イワボタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イワボタン
Chrysosplenium macrostemon 01.jpg
イワボタン C. macrostemon
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ユキノシタ目 Saxifragales
: ユキノシタ科 Saxifragaceae
: ネコノメソウ属 Chrysosplenium
: イワボタン C. macrostemon
学名
Chrysosplenium macrostemon Maxim.[1]
和名
イワボタン
変種
  • var. atrandrum H.Hara ヨゴレネコノメ[2]
  • var. shiobarense (Franch.) H.Hara ニッコウネコノメ[3]

イワボタン(岩牡丹、学名Chrysosplenium macrostemon Maxim.[1])は、ユキノシタ科ネコノメソウ属分類される多年草の1[4][5]。別名にミヤマネコノメソウ[1][4]

特徴[編集]

花期は3-4月[4]

分布と生育環境[編集]

日本本州関東地方以西の太平洋側)、四国九州に分布する[4][5]

山地の湿った谷間などに生育する[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “イワボタン”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2019年1月7日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “ヨゴレネコノメ”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2019年1月7日閲覧。
  3. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “ニッコウネコノメ”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2019年1月7日閲覧。
  4. ^ a b c d e 林 (2009)、430頁
  5. ^ a b 佐竹ほか (1982)、159頁

参考文献[編集]

  • 『日本の野生植物 草本II離弁花類』佐竹義輔大井次三郎北村四郎、亘理俊次、冨成忠夫、平凡社、1982年3月17日。ISBN 458253502X。
  • 林弥栄『日本の野草』山と溪谷社〈山溪カラー名鑑〉、2009年10月。ISBN 9784635090421。

関連項目[編集]