ヨハン1世 (ニュルンベルク城伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ヨハン1世・フォン・ニュルンベルクJohann I. von Nürnberg1279年頃 – 1300年)は、1297年から1300年までニュルンベルク城伯を務めたツォレルン家の人物。

ヨハン1世は、ニュルンベルク城伯フリードリヒ3世とその2人目の妻ヘレーネ・フォン・ザクセン(1247年 – 1309年)との息子。1297年にアグネス・フォン・ヘッセン(1335年没)と結婚した。亡くなるまで、弟のフリードリヒ4世と共同で、城伯領を統治した。1300年にヨハン1世が子供を遺さないまま亡くなった後は、フリードリヒ4世が城伯を継いだ。

参考文献

  • M. Spindler, A. Kraus: Geschichte Frankens bis zum Ausgang des 18. Jahrhunderts, München 1997. ISBN 3-406-39451-5

上記の文献は、ドイツ語版の文献として挙げられていたものであり、日本語版作成にあたり直接参照してはおりません。

先代:
フリードリヒ3世
ニュルンベルク城伯
1260/61 - 1297
次代:
フリードリヒ4世