ユーリー・コフトゥン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ユーリー・コフトゥン Football pictogram.svg
Yuriy kovtun.jpg
名前
本名 ユーリー・ミハイロヴィチ・コフトゥン
Yuri Mikhailovich Kovtun
ラテン文字 Yuri Kovtun
ロシア語 Юрий Михайлович Ковтун
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1970-01-05) 1970年1月5日(47歳)
出身地 アゾフ
身長 190cm
体重 81kg
選手情報
ポジション DF
代表歴
1994-2003[1] ロシアの旗 ロシア 50(2)
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ユーリー・ミハイロヴィチ・コフトゥンロシア語: Ю́рий Миха́йлович Ко́втун1970年1月5日- )は、ロシアアゾフ出身の元サッカー選手。ポジションはDF

経歴[編集]

クラブ[編集]

1970年、ロストフ州アゾフで生まれた。1988年、ソビエト2部リーグ(実質3部)に所属していた、マイナークラブのFCルチ・アゾフにてキャリアをスタートさせた。 1989年、ソビエト1部リーグ(実質2部)のFC SKAロストフ・ナ・ドヌに移籍。 1991年にロスツェルマシュに移籍し1992年シーズンのクラブ8位に貢献。これらの事で強豪のFCスパルタク・モスクワFCディナモ・モスクワから関心を引き、1993年にFCディナモ・モスクワへ移籍をした。ディナモではキープレイヤーとして活躍。 1999年にはスパルタク・モスクワへ移籍をした。スパルタクではディナモ時代と変わらずレギュラーとして出場し、リーグ戦優勝に貢献をした。 2005年、35歳になったコフトゥンは衰え故にトップチームに残ることが出来なくなり、シーズンの大部分はリザーブチームのためにプレーをした。 2006年、長年在籍をしたスパルタクを離れ、ファーストディビジョンに所属していたFCアラニア・ウラジカフカスへ移籍をし、2007年に現役を引退。引退後は、セカンドディビジョン (3部) のFC MVBロッシ・モスクワの監督に就任。就任中には、クラブの2部昇格を成し遂げた。 2010年FCサリュート・ベルゴロドのアシスタント・コーチに就任をした。

代表[編集]

1994年3月23日、アイルランド代表との試合でA代表デビューを果たした。1998年10月14日に行われたUEFA EURO 2000予選アイスランド戦では、ペナルティエリアに入ってきたボールを弾き出そうとヘディングをしたが、クリアミスをしてオウンゴールを献上した。試合は1-0で敗れ、貴重な勝ち点を失った。2002 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ユーゴスラビア戦では見事なダイレクトシュートを決めた。 ロシア代表では1994年から2003年までの間に50試合に出場し2得点を挙げた。

人物[編集]

コフトゥンは警告や退場が多い選手として知られている。ロシア・プレミアリーグでは、97枚のイエローカードに10枚のレッドカードを提示された。リーグ戦、カップ戦UEFAが主催する大会、ロシア代表を合算すると、141枚のイエローカードに14枚のレッドカードを受けた[2]

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ

FCディナモ・モスクワ

FCスパルタク・モスクワ

脚注[編集]