ヨハン・ピーター・テオドール・ヤンセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ヨハン・ピーター・テオドール・ヤンセン
Johann Peter Theodor Janssen
Peter Janssen der Ältere.gif
生誕 (1844-12-12) 1844年12月12日
デュッセルドルフ
死没 (1908-02-19) 1908年2月19日(63歳没)
デュッセルドルフ

ヨハン・ピーター・テオドール・ヤンセンJohann Peter Theodor Janssen1844年12月12日 - 1908年2月19日)はドイツ画家

略歴[編集]

デュッセルドルフで生まれた。父親は版画家で、デュッセルドルフの美術家協会、「Malkasten」の創立者のTamme Weyert Theodor Janssen (1816-1894)で、兄弟に建築家のテオドール・ヤンセン (1846-1886)、版画家のカール・ヤンセン(1855-1927)がいる。

1859年にデュッセルドルフ美術アカデミーに入学し、カール・フェルディナンド・ゾーンエドゥアルド・ベンデマンに学んだ。卒業後、オランダベルギーを旅し、ミュンヘンドレスデンで働き、ベルリンでは画家のエミール・ヒュンテン(Emil Hünten)のもとで働いた。

1877年にデュッセルドルフ美術アカデミーの教授に任じられ、1895年に校長に任じられた。宗教歴史画の分野で活躍した。

ヤンセンの作品[編集]

ヤンセンに学んだ学生[編集]