ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ
Johann Gottlieb Fichte
フィヒテの肖像
生誕 (1762-05-19) 1762年5月19日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Electoral Saxony.svg ザクセン選帝侯領 ランメナウドイツ語版英語版
死没 (1814-01-27) 1814年1月27日(51歳没)
プロイセン王国の旗 プロイセン王国 ベルリン
時代 18世紀の哲学
19世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 ドイツ観念論、ポスト・カント主義超越論的観念論、イエナ・ロマン主義(ロマン主義ドイツ・イエナ派)、ナショナル・ロマンティシズム(Romantic nationalism)
研究分野 形而上学、自意識(自己意識)と自己認識、倫理学政治哲学
主な概念 絶対的意識、「テーゼ(定立) - アンチテーゼ(反定立) - ジンテーゼ(総合)」、非自己、努力、相互承認、知識学、衝撃、事行、促し、知的直観、行為
テンプレートを表示

ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ(Johann Gottlieb Fichte、1762年5月19日 - 1814年1月27日)は、ドイツ哲学者である。先行のイマヌエル・カントの哲学に大きく影響を受け、のちのG.W.F.ヘーゲルフリードリヒ・シェリングらに影響を与えたドイツ観念論の哲学者である。息子のイマヌエル・フィヒテ(通称:小フィヒテ)も哲学者。ナポレオン占領下のベルリンでの講演「ドイツ国民に告ぐ」で広く知られる[1]

生涯[編集]

ドレスデン近郊の寒村ランメナウドイツ語版英語版の農家の息子として生まれた。貧困のため修学できず、近くの教会で行われた説教や親族に聞かされたゲルマン神話などを糧に少年時代をすごす。教会で聞いた説教の全てをほぼ完璧に覚えていたため、たまたま教会で説教を聴きそこなった貴族ミリティツ侯にそれを聞かせたところ、侯から学資の援助をしてもらえることになった。

そこで、後にドイツの名門校プフォルタ学院ドイツ語版英語版に進学(ここは後にニーチェランケも通う)、ここからイェナ大学へと進学することができた。しかし、ミリティツ侯が死去し学資が止まったため、26歳のとき大学での研究は潰える。自殺を決心するほどの貧困に苦しんだが、友人の紹介でスイスにおいて家庭教師の職を得る。そこで、カント哲学を教材として扱い、カントの哲学に興味を覚え、1791年に70歳近くになったカントのいるケーニヒスベルク(現在のカリーニングラード)を訪ねる。そこで、カントの実践理性批判を元に宗教概念を論じた処女作『あらゆる啓示批判の試み』をカントの仲介で出版。一躍、著名になる。

翌年にはイェーナ大学教授に就任。この頃の大学での講義における「人がどんな哲学を選ぶかはその人間がどんな人間かによる」という言葉が有名。『全知識学の基礎』などを著す。1799年には、神概念のあり方をめぐり、無神論論争を引き起こした。結局無神論者のレッテルを貼られ、イエナを去った。後に、主としてベルリンに滞在した。このころに、『人間の使命』などを著す。一般に1801年以降を後期思想とよぶ。後期思想では自我概念が後退し、絶対者あるいは神が中心的な主題として現れてくる。この神はキリスト教の神そのままではなく、自由な道徳的主体の総体である我々(das Wir)を可能にする根拠であり、そのような神的な性格をもつものとしての絶対者をいう。ベルリン大学が開講されると、その初代の哲学教授に就任した。ナポレオン1世のベルリンの占領下で一般大衆向けに行われた講演『ドイツ国民に告ぐ』[2]、『浄福なる生への指教』などを行う他、知識学の講義も行っている。

ベルリン大学(現在はフンボルト大学)

スイスの教育者ペスタロッチにも傾倒。自らも『学者の使命・学者の本質』を著した。

晩年はリューマチ熱に苦しんだ。ナポレオンがプロイセンから敗退した後、混乱する国内の救援に夫人がボランティア看護婦として参加したが、その間にチフスに感染した。夫人を看護し続けたフィヒテもチフスに感染、間もなく急死。51歳であった。遺体はベルリンのドローデン墓地へ埋葬された。フィヒテの後にはヘーゲルがベルリン大学教授として招聘された。後年、ヘーゲルの強い希望により、ヘーゲルの遺体はフィヒテの墓のとなりに埋葬されることになった。現在は、フィヒテ夫婦とヘーゲル夫婦の墓が隣り合わせに並んでいる。

