ヨハン・アグリコラ・アイスレーベン・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ヨハン・アグリコラ・アイスレーベン・ジュニア (1560以前[要出典]-1594年10月19日)はベルリンの市長であった。

生涯[編集]

ヨハン・アグリコラ・アイスレーベンはヨハネス・アグリコラの息子で、姓のアイスレーベンまたはイスレビウスは彼の故郷アイスレーベンにちなんで加えられた。ヨハン・アグリコラ・アイスレーベン・ジュニアは1574年にベルリンの市長に選出された。当時のベルリンは、姉妹都市だったケルン(シュプレー川に面した昔のベルリンの近くにあった都市)とまだ合併していなかった。

最初は、彼は事務をトーマス・マティアスに代行させた。1575年2月18日、ヨハン・アグリコラ・アイスレーベンは宣誓をして市長の職務に就いて、彼は1594年10月19日に死ぬまで市長の立場であった。