ヨーゼフ・シュースター (作曲家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヨーゼフ・シュースターJoseph Schuster, *1748年8月11日 ドレスデン – †1812年7月24日 ドレスデン)は、ドイツ作曲家

略歴[編集]

ドレスデンの宮廷楽士であった父ヨハン・ゲオルク・シューラーより最初の音楽教育を受ける。ザクセン選帝侯より学資金を下賜され、1765年から1768年までイタリア対位法を学んだ。1776年に、メタスタジオの台本による処女作のオペラ・セリア《見棄てられたディドー(Didone abbandonata )》がナポリサン・カルロ劇場において上演されて成功を収める。同年もう一つのオペラ・セリア《デモフォーンテ(Demofoonte )》がフォルリーにて初演を迎える。翌1777年、ナポリやヴェネツィアでのオペラの成功によって地歩を固め、ドイツで作曲家として名を馳せた。

作品のほとんどはオペラ・ブッファに分類されるが、教会音楽や管弦楽曲、室内楽曲も作曲している。シュースターの弦楽四重奏曲には、長らくモーツァルトの作品として広く流布したものがあり、当初はKV.210以降のケッヘル番号さえ与えられていた。シュースターはこれらを1780年ごろに作曲したのだが、モーツァルトの原本からの断片と看做されたのであった。真実の出所を明るみに出したのは、音楽学者のルートヴィヒ・フィンシャーであった(1966年、『音楽研究(Die Musikforschung )』誌上にて)。

主要作品一覧[編集]

  • La fedeltà in amore, Opera buffa, Dresden 1773
  • L'idolo cinese, Opera buffa, Dresden 1776
  • La Didone abbandonata, Opera seria, Neapel 1776
  • Demofoonte, Opera seria, Forlì 1776
  • L'amore artigiano, Opera buffa, Venedig 1776
  • La schiava liberata, Opera seria-comica, Dresden 1777
  • Der Alchymist oder Der Liebesteufel, Singspiel, Dresden 1778
  • Bradamante, Dramma per musica, Padua 1779
  • Creso in Media, Opea seria, Neapel 1779
  • Amor e Psyche, Opera seria, Neapel 1780
  • Rübezahl ossia Il vero amore, Opera buffa, Dresden 1789
  • Il giorno natalizio, Opera buffa (Pasticcio), Dresden 1802
  • Streichquartette Nr. 1-6 „Quartetti Padovani“
  • 6 Divertimenti da camera für Cembalo (Klavier) und Violine, 1777, Nagels Verlag, Kassel