ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Golf pictogram.svgヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 2008年
開催地 高知県
開催コース 土佐カントリークラブ
基準打数 Par72(2019年)[1]
ヤーデージ 6,228ヤード (5,695 m)(2019年)[1]
主催 横浜ゴム株式会社
ツアー 日本女子プロゴルフ協会
競技方法 ストロークプレー
賞金総額 8000万円(2019年)[1]
開催月 3月
Nuvola apps kolf.svg 最高記録
最少打数 205 中華民国の旗 ウェイ・ユンジェ(2010年)
205 大韓民国の旗 アン・ソンジュ(2018年)
通算スコア -11 中華民国の旗 ウェイ・ユンジェ(2010年)
-11 大韓民国の旗 アン・ソンジュ(2018年)
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
日本の旗 鈴木愛(2019年)[1]
テンプレートを表示

ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ(ヨコハマタイヤゴルフトーナメント プロギアレディスカップ、: YOKOHAMA TIRE GOLF TOURNAMENT PRGR LADIES CUP)は、2008年に始まった横浜ゴムの主催、日本女子プロゴルフ協会が公認する女子プロゴルフトーナメント高知県香南市にある土佐カントリークラブを舞台に毎年3月第3週に開催されている。2019年現在、賞金総額8000万円、優勝賞金1440万円[1]

高知県で初めてとなる女子のプロゴルフトーナメントである。なお男子ツアーでは毎年11月最終週にカシオワールドオープンゴルフトーナメント芸西村にあるKochi黒潮カントリークラブで開催(2005年鹿児島県から開催地を変更)されているほか、過去には本トーナメントの舞台となる土佐CCで1998年に三菱ギャラントーナメント(現・ダイヤモンドカップゴルフ、優勝・谷口徹)が、2004年にはKochi黒潮CCで日本プロゴルフ選手権(優勝・S・K・ホ)が行われている。

歴代優勝者[編集]

開催年 開催回 優勝者 スコア 備考
2008年 第1回 大韓民国の旗 申智愛 -4
2009年 第2回 日本の旗 上原彩子 -9[注 1]
2010年 第3回 中華民国の旗 ウェイ・ユンジェ[注 2] -11
2011年 第4回 競技不成立[注 3]
2012年 第5回 大韓民国の旗 イ・ボミ -3 アン・ソンジュとのプレーオフを制す
2013年 第6回 大韓民国の旗 全美貞 -9 ヤング・キムとのプレーオフを制す
2014年 第7回 日本の旗 一ノ瀬優希 -7 酒井美紀とのプレーオフを制す
2015年 第8回 大韓民国の旗 李知姫 -9 鈴木愛とのプレーオフを制す
2016年 第9回 大韓民国の旗 イ・ボミ -8 柏原明日架飯島茜とのプレーオフを制す[2]
2017年 第10回 大韓民国の旗 全美貞 -7 藤崎莉歩とのプレーオフを制す[3]
2018年 第11回 大韓民国の旗 アン・ソンジュ -11 鈴木愛とのプレーオフを制す[4]
2019年 第12回 日本の旗 鈴木愛[1] -9

テレビ中継[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 最終日が悪天候のため中止。2日間36ホールに短縮。
  2. ^ 当初は朴仁妃大韓民国の旗が1位だったが、2打罰によりウェイ・ユンジェが繰り上がり優勝。
  3. ^ 初日は開催されたが、そのさなかに発生した東北地方太平洋沖地震の影響により津波警報が発表され、続行不可能となったため。

出典[編集]

参考[編集]