ヨー・ヒャップセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Yeo Hiap Seng Limited
企業形態 公開 (SGX: Y03)
ファーイースト・オーガニゼーションの子会社
業種 コングロマリット
設立 1900
本社 シンガポール
主要人物 Koh Boon Hwee, Chairman
Tjong Yik Min, Group CEO
製品 食品、飲料、不動産
所有者 ファーイースト・オーチャード (49.5%)[1]
親会社 ファーイースト・オーガニゼーション
ウェブサイト [1]
テンプレートを表示

ヨー・ヒャップセン (Yeo Hiap Seng Limited、楊協成、通称Yeo's) は投資持株会社であり、シンガポールマレーシアの飲料メーカーとして有名である。アジア、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアに事務所を持ち国際展開している。自社製品のアジア系飲料の他にペプシコからライセンスを取得し、ペプシコーラセブンアップマウンテンデューなどの飲料も販売している他、レッドブルゲータレードエビアンボルヴィックなども販売している。

筆頭株主はウン・テンフォンの設立したファーイースト・オーガニゼーションであり、自身もタイ王国シンガポールマレーシアを含む60カ国以上で住宅開発を行なっている。

歴史[編集]

1935年福建省出身のヨー・ケンリャン(Yeo Keng Lian)がシンガポールでヨー・ヒャップセン・ソースファクトリーを創業。1955年12月20日に法人化し、1968年11月7日旧シンガポール証券取引所上場に合わせて現在の社名に変更した。

1950年代にはカレーチキンの缶詰、ボトルの豆乳超高温加熱処理法で処理したブリックパックのアジア系飲料を販売していた。

1995年6月ロバート・ウンが代表取締役になるのと同時にロバートの親族の株の持ち分を24.9%[2]まで引き上げた。これを機にウン一族とマレーシアの投資家クエ・レンチャン英語版と間でヨー・ヒャップセン本体の事業とヨー・ヒャップセンが10億ドル以上をかけて再開発したブキ・ティマ地区の支配をめぐって競争が始まった[3]。最終的にはロバートとロバートの父親ウン・テンフォンが優位に立ち、ヨー一族の保有していた株を含め86%の株式を取得し[4]、ウン一族の支配を機に本格的に不動産開発への道を進んだ。この買収劇は「シンガポール史上最も鮮やかな買収劇だった」と評された[5]

製品一覧[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ho, Frankie (2012年6月20日). “The Far East Re-organization” (English). The Edge Singapore: pp. 18-20 
  2. ^ 24.9%の意味は25%を超えるとすべての投資家に対して買収提案をしなくてはならないという法律があったため
  3. ^ “Tea for Two: Battle for a Great Name and Address”, CNN Asianow, (1995-07-28), http://www-cgi.cnn.com/ASIANOW/asiaweek/95/0728/biz1.html 2009年6月5日閲覧。 [リンク切れ]
  4. ^ Backman 2001, p. 96
  5. ^ Porter, Barry (1997-06-01), “Transforming a soft-drink sluggard”, The Standard, http://www.thestandard.com.hk/archive_news_detail.asp?pp_cat=&art_id=49635&sid=&con_type=1&archive_d_str=19970601 2009年7月15日閲覧。