ヨハネス・ヴィーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヨハネス・ヴィーゼ
Johannes Wiese
渾名 クバーニのライオン
生誕 1915年3月7日
Flag of Prussia (1892-1918).svg プロイセン王国
シュレージエン地方ヴロツワフ
死没 1991年8月16日(1991-08-16)(76歳)
Flag of Germany.svg ドイツ連邦共和国
バーデン=ヴュルテンベルク州
ブライスガウ=ホッホシュヴァルツヴァルト郡キルヒツァルテン
所属組織 War ensign of Germany (1938–1945).svgドイツ国防軍陸軍
War ensign of Germany (1938–1945).svgドイツ国防軍空軍
Bundeswehr Logo Luftwaffe with lettering.svgドイツ連邦軍空軍
軍歴 1934–45, 1956–70
最終階級 少佐(国防軍)
大佐(連邦軍)
テンプレートを表示

ヨハネス・ヴィーゼ(ドイツ語: Johannes Wiese1915年3月7日 - 1991年8月16日)は、ドイツの軍人。最終階級は国防軍で少佐、連邦軍で大佐。第二次世界大戦では、総出撃回数480回、総撃墜数133機を記録したエース・パイロットであり、その戦功から柏葉付騎士鉄十字章を受章した。

経歴[編集]

第二次世界大戦では、ヴィーゼは主に第52戦闘航空団第I飛行隊第2飛行中隊に所属し、飛行隊長も務めあげた。また独ソ戦で大いに活躍し、1943年7月5日には1日で12機を撃墜する記録を打ち立てている[1]。その十数日後の7月17日には総撃墜数100機に到達したが、これはドイツ国防軍空軍の中で45人目である[2]

ヴィーゼは第二次世界大戦を通して前述のような戦果を上げているが、未確認ながらさらに25機の撃墜を上げている[1]。彼の総撃墜数の内、70機がソ連軍攻撃機Il-2であったことから、ソ連の軍人から一目置かれていた。そのため、ソ連兵からクバーニのライオンとあだ名された。

1944年12月1日、ヴィーゼは第77戦闘航空団司令に就任。しかしその3週間後、イギリスの戦闘機スーパーマリン スピットファイアとの交戦で被撃墜された。彼の搭乗機がスピットファイアに被撃墜された際、彼は脱出したが、それは地上9000メートルでのことだった。しかしパラシュートが開いたのは地上僅か80メートルでのことであったため、結果として重傷を負ってしまった。それにより、司令職をエーリヒ・レイエ英語版に譲り、彼自身は病院での生活を余儀なくされた。終戦後、アメリカ軍による拘束からは数週間程度で解放されたが、その後1945年9月からソ連で4年程抑留されている。

叙勲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Schaulen 2005, p. 140.
  2. ^ Obermaier 1989, p. 244.
  3. ^ Obermaier 1989, p. 62.
  4. ^ a b Stockert 2007, p. 35.
  5. ^ a b Thomas 1998, p. 443.
  6. ^ Patzwall & Scherzer 2001, p. 512.
  7. ^ a b Scherzer 2007, p. 785.

参考文献[編集]

  • Fellgiebel, Walther-Peer (2000) (German). Die Träger des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939–1945 – Die Inhaber der höchsten Auszeichnung des Zweiten Weltkrieges aller Wehrmachtteile [The Bearers of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939–1945 — The Owners of the Highest Award of the Second World War of all Wehrmacht Branches]. Friedberg, Germany: Podzun-Pallas. ISBN 978-3-7909-0284-6. 
  • Obermaier, Ernst (1989) (German). Die Ritterkreuzträger der Luftwaffe Jagdflieger 1939 – 1945 [The Knight's Cross Bearers of the Luftwaffe Fighter Force 1939 – 1945]. Mainz, Germany: Verlag Dieter Hoffmann. ISBN 978-3-87341-065-7. 
  • Patzwall, Klaus D.; Scherzer, Veit (2001) (German). Das Deutsche Kreuz 1941 – 1945 Geschichte und Inhaber Band II [The German Cross 1941 – 1945 History and Recipients Volume 2]. Norderstedt, Germany: Verlag Klaus D. Patzwall. ISBN 978-3-931533-45-8. 
  • Schaulen, Fritjof (2005) (German). Eichenlaubträger 1940 – 1945 Zeitgeschichte in Farbe III Radusch – Zwernemann [Oak Leaves Bearers 1940 – 1945 Contemporary History in Color III Radusch – Zwernemann]. Selent, Germany: Pour le Mérite. ISBN 978-3-932381-22-5. 
  • Scherzer, Veit (2007) (German). Die Ritterkreuzträger 1939–1945 Die Inhaber des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939 von Heer, Luftwaffe, Kriegsmarine, Waffen-SS, Volkssturm sowie mit Deutschland verbündeter Streitkräfte nach den Unterlagen des Bundesarchives [The Knight's Cross Bearers 1939–1945 The Holders of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939 by Army, Air Force, Navy, Waffen-SS, Volkssturm and Allied Forces with Germany According to the Documents of the Federal Archives]. Jena, Germany: Scherzers Miltaer-Verlag. ISBN 978-3-938845-17-2. 
  • Stockert, Peter (2007) (German). Die Eichenlaubträger 1939–1945 Band 5 [The Oak Leaves Bearers 1939–1945 Volume 5]. Bad Friedrichshall, Germany: Friedrichshaller Rundblick. OCLC 76072662. 
  • Thomas, Franz (1998) (German). Die Eichenlaubträger 1939–1945 Band 2: L–Z [The Oak Leaves Bearers 1939–1945 Volume 2: L–Z]. Osnabrück, Germany: Biblio-Verlag. ISBN 978-3-7648-2300-9. 
  • Weal, John (2004). Jagdgeschwader 52: The Experten (Aviation Elite Units). London, UK: Osprey Publishing. ISBN 978-1-84176-786-4.