ライアン・サール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ライアン・サール
Ryan Searle
ケベック・キャピタルズ
Ryan Searle 2013.jpg
シカゴ・カブス傘下時代
(2013年7月10日)
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 クイーンズランド州ブリスベン
生年月日 (1989-06-22) 1989年6月22日(29歳)
身長
体重
182 cm
110 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム オーストラリアの旗 オーストラリア
WBC 2009年2013年2017年予選2017年

ライアン・グレゴリー・サールRyan Gregory Searle , 1989年6月22日 - )は、オーストラリア連邦クイーンズランド州ブリスベン出身のプロ野球選手投手)。北米独立リーグであるカナディアン・アメリカン・リーグケベック・キャピタルズに所属している。

石川ミリオンスターズ時代の登録名ライアン・シール[1]。台湾球界での登録名は索爾

経歴[編集]

2007年に当時17歳でシカゴ・カブスと契約を結んだ[2]

2009年開幕前の3月に開催された第2回WBCオーストラリア代表に選出された[3]

2013年開幕前の3月に開催された第3回WBCオーストラリア代表に選出された[4]

2014年開幕前の3月2日にニューサウスウェールズ州シドニーで初めてオーストラリアで開催されたMLB開幕戦の前に開催された親善試合である「オーストラリアン・チャレンジ」のオーストラリア代表に選出された[5]。シーズンでは独立リーグであるアメリカン・アソシエーションのグランドプレーリー・エアーホッグスと契約を結んだ。

2015年3月11日日本の独立リーグであるベースボール・チャレンジ・リーグ石川ミリオンスターズへ入団した事が発表された[6]

2016年1月28日に第4回WBC予選のオーストラリア代表に選出された[7]。同大会でオーストラリアは本戦出場を決めている。2月5日に台湾Lamigoモンキーズに移籍。

2017年2月9日に第4回WBC本戦のオーストラリア代表に選出された[8]

詳細情報[編集]

独立リーグでの投手成績[編集]












































W
H
I
P
2015 石川 22 8 7 0 1 .533 135.2 569 111 1 113 45 9 47 30 5 4 4 1.99 1.15
通算:1年 22 8 7 0 1 .533 135.2 569 111 1 113 45 9 47 30 5 4 4 1.99 1.15
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 55 (2015年)
  • 45 (2016年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ シール - BCリーグ
  2. ^ Minors report: Wilson spanning globe
  3. ^ 2009 Tournament Roster[リンク切れ] WBC公式サイト (英語) 2015年5月20日閲覧
  4. ^ 2013 Tournament Roster[リンク切れ] WBC公式サイト (英語) 2015年2月19日閲覧
  5. ^ AUSTRALIA RELEASES FINAL ROSTER TO FACE DODGERS AND DIAