ユー・レイズ・ミー・アップ (ウエストライフの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
You Raise Me Up
ウエストライフシングル
収録アルバム フェイス・トゥ・フェイス
A面 "You Raise Me Up"
B面 World Of Our Own (Acoustic Version)
リリース
規格 CD Single
録音 ロックストーン・スタジオ,ロンドン 2004年
ジャンル ポップ
時間
レーベル Sony BMG
プロデュース スティーブ・マック
ウエストライフ シングル 年表
オービアス
(2004年)
ユー・レイズ・ミー・アップ
(2005年)
ホエン・ユウ・テル・ミイ・ザット・ユウ・ラブ・ミ-(withダイアナ ロス)
(2005)
テンプレートを表示

ユー・レイズ・ミー・アップ」 (You Raise Me Up)は、ウエストライフの5枚目のアルバム『フェイス・トゥー・フェイス』からの最初のシングルで、全通算で19枚目[1]にあたるシングルとなる。

概要[編集]

この曲は、元はノルウェーとアイルランド出身の二人組の演奏家「シークレット・ガーデン」による楽曲(詳しくはその項を参照。)である。現在全世界で数多くのアーティストにカバーされ、イギリスでは他にアイルランドの女性歌手グループケルティック・ウーマンによるカバーや、アメリカでは、ロサンゼルス出身のジョシュ・グローバンによるものが代表される。ウエストライフのバージョンは ブライアンの脱退後、初の全英シングルチャート、アイルランドシングルチャート1位に輝き、オーストラリア ARIAチャートでも3位とカバーシングルながら世界的に大ヒットとなり、また同時発売のアルバム『フェイス・トゥー・フェイス』も全英シングルチャート1位となり、歌手としての地位を不動のものにするきっかけにもなった。これで全英ナンバー1シングル12作目となる快挙となった。セールスでは、イギリスだけで54万枚の売上げを記録[2]。 彼らは、発表後すぐ2005年 に行われたノーベル平和賞コンサートで本楽曲を手がけたシークレット・ガーデンとコラボレーションして話題となり、2009年 にはアメリカ大統領バラク・オバマを迎えてのノーベル平和賞コンサートで新曲と共にそれぞれ披露した。また、毎回コンサートでも曲目リストに入れるなどウエストライフにおいて欠かせない楽曲の一つとなっている。カップリングには過去のナンバー1ヒットシングルの楽曲の新録音[3]によるアコースティックバージョンが収められている。

トラック・リスト[編集]

  • イギリス
CD1
  1. "You Raise Me Up" – 4:00
  2. "World Of Our Own" (Acoustic Version) – 3:30
CD2
  1. "You Raise Me Up" – 4:00
  2. "Flying Without Wings" (Acoustic Version) – 3:30
  3. "My Love" (Acoustic Version) – 3:48

音楽チャート[編集]

Chart (2005年) Peak
position
オーストラリア ARIAチャート 3
オーストリア シングル チャート 59
オランダオランダ語地域 シングル チャート 47
ドイツ シングル チャート 11
アイルランド シングル チャート 1
ノルウェー シングル チャート 3
スウェーデン シングル チャート 7
スイス シングル チャート 18
イギリス全英シングルチャート 1

年間音楽チャート[編集]

年間音楽チャート (2005年) Position
アイルランド シングル チャート 1
全英シングルチャート 9
年間音楽チャート (2006年) Position
オーストラリア シングル チャート 14[4]

週間音楽チャート[編集]

先代:
"Push the Button" by the Sugababes
Irish Singles Chart number-one single (Westlife version)
October 27, 2005–December 1, 2005
次代:
"My Humps" by The Black Eyed Peas
先代:
"I Bet You Look Good on the Dancefloor" by Arctic Monkeys
UK Singles Chart number-one single (Westlife version)
30 October 2005–5 November 2005
次代:
"Hung Up" by Madonna

脚注[編集]

  1. ^ イギリスでの発売(輸入盤含む)を元にしている。国によって違いあり。
  2. ^ http://www.mtv.co.uk/music/charts/official-uk-countdowns/westlife-official-top-20
  3. ^ ブライアン・マックファーデンの脱退後の新録音の為、彼は収録に参加していない。
  4. ^ http://www.aria.com.au/pages/ARIACharts-EndofYearCharts-Top100Singles2006.htm