ヨーロッパオープン・リスボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヨーロッパオープン・リスボン(Europian Open Lisbon)ポルトガルの国際柔道大会

来歴[編集]

2009年よりIJFワールド柔道ツアーの一環として、グランドスラムグランプリなどに次ぐ位置付けとなったワールドカップのうちの1大会。なお、今大会は世界ランキング対象大会であるが、国際柔道連盟主催ではなく各大陸連盟主催の大会であるため、ワールド柔道ツアーには含まれない[1]。年度によって男女交互に開催される[2]。以前は「ポルトガル国際柔道大会」と呼ばれていた。2009年から「ワールドカップ・リスボン」という名称になったが、2013年には「ヨーロッパオープン・リスボン」という名称に変更された[3]。2017年からはオディヴェーラス英語版で開催されることになった[4]

名称の変遷[編集]

ポルトガル国際柔道大会( -2008)
ワールドカップ・リスボン World Cup Lisbon(2009-2012)
ヨーロッパオープン・リスボン Europian Open Lisbon(2013- )
ヨーロッパオープン・オディヴェーラス Europian Open Odivelas(2017- )

優勝者[編集]

男子[編集]

60kg級 66kg級 73kg級 81kg級 90kg級 100kg級 100kg超級
2010年 ドイツの旗トビアス・エングルマイアー ウクライナの旗セルギー・ドレボット ポルトガルの旗ジョアン・ピナ ブラジルの旗フラビオ・カント フランスの旗ロメイン・バフェ チェコの旗ルカシュ・クルパレク フランスの旗テディ・リネール
2012年 ロシアの旗ベスラン・ムドラノフ ロシアの旗アリム・ガダノフ ロシアの旗マンスール・イサエフ フランスの旗アラン・シュミット セルビアの旗アレクサンダル・クコル ロシアの旗セルゲイ・サモイロビッチ フランスの旗テディ・リネール
2014年 スペインの旗ガリゴス・ロサ・フランシスコ 日本の旗八巻祐 日本の旗橋本壮市 日本の旗平尾譲一 スペインの旗ダビド・ルイス・ザハック ポルトガルの旗ジョルジ・フォンセカ 日本の旗藤井岳
2017年 スペインの旗フランシスコ・ガリゴス イスラエルの旗タル・フリッカー フランスの旗シェーヌ・ギヨーム ブラジルの旗ビクトル・ペナルベル フランスの旗アクセル・クレルジュ ロシアの旗ニヤス・イリアソフ ロシアの旗アントン・ブラチェフ
2019年 日本の旗米村克麻 フランスの旗キリアン・ルブルシュ スイスの旗ニルス・シュトンプ 日本の旗友清光 フランスの旗ロイク・ピエトリ フランスの旗セドリク・オリヴァル 日本の旗佐藤和哉

女子[編集]

48kg級 52kg級 57kg級 63kg級 70kg級 78kg級 78kg超級
2009年 ブラジルの旗サラ・メネゼス ポルトガルの旗ジョアナ・ラモス ポルトガルの旗テルマ・モンテイロ オランダの旗エステル・スタム ドイツの旗エリザベート・グレーブ ポルトガルの旗ヤヒマ・ラミレス 中華人民共和国の旗呉暁薇
2011年 ポルトガルの旗アナ・オルミーゴ ロシアの旗ナタリア・クジュティナ イタリアの旗ジュリア・クインタバレ イスラエルの旗アリス・シュレジンガー ドイツの旗バルバラ・バンデル ドイツの旗ハイデ・ウォラート ロシアの旗テア・ドングザシビリ
2013年 ギニアビサウの旗タシアナ・リマ オランダの旗ミランダ・ヴォルフスラフ スロベニアの旗ヴロラ・ベデティ オランダの旗アニカ・ファンエムデン ドイツの旗ハイデ・ウォラート オランダの旗イリス・レーメン ドイツの旗フランツィスカ・コニッツ
2015年 ギニアビサウの旗タシアナ・リマ コソボの旗マイリンダ・ケルメンディ コソボの旗ノラ・ジャコヴァ オランダの旗ジェニファー・ウィヘルス ドイツの旗ラウラ・ヴァルガス=コッホ オランダの旗カレン・ステーフェンソン ドイツの旗カロリン・ヴァイス
2018年 日本の旗山崎珠美 カナダの旗エカテリーナ・グイカ カナダの旗出口クリスタ ポーランドの旗カロリーナ・タワフ ドイツの旗ジョヴァンナ・スコッチマッロ 日本の旗梅津志悠 ウクライナの旗エリザベータ・カラニナ

脚注[編集]

外部サイト[編集]