ユーロップ・エコロジー・緑の党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
フランスの旗 フランスの政党
ユーロップ・エコロジー・緑の党
Europe Écologie - Les Verts
成立年月日 2010年11月13日
本部所在地 フランスの旗 フランス パリ
政治的思想・立場 環境主義
人間主義
中道主義
地方分権主義
公式サイト eelv.fr
シンボル 緑 - ヒマワリ - 4個の星
国際組織 グローバルグリーンズ
欧州緑の党
表示

ユーロップ・エコロジー=緑の党Europe Écologie - Les Verts)は、フランス環境政党旧緑の党2009年ユーロップ・エコロジー欧州議会選挙名簿の合併であり、13,000人の活動家と主張。セシル・デュフロは全国書記だが、エヴァ・ジョリは2012年大統領選挙にて立候補者である。

目次

歴史

2008年の市議会の選挙の失敗からは、旧緑の党内で国内に環境保護者の影響力を復活するために議論が増えた。2009年欧州議会選挙のために、ダニエル・コーン=ベンディットは政党を市民派同盟戦略を指示したが、そういう同盟にユーロップ・エコロジーという名をつけた。名簿は驚くほど16.3%の得票率を得た。この成功を続けるために、この次の年の地域圏議会の選挙に同じ同盟を設置したが、12.5%の得票率を得た。2010年11月13日に2つの機関が融合して、ユーロップ・エコロジー=緑の党となった。

理念・政策

農業

農産の産業化に反対して、地域供給を支持している。同様に環境保護をできるようにして、農家の生活水準を流通に対して確保するためである。有機農業を国内の3割の農業をしたら、国民の健康にいい影響を及ぼしているという意見があり、7割の農業は適正農業規範にするつもりである。

官庁会計

フランス国家の負債に解明を試みるため、サルコジ国民運動連合に決議された裕福階級専用減税などの政策を廃止しようと思って、同様に雇用とか環境保護に誘導しない経済部門への補助金を減じる目的ある。

経済

第一の目的は不雇用に反対することである。省エコなどの産業部門に優遇措置したら、600,000人のための雇用が見積もられる。また、労働時間の減少も支持して、景気を評価するため国内総生産と異なる指数を支持する。

国際関係

欧州連合には連邦主義の政党であって、欧州連合加盟国の教育制度や社会福祉政策などを同一にしようと思っている。国際連合安全保障理事会にはフランスの常任理事国位置をドイツと共有しようと思っている。

福祉

巨大の収入不平等を受ける社会が持続可能ではないと思っているので、自由貿易の経済に貧乏の階級に行われる被害に保護。

社会

個人の独立位置を支持して、同性結婚安楽死などを促進する。

当選立候補者

国民議会

参議院

  • マリ=クリスチーヌ・ブランダン
  • アリマ・ビュメディエーヌ・ティリ
  • ジャン・ドゥズサール
  • ドミニク・ヴォワネ

欧州議会


今日は何の日(1月21日

もっと見る

「ユーロップ・エコロジー・緑の党」のQ&A