ヨウ素酸アンモニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
ヨウ素酸アンモニウム
ammonium iodate
識別情報
CAS登録番号 13446-09-8
特性
化学式 NH4IO3
モル質量 192.94
外観 無色の斜方晶系結晶
密度 2.6 g/cm3, 15℃
14.5 g/cm3, 100℃
融点

150℃付近で分解

特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

ヨウ素酸アンモニウム(ヨウそさんアンモニウム、 ammonium iodate)はアンモニアヨウ素酸塩で、化学式NH4IO3で表される無機化合物酸化性があり、還元剤有機化合物硫黄リン金属粉に触れると激しく反応する。加熱により分解し、ヨウ化水素窒素酸化物を生じる。

製法

濃厚アンモニア水を冷却し、かき混ぜながら少量ずつヨウ素を加えたのち加熱して余分なアンモニアを蒸発させるとヨウ素酸アンモニウムの結晶が析出する。ヨウ素酸バリウムと硫酸アンモニウムを溶液中で複分解させることによっても作ることができる[1]

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 松岡敬一郎 『ヨウ素綜説(第二版)』 霞ヶ関出版、1992年。ISBN 9784760301355。

今日は何の日(10月15日

もっと見る

「ヨウ素酸アンモニウム」のQ&A