ヨアン・モンカダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はモンカダ第二姓(母方の)はオリバレスです。
ヨアン・モンカダ
Yoan Moncada
シカゴ・ホワイトソックス #10
Red Sox prospect Yoan Moncada looks on from the dugout. (29997392685).jpg
ボストン・レッドソックス時代
(2016年9月28日)
基本情報
国籍グアテマラの旗 グアテマラへ亡命)
出身地  キューバ
シエンフエゴス州アブレウス英語版
生年月日 (1995-05-27) 1995年5月27日(24歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 二塁手三塁手
プロ入り 2015年 アマチュア・フリーエージェントとしてボストン・レッドソックスと契約
初出場 MLB / 2016年9月2日 オークランド・アスレチックス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ヨアン・マヌエル・モンカダ・オリバレスYoan Manuel Moncada Olivares, 1995年5月27日 - )は、キューバ共和国シエンフエゴス州アブレウス英語版出身のプロ野球選手内野手)。右投両打。MLBシカゴ・ホワイトソックスに所属。

愛称はジョジョ[1]

経歴[編集]

キューバの国内リーグであるセリエ・ナシオナル・デ・ベイスボルエレファンテス・デ・シエンフエーゴスでプレーしていた[要出典]

2014年7月にグアテマラへ亡命[2]。キューバ人が他国への亡命目的で出国するためには不正な手続きを踏むことが多いが、モンカダはアルゼンチンアメリカ合衆国の二重国籍を持つ女性と結婚し、妻との面会を理由に査証を取得してグアテマラに入国した[要出典]

レッドソックス時代[編集]

2015年3月12日に契約金3150万ドルでボストン・レッドソックスとマイナー契約を結び入団した[3]。入団時の背番号は、「22」となった[3][注釈 1]。これまでキューバ人選手がアメリカでプロ野球選手となるためにはアメリカ財務省外国資産管理局英語版の許可を得ることが必要だったが、この年の2月3日にプロ野球における規制が撤廃され、モンカダの契約は規制撤廃後初の契約となった[要出典]。同年は傘下のA級グリーンビル・ドライブでプレーし、81試合に出場して打率.278・8本塁打・38打点・49盗塁の成績を残した[要出典]

2016年シーズン前にはMLB.comの選ぶプロスペクトランキングで5位にランクイン[4]9月2日にメジャー昇格し、同日のオークランド・アスレチックス戦で初出場した。同年は8試合に出場し、打率.211・1打点を記録した[5]三塁を守った5試合では失策を1つ犯した。マイナーでは、A+ 級とAA級の2ランクで計106試合に出場し、打率.294・15本塁打・62打点・45盗塁という好成績を記録した。守備面では、二塁を守った。

ホワイトソックス時代[編集]

2016年12月6日、クリス・セールとの交換トレードでマイナー選手3名とともにシカゴ・ホワイトソックスに移籍した[6]

2017年開幕前にMLB.comが発表したプロスペクト英語版ランキングでは2位だった[7]。開幕はマイナーリーグで迎え、6月29日に同年のオールスター・フューチャーズゲームの世界選抜に2年連続で選出された[8]。7月19日にシカゴ・ホワイトソックスの正三塁手のトッド・フレイジャーが移籍したことに伴い、メジャーに昇格した[9]。二塁手として起用され、8月25日のシカゴ・カブス戦でジェイク・アリエタからメジャー初ホームランを放つなど54試合に出場し、打率.231・8本塁打・22打点を記録した。

2018年は正二塁手として定着し149試合に出場したが、リーグトップの217三振を喫し、最終成績は打率.235・17本塁打・61打点であった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 BOS 8 20 19 3 4 1 0 0 5 1 0 0 0 0 1 0 0 12 0 .211 .250 .263 .513
2017 CWS 54 231 199 31 46 8 2 8 82 22 3 2 0 0 29 0 3 74 0 .231 .338 .412 .750
2018 149 650 578 73 136 32 6 17 231 61 12 6 2 2 67 1 1 217 4 .235 .315 .400 .714
2019 132 559 511 83 161 34 5 25 280 79 10 3 1 3 40 2 4 154 1 .315 .367 .548 .915
MLB:4年 343 1460 1307 190 347 75 13 50 598 163 25 11 3 5 137 3 8 457 5 .265 .338 .458 .795
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



二塁(2B) 三塁(3B)
























2016 BOS - 5 2 12 1 0 .933
2017 CWS 54 61 169 8 29 .966 -
2018 149 213 335 21 80 .963 -
2019 - 129 120 256 15 37 .962
MLB 203 274 504 29 109 .964 134 122 268 16 37 .961
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

MiLB

記録[編集]

MiLB

背番号[編集]

  • 65(2016年)
  • 10(2017年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ シーズンではリック・ポーセロが着用し、2016年に初めてメジャー昇格した際は背番号「65」を付けた[要出典]

出典[編集]

  1. ^ Sox Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年8月30日閲覧
  2. ^ Jesse Sanchez (2014年7月1日). “Infield prospect Moncada leaves Cuba” (英語). MLB.com. 2015年3月25日閲覧。
  3. ^ a b Ian Browne (2015年3月14日). “Red Sox make highly anticipated introduction of Moncada” (英語). MLB.com. 2015年3月25日閲覧。
  4. ^ 2016 Prospect Watch” (英語). MLB.com. 2016年7月3日閲覧。
  5. ^ Yoan Moncada 2016 Batting Game Logs | Baseball-Reference.com” (英語). Baseball-Reference.com. 2018年11月24日閲覧。
  6. ^ Scott Merkin (2016年12月6日). “White Sox get Moncada, 3 others for Sale” (英語). MLB.com. 2016年12月7日閲覧。
  7. ^ 2017 PROSPECT WATCH” (英語). MLB.com (2017年1月28日). 2017年2月5日閲覧。
  8. ^ Moncada, Rosario highlight loaded Futures Game rosters MLB.com (英語) (2017年6月29日) 2017年8月3日閲覧
  9. ^ White Sox stacked for future; Moncada up”. MLB.com. 2017年10月2日閲覧。

関連項目[編集]