ユーラシア主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ユーラシア大陸

ユーラシア主義(Eurasianismus)とは、ロシア革命ボリシェビキ政権に対する反応の1つとして、1920年代白系ロシア人(非ソビエト系亡命ロシア人)の間で流行した民族主義的思想潮流。

「非欧州」と「ロシア正教会」を主軸としたロシア文明の再構築を構想しつつ、ロシア革命・ボリシェビキ政権(ソビエト政権)を、そこに至る必要な一過程として、肯定的に捉える。代表的人物として、ニコライ・トルベツコイ等がいる。

ソ連崩壊後の1990年代には、レフ・グミリョフ(Lev Gumilev[1])らの影響のもとに、これを継承するネオ・ユーラシア主義(Neo-Eurasianism[2])が誕生し、ロシアは西欧よりもアジアに近いユーラシア国家だという主張を展開した。これに対しては、ロシアはテュルクモンゴルよりもビザンチン帝国に近いという「ビザンチン主義」も主張されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Post-Soviet Neo-Eurasianism, the Putin System, and the Contemporary European Extreme Right”. foreignpolicyblogs.com (2018年9月28日). 2019年5月8日閲覧。
  2. ^ Eurasianism is the New Fascism”. stanfordpolitics.org. 2019年5月11日閲覧。