ユーロジェット・ターボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ユーロジェット・ターボ(EuroJet Turbo GmbH)は、イギリスロールス・ロイスイタリアアヴィオスペインITPドイツMTU AEから構成される合弁企業である。ミュンヘンの近くのHallbergmoosに本社がある。

ユーロジェットは1986年ユーロファイターに搭載するEJ200ターボファンエンジンの開発、生産、整備、販売支援を目的として設立された[1]。元々のパートナーはロールス・ロイス、MTU、フィアットセネル・アエロナウティカだった。フィアットは航空機エンジン部門を売却し現在はアヴィオである。セネルの航空機エンジン部門は、セネルとロールス・ロイス plcの合弁企業ITPとなっている。

表1 ユーロジェット・ターボの構成[2]
構成各社 開発割合 生産割合 分担箇所
英 ロールス・ロイスplc 33% 34.5% 燃焼器、高圧タービン、エンジン監視装置
独 MTU アエロエンジンズ 33% 30% 低圧、高圧圧縮機、デジタルエンジン制御監視装置のシステム設計
伊 アヴィオ 21% 19.5% 低圧タービン、アフターバーナー、ギアボックスと空気/油圧装置
西 ITP 13% 16% 外部ノズル、ジェットパイプ、排気ディフューザー、バイパスダクトと外装

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Eurojet: Company profile”. www.eurojet.de. 2007年7月5日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ Eurojet: Workshare www.eurojet.de. 2007年7月5日時点