ヨナクニトキホコリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ヨナクニトキホコリ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: イラクサ目 Urticales
: イラクサ科 Urticaceae
: ウワバミソウ属 Elatostema
: ヨナクニトキホコリ
E. yonakuniense
学名
Elatostema yonakuniense Hatusima
和名
ヨナクニトキホコリ

ヨナクニトキホコリ(与那国時ほこり、Elatostema yonakuniense)は、イラクサ科ウワバミソウ属の多年草。なお、名前の「ほこり」は茂ると言う意味である。

概要[編集]

日本沖縄県与那国島固有種低地の石灰岩地帯の湿気の多い場所に生育する。現在知られている自生地は2箇所。

多年草で、茎は直立し、高さ10~20cm、基部は匍匐する。は互生で、長さ1.5~4cmで、斜楕円形、先端は鈍頭、葉縁に鋸歯をもち、表面及び中肋は粗毛を帯びる。通常は雌雄同株だが、まれに雌雄異株雄花集散花序で葉のつけねに腋生し、長さ1~3cmの柄の先に4~8個の花をつける。雌花頭状花序で、直径2~3mmの小さい花が集合している。花は白色。

元々個体数・自生地が少ない上に、シマミズ等の他種との競争や自生地の開発・赤土砂流出によるかく乱などにより個体数が減少している。

保護上の位置づけ[編集]

絶滅危惧IA類(CR)環境省レッドリスト

Status jenv CR.png
  • 沖縄県版レッドデータブック:絶滅危惧IA類

参考文献[編集]

  • 環境庁自然環境局野生生物課編 『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物8 植物I(維管束植物)』 財団法人自然環境研究センター、2000年、ISBN 4-915959-71-6。
  • 島袋敬一編著 『琉球列島維管束植物集覧【改訂版】』 九州大学出版会、1997年、134頁、ISBN 4-87378-522-7。
  • 多和田真淳監修・池原直樹著 『沖縄植物野外活用図鑑 第4巻 海辺の植物とシダ植物』 新星図書出版、1979年、131頁。
  • 横田昌嗣・北原孝 「ヨナクニトキホコリ」 『改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(菌類編・植物編)-レッドデータおきなわ-』、沖縄県文化環境部自然保護課編 、2006年、66頁。