ユーリ・テペシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ユーリ・テペシュ
Jurij Tepeš
FIS Ski Jumping World Cup 2014 - Engelberg - 20141220 - Jurij Tepes 2.jpg
2014年
基本情報
フルネーム Jurij Tepeš
誕生日 (1989-02-14) 1989年2月14日(32歳)
出身地 スロベニアの旗 スロベニア リュブリャナ
身長 1.77 m (5 ft 9 12 in)
選手情報
クラブ SD Dolomiti
使用メーカー Fischer
最高記録 244 m (プラニツァ 2015)
ワールドカップ
シーズン 2006–
優勝回数 2 (+9 team)
表彰台獲得数 7 (+16 team)
 
獲得メダル
男子 スキージャンプ
スロベニアの旗 スロベニア
ノルディックスキー世界選手権
2011 オスロ 団体ラージヒル
スキーフライング世界選手権
2012年 ヴィケルスン 団体ラージヒル
最終更新日:24 April 2021
テンプレートを表示

ユーリ・テペシュ(Jurij Tepeš、1989年2月14日 - )は、スロベニアリュブリャナ出身の元スキージャンプ選手。父ミラン・テペシュカルガリーオリンピック団体戦銀メダリストで現在FIS(国際スキー連盟)競技役員、妹のアニヤ・テペシュ(Anja Tepeš)も元スキージャンプ選手である。

プロフィール[編集]

テペシュは2002年に早くもスキージャンプ・コンチネンタルカップにデビューし、ポイントを獲得した。2004年からノルディックスキージュニア世界選手権に出場、2005年に団体金メダル、個人銅メダル、2006年は団体、個人ともに銀メダル、2007年にも団体金メダルと計五つのメダルを獲得した。

2006年1月1日にガルミッシュ=パルテンキルヒェンスキージャンプ・ワールドカップにデビューした。

2011年ノルディックスキー世界選手権ではラージヒル団体でペテル・プレヴツイェルネイ・ダミヤンロベルト・クラニエッツとともに銅メダルを獲得した。

2013年3月24日にプラニツァで行われたフライングでワールドカップ初勝利。

2015年3月22日のスキーフライングワールドカップでは自己最長記録となる244.0mを記録、このジャンプは5人の飛型審判全員が20点満点をつける「完璧な」ジャンプでワールドカップ2勝目をあげた[1][2]

2020年6月、現役引退を表明した[3]

脚注[編集]

出典[編集]