ヨーギラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ヨーギラス
全国
スイクン - ヨーギラス(#246) - サナギラス
ジョウト
カイリュー - ヨーギラス(#249) - サナギラス
基礎データ
英語名 Larvitar
進化体系 たねポケモン
進化前 なし
進化後 サナギラス
世代 第2世代
ポケモン学
分類 いわはだポケモン
タイプ いわ / じめん
高さ 0.6m
重さ 72.0kg
特性 こんじょう
かくれ特性 すながくれ
テンプレートを表示

ヨーギラスは、ポケットモンスターシリーズに登場する655種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

特徴[編集]

緑色の岩肌を持った小さな怪獣のようなポケモン。身長に比べて、体重がかなり重い。

その多くは地中深くで生まれ、エサである山の土を食べながら地表へと出てくる。山一つを平らげると、バンギラスに進化するために眠り始め、眠っている間にサナギラスとなる。おそらく進化(成長)しきるまで、かなり時間が掛かるものと思われる。卵は抹茶色の無地。

ゲームでのヨーギラス[編集]

金・銀・クリスタル』が初出で、シロガネやまに生息している。「いわ」と「じめん」の組み合わせのため、「みず」や「くさ」といったタイプに弱い。レベル30でサナギラスに進化する。シロガネやまに出てくるポケモンはほとんどがレベル38以上だが、ヨーギラスとサナギラスだけはレベル15、レベル20の個体がでてくる。

ヨーギラスの頃から「こうげき」は平均並みのものをもっている。ちなみに多くは最終進化系でないと覚えられない「はかいこうせん」を、ヨーギラスはたねポケモンながらレベルアップで覚える。

アニメでのヨーギラス[編集]

サトシのポケモンとして登場。サトシのポケモン (ジョウト編)#ヨーギラスを参照。

映画でのヨーギラス[編集]

ピカチュウのドキドキかくれんぼ』に登場。最初はピカチュウ達と距離を置いていたが、エンディングでは打ち解け、一緒にかくれんぼをするようになる。声優田中真弓

漫画でのヨーギラス[編集]

ポケットモンスターSPECIAL』ではスリバチ山の野生ポケモンとして登場。クリスタルウインディの因縁の相手。ウインディがまだ野生ポケモンだった頃、その右目に傷を負わせた。動きが素早く狡猾。2回目の戦いでクリスタルに捕獲される。

関連項目[編集]