国家哲学と反ユダヤ主義[編集]

当初、フランス革命の熱心な支持者であったフィヒテは「フランス革命についての大衆の判断を正すための寄与」(1793年) で革命を理論的に根拠づけるとともに、ユダヤ人がドイツにもたらす害について述べた[3][4]。フィヒテは「ユダヤ人から身を守るには、彼等のために約束の地を手に入れてやり、全員をそこに送り込むしかない」[5]「ユダヤ人がこんなに恐ろしいのは、一つの孤立し固く結束した国家を形作っているからではなくて、この国家が人類全体への憎しみを担って作られているからだ」とし、ユダヤ人に市民権を与えるにしても彼らの頭を切り取り、ユダヤ的観念の入ってない別の頭を付け替えることを唯一絶対の条件とした[3]。フィヒテは、世界は有機的な全体であり、その部分はその他の全ての存在がなければ存在できないとされ、個人の自由は全体の中の部分であり、個人より高いレベルの存在である国家は個人に優先すると論じて、個人は国家と一体になったときに初めてその自由を実現すると、主張した[6]

ナポレオン戦争中の1807年12月から翌1808年にかけてフランス軍占領下のベルリン学士院講堂において、フィヒテは『ドイツ国民に告ぐ』を連続講演した[7]。この講演では、フランス文化に対するドイツ国民文化の優秀さを説き、また、ドイツ国民の統一、ドイツ人の内的自由、商業上の独立を主張し、ドイツ国民精神を発揚しドイツ解放戦争を準備する力となった[7]。フィヒテはすでに、個人は、個人より高い存在である国家と一体化することによって自由を実現すると論じていたが、『ドイツ国民に告ぐ』では、民族・国民(ネーション)に個人が没入することによって自由を達成すると論じられ、唯一正統な統治形態は国民による自治であると主張した[6]。ドイツでは出版の自由が著しく制限されていたが、フィヒテの講演や、シュライエルマッハーの説教は、口コミで反響が広がった[8]。当時のドイツでは、文書よりも口頭でのコミュニケーションが重要な役割を演じていた[8]

このようなフィヒテの国家観はフリードリヒ・シェリング、アダム・ミューラー、フリードリヒ・シュライアマハーによって支持された[6]。他方20世紀初期のシオニストもフィヒテを国民としての強い自覚によって道徳性を高める思想の先駆者とみなし、反シオニストのユダヤ系哲学者ヘルマン・コーエンもフィヒテは国民が全体の自由に奉仕するという旧約聖書の理想を認めたと称賛した[9]

著作[編集]

知識学[編集]

  • Über den Begriff der Wissenschaftslehre oder der sogenannten Philosophie (1794) (Digitalisat und Volltext - Deutschen Textarchiv)
  • Grundlage der gesamten Wissenschaftslehre (1794/1795)『全知識学の基礎』
  • Wissenschaftslehre nova methodo (1796–1799)
  • Versuch einer neuen Darstellung der Wissenschaftslehre (1797/1798)
  • Die Wissenschaftslehre (1804) sowie folgende Ausgaben (1812) und (1813).

その他[編集]

  • Versuch einer Critik aller Offenbarung (1792) [10](『あらゆる啓示批判の試み』)
  • Beitrag zur Berichtigung der Urteile des Publikums über die französische Revolution (PDF; 1 MB) (1793)「フランス革命についての大衆の判断を正すための寄与」(1793年)[11]
  • Einige Vorlesungen über die Bestimmung des Gelehrten (1794)『学者の使命・学者の本質』
  • Grundlage des Naturrechts (1796)
  • Das System der Sittenlehre nach den Principien der Wissenschaftslehre (1798)
  • Appellation an das Publikum über die durch Churf. Sächs. Confiscationsrescript ihm beigemessenen atheistischen Aeußerungen. Eine Schrift, die man zu lesen bittet, ehe man sie confsicirt (1799)
  • Der geschlossene Handelsstaat. Ein philosophischer Entwurf als Anhang zur Rechtslehre und Probe einer künftig zu liefernden Politik (1800)
  • Die Bestimmung des Menschen (1800)『人間の使命』
  • Friedrich Nicolais Leben und sonderbare Meinungen (1801)
  • Philosophie der Maurerei. Briefe an Konstant (1802/03)
  • Die Grundzüge des gegenwärtigen Zeitalters (1806)
  • Die Anweisung zum seligen Leben oder auch die Religionslehre (1806)『浄福なる生への指教』
  • Ueber das Wesen des Gelehrten, und seine Erscheinungen im Gebiete der Freiheit (1806)
  • Reden an die deutsche Nation (1807/1808) (Digitalisat und Volltext - Deutschen Textarchiv)『ドイツ国民に告ぐ』
  • Das System der Rechtslehre (1812)

日本語訳[編集]

日本語版「全集」は晢書房より刊行(1995-2016年)。

  • 第1巻:初期宗教論・啓示批判
  • 第2巻:初期政治論
  • 第3巻:初期哲学論集
  • 第4巻:初期知識学
  • 第5巻:言語論・解釈学・文学作品
  • 第6巻:自然法論
  • 第7巻:イェーナ時代後期の知識学
  • 第8巻:論理学・形而上学講義
  • 第9巻:道徳論の体系
  • 第10巻:哲学評論・哲学的書簡集
  • 第11巻:無神論論争・人間の使命
  • 第12巻:一八〇一‐〇二年の知識学
  • 第13巻:一八〇四年の『知識学』
  • 第14巻:一八〇五‐〇七年の知識学
  • 第15巻:現代の根本特徴・幸いなる生への導き
  • 第16巻:封鎖商業国家論 国家論講義
  • 第17巻:ドイツ国民に告ぐ・政治論集
  • 第18巻:超越論的論理学・自然哲学
  • 第19巻:ベルリン大学哲学講義 1
  • 第20巻:ベルリン大学哲学講義 2
  • 第21巻:社会哲学講義
  • 第22巻:教育論・大学論・学者論
  • 第23巻:ベルリン大学哲学講義 3
  • 補巻:フィヒテの生涯 フリッツ・メディクス

参考文献[編集]

  • 『ドイツ史 2』 木村靖二成瀬治山田欣吾編、山川出版社〈世界歴史大系〉、1996年7月
  • ジョージ・モッセ; 三宅昭良訳 『ユダヤ人の<ドイツ>』 講談社〈選書メチエ〉、1996年 [原著1985年]
  • オットー・ダン 『ドイツ国民とナショナリズム 1770‐1990』 末川清, 高橋秀寿,‎ 姫岡とし子訳、名古屋大学出版会、1999年12月ISBN 978-4815803735。
  • 竹田和子「19世紀前半ドイツの国民意識形成に関する考察」、『大阪音楽大学研究紀要』第54巻、大阪音楽大学、2016年3月1日、 43-48頁、 NAID 110010027982

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『大辞泉』
  2. ^ 池上俊一 『森と山と川でたどるドイツ史』 岩波書店2015年、115頁。ISBN 978-4-00-500817-9。
  3. ^ a b #ポリアコフ 3,p.248-260.
  4. ^ ドイツ史 2,p.174.
  5. ^ フィヒテ全集2、1997年、p.198.
  6. ^ a b c #ケドゥーリー,#原百年
  7. ^ a b ドイツ史 2p213-9.
  8. ^ a b #ダン,#竹田和子2016
  9. ^ #モッセ1996,p.73-93.
  10. ^ Online, Faksimile; 2. Auflage 1793: Versuch einer Kritik aller Offenbarung, bei Projekt Gutenberg, zeno.org; Faksimiles bei gallica, bei google books, bei archive.org.
  11. ^ フィヒテ全集2、1997年. ドイツ史 2では「フランス革命に対する公衆の判断を正すための寄与」と訳。