ヨネカジコンビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヨネカジコンビとは、日本プロ野球阪急ブレーブスに在籍していた右投手の米田哲也と左投手の梶本隆夫のダブルエースコンビを指す愛称である。

概要[編集]

灰色の阪急[1]と言われるほど地味なイメージを与えていた弱小チーム時代から、2人ともに引退まで大きな故障が一つも無いタフネスぶりとポーカーフェイスで黙々と投げ続けた[2][3]

揃って阪急ブレーブスに在籍していた1956年から1973年までの合計勝敗数は541勝496敗。ほぼ同時期に南海ホークスのダブルエースだった1958年から1970年までの杉浦忠皆川睦雄の合計373勝217敗と比較しても大きく差を付けている。

梶本隆夫1954年に入団して1973年に引退するまで20年間阪急一筋で通して254勝255敗で、名球会入りしているメンバーでは唯一負け越している投手である。最多勝最優秀防御率最高勝率投手三冠タイトルを一度も獲得出来ない無冠の帝王だった。

米田哲也は1956年に入団して1975年途中まで阪急で338勝278敗、残りを1977年まで阪神タイガース近鉄バファローズで12勝7敗と、合計350勝285敗の成績を残しており、金田正一に次いで日本プロ野球歴代2位の通算勝利数を残している。

1959年から1962年までは阪急で規定投球回に到達しているのは梶本と米田のみであったが、梶本が衰えを見せ始めた1963年からは足立光宏石井茂雄先発ローテに加わり、200投球回近くを投げるようになった。米田・梶本・足立・石井の4人を「阪急投手四天王」と呼ばれる事もあった。

1967年に梶本がパームボールをマスターして復活を遂げ、阪急は球団初のパシフィック・リーグ優勝を果たした。1968年1969年1971年1972年にも優勝を果たし、福本豊加藤秀司山田久志ら若手選手の成長により、黄金時代を迎えた。しかし日本シリーズでは、V9巨人打線に対して梶本が16.1回・1勝3敗・防御率6.75、米田が38.2回・2勝3敗・防御率5.31、石井が19.2回・0勝1敗・防御率5.40、足立が69.1回・5勝4敗・防御率5.58[4]と自慢の投手陣があまり通用せず、この5度のリーグ優勝でいずれも日本一を逃した。

ヨネカジ時代の阪急先発投手陣[編集]

[5] 太字はリーグ最高

1957年[編集]

選手名 防御率 登板 先発 投球回 勝敗数 奪三振 WHIP 備考
梶本隆夫 1.92 53 33 337.1 24勝16敗 301 1.04
米田哲也 1.86 50 29 299.2 21勝16敗 268 0.99
種田弘 1.99 36 21 149.1 8勝7敗 66 1.07
阿部八郎 3.08 28 22 122.2 6勝8敗 61 1.23

1958年[編集]

選手名 防御率 登板 先発 投球回 勝敗数 奪三振 WHIP 備考
米田哲也 2.12 45 36 305.2 23勝13敗 268 1.00
梶本隆夫 2.99 44 29 265.0 16勝18敗 186 1.17
秋本祐作 1.89 48 19 205.0 14勝4敗 109 1.08
種田弘 3.02 33 19 131.0 3勝5敗 55 1.27

1959年[編集]

選手名 防御率 登板 先発 投球回 勝敗数 奪三振 WHIP 備考
米田哲也 2.12 52 34 331.1 18勝24敗 247 1.11
梶本隆夫 3.25 39 27 199.1 11勝17敗 136 1.28
安藤治久 3.24 44 15 169.2 8勝10敗 125 1.34
秋本祐作 4.10 40 18 112.0 3勝9敗 68 1.47

1960年[編集]

選手名 防御率 登板 先発 投球回 勝敗数 奪三振 WHIP 備考
米田哲也 2.73 51 33 306.2 22勝16敗 213 1.12
梶本隆夫 2.54 48 31 297.2 21勝18敗 171 1.17
安藤治久 3.46 42 23 166.1 7勝13敗 103 1.30
秋本祐作 3.40 36 21 143.0 6勝8敗 100 1.29

1961年[編集]

選手名 防御率 登板 先発 投球回 勝敗数 奪三振 WHIP 備考
米田哲也 3.56 56 35 275.2 16勝22敗 188 1.28
梶本隆夫 2.80 54 31 269.2 17勝23敗 141 1.18
秋本祐作 3.80 44 18 161.0 6勝10敗 81 1.24
安藤治久 2.82 47 21 153.1 6勝7敗 97 1.27

1962年[編集]

選手名 防御率 登板 先発 投球回 勝敗数 奪三振 WHIP 備考
米田哲也 3.23 52 30 261.2 20勝17敗 231 1.22
梶本隆夫 3.28 50 23 235.2 14勝15敗 154 1.29
石井茂雄 4.28 47 19 147.1 4勝9敗 98 1.28
安藤治久 3.96 36 19 120.1 7勝11敗 52 1.35

脚注[編集]