ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
横浜みなとみらい21 > パシフィコ横浜 > ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル
ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル
Pacifico Yokohama 2016.jpg
国際会議場および展示ホール(左)とホテル(右)
施設情報
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
座標 北緯35度27分27.7秒 東経139度38分14.8秒 / 北緯35.457694度 東経139.637444度 / 35.457694; 139.637444座標: 北緯35度27分27.7秒 東経139度38分14.8秒 / 北緯35.457694度 東経139.637444度 / 35.457694; 139.637444
状態 完成
建設期間 1989年 - 1991年
用途 ホテル
地上高
屋上 140 m
各種諸元
階数 地下1階・地上31階
延床面積 70,000
関連企業
設計 日建設計
株式会社横浜グランドインターコンチネンタルホテル
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 220-8522
神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
設立 ホテル開業は1991年8月20日
業種 サービス業
事業内容 ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの運営
代表者 代表取締役社長 梅村 東
資本金 5000万円
純利益 9700万円(2018年12月31日時点)[1]
純資産 15億5600万円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 103億7100万円(2018年12月31日時点)[1]
主要株主 一般財団法人セゾン現代美術館
外部リンク https://www.interconti.co.jp/yokohama/
テンプレートを表示

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル(英語表記Inter Continental Yokohama Grand)は、神奈川県横浜市西区みなとみらい地区18街区)にあるホテル。運営は株式会社横浜グランドインターコンチネンタルホテル。施設はパシフィコ横浜の一部となっている。

特徴[編集]

「風をはらんだヨットの帆」の形を模した外観が特徴的であり、横浜を代表する高級ホテルである。地下1階・地上31階、客室数594室。建物の高さは140m。1991年8月20日に開業した。

横浜を代表するホテルであり、特徴的な形状が目を引く。よこはまコスモワールドの観覧車と並んで、現代の横浜のシンボル的存在の一つであり、ドラマCMなど、テレビで横浜の風景を放送する際には必ずと言っていいほど画面の何処かにその姿が映っている。

同ホテルの関連施設 ~「会議センター」(波に反射する光をイメージ)、「国立大ホール」(貝殻のデザイン)、「展示ホール」(波がモチーフ)~とともに、海との一体感を表現したシンボリックなデザインとなっている。

また、そのヨット型の建物の頂上、先端部をよく見ると、女神像が立っている。安全な航海を祈願し、多くの船の先端に飾られた女神像をイメージしたもの。「みちびき」と名づけられたこの女神像は、横浜の飛翔や世界の平和を願い、ホテル開業時に設置された。「みちびき」には、『像の前で願い事を唱えると願いを叶えてくれる』、『恋人同士で願うと2人が結ばれる』などの逸話がある。この「みちびき」の原型像(高さ約1m)はホテルのロビー1階に設置されている。

運営会社[編集]

運営会社は、株式会社横浜グランドインターコンチネンタルホテル。

フィクション作品への登場[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]