾 宇謙
生誕 (1994-08-24) 1994年8月24日
出身地  台湾 新北市
学歴 カーティス音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン
公式サイト 公式サイト

ユーチン・ツェン(曾 宇謙 / Yu-Chien Tseng、1994年8月24日 - )は、台湾のヴァイオリニスト

略歴[編集]

1994年、台湾新北市生まれ。5歳でヴァイオリンをはじめ、6歳で台北市交響楽団にデビュー。台湾では、林柏山、沈英良、李宜錦、陳沁紅に師事する。 2008年以来、カーティス音楽院でIda KavafianとAaron Rosand教授に師事する。2009年に第10回サラサーテ国際ヴァイオリン・コンクールで1位[1]、サラサーテ演奏賞を史上最年少で受賞。2010年第53回パガニーニ国際コンクールで最優秀演奏賞を受賞[2]。2011年ユン・イサン国際ヴァイオリン・コンクール第1位[3]。2015年チャイコフスキー国際コンクールではヴァイオリン部門最高位[4]。以後、世界各国の多くのオーケストラと共演している。

来日公演[編集]

2019年3月に初来日公演[5]。現在、台湾をはじめ、アメリカ、ヨーロッパ、アジアの各都市でリサイタルを行っている。ロンドン・フィルミュンヘン・フィル、マリインスキー管、チェコ・フィル、フィラデルフィア管弦楽団フィルハーモニア管弦楽団ロシア・ナショナル管弦楽団等とゲルギエフビエロフラーヴェクサロネンプレトニョフ等の指揮で共演。

録音[編集]

ドイツ・グラモフォンと契約、2枚目のCDでプレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管とヴァイオリン協奏曲を含むチャイコフスキー作品集を録音[6]

主な受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2009 contest. Winners - navarra.es”. www.navarra.es. 2019年3月31日閲覧。
  2. ^ Premiopaganini”. www.premiopaganini.it. 2019年3月31日閲覧。
  3. ^ Herald, The Korea (2011年11月7日). “Taiwanese violinist tops Isang Yun Competition” (英語). www.koreaherald.com. 2019年3月31日閲覧。
  4. ^ Results of the XV International Tchaikovsky Competition in the Violin category have been announced!”. tchaikovskycompetition.com. 2019年3月31日閲覧。
  5. ^ 東京フィルハーモニー交響楽団” (日本語). 東京フィルハーモニー交響楽団. 2019年3月31日閲覧。
  6. ^ チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 [直輸入盤[CD] - ユーチン・ツェン - UNIVERSAL MUSIC JAPAN]” (日本語). ユーチン・ツェン. 2019年3月31日閲覧。
  7. ^ migration (2015年1月22日). “Singapore International Violin Competition: Winner Tseng Yu-Chien was once thought to be tone-deaf” (英語). The Straits Times. 2019年3月31日閲覧。