ヨハン・ハインリヒ・フリードリヒ・リンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Heinrich Friedrich Link

ヨハン・ハインリヒ・フリードリヒ・リンクドイツ語: Johann Heinrich Friedrich Link1767年2月2日 - 1851年1月1日)は、ドイツ博物学者、植物学者である。

ニーダーザクセン州南部のヒルデスハイムの名士の家に生まれた。父親の博物学コレクションを通じて自然科学に興味を持ち、ゲッティンゲン大学でブルーメンバッハ(Johann Friedrich Blumenbach)らのもとで医学と自然科学を学び、1789年に卒業した。ゲッティンゲンの私講師を務めた後、1792年にロストック大学に新設された化学動物学植物学の教授に任じられた。フロギストン説を否定した、アントワーヌ・ラヴォアジエの初期の支持者で、化学に定量的な手法を導入したイェレミアス・リヒターの支持者でもあり授業で化学量論を紹介した。1806年に化学実験室を作り、多くの分野の論文を寄稿し、2度、大学の学長に選ばれた。

1797年から1798年に博物学者のホフマンゼック(Johann Centurius Hoffmannsegg)とポルトガルの調査を行い、植物学の分野を主な研究分野とした。

1800年にドイツ自然科学アカデミー・レオポルディーナの会員に選ばれ、1808年に光学関係の論文でサンクトペテルブルク・アカデミーから賞を受賞した。学問的な評価が高まり、1811年にブレスラウ大学(ヴロツワフ大学)の化学と植物学の教授に任じられ、ブレスラウ大学の学長にも選ばれた。カール・ルートヴィヒ・ヴィルデノウの没後の1815年にベルリン大学の博物学の教授になり、標本館の学芸員、植物園の園長に任じられ、没するまでその職を続けた。ベルリン大学では、学芸員のオットー(Cristoph Friedrich Otto)とともに、希少植物などのコレクションを増やし、その数は14000まで達し、多くの菌類や多肉植物の記載を行った。

著作[編集]

  • Grundlehren der Anatomie und Physiologie der Pflanzen (Göttingen. 1807); (Fundamental principles of the anatomy and physiology of plants) (proving for the first time that plant cells existed independently and were not part of a homogeneous vegetable mass).
  • Nachträge zu den Grundlehren etc. (Göttingen. 1809) (Supplement to the fundamental principles etc. )
  • Die Urwelt und das Altertum, erläutert durch die Naturkunde (Berlin 1820-1822, 2nd ed. 1834); (Prehistoric times and antiquity, explained by natural history)
  • Handbuch zur Erkennung der nutzbarsten und am häufigsten vorkommenden Gewächse. Haude und Spener, Berlin 1829 Digital edition by the University and State Library Düsseldorf
  • Das Altertum und der Übergang zur neuern Zeit (Berlin 1842); (Antiquity and the transition to modern times)
  • Elementa philosophiae botanicae (Berlin 1824; 2nd ed., in Latin and German 1837);
  • Anatomisch-botanische Abbildungen zur Erläuterung der Grundlehren der Kräuterkunde (Berlin 1837-42); (Anatomical-botanical illustrations explaining the basic teachings for herbalists)
  • Ausgewählte anatomisch-botanische Abbildungen (Berlin 1839-42) (Selected anatomical botanical illustrations) (
  • Filicum species in horto regio Berolinensi cultae (Berlin 1841) (Fern species in Berlin botanical garden)
  • Anatomie der Pflanzen in Abbildungen (Berlin. 1843-47). (Illustrated anatomy of plants)
  • Friedrich Otto、Friedrich Klotzsch、von Hoffmanseggとの共著 :
    • Icones plantarum selectarum horti regii botanici Berolinensis (Berlin 1820-28) (Illustrations of selected plants in Berlin botanic garden)
    • Icones plantarum rariorum horti regii botanici Berolinensis (Berlin 1828-31) (Illustrations of rare plants in the Berlin botanic garden)
    • Flore portugaise" (Berlin. 1809-1840) (Portuguese Flora) (remaining a standard work for a long time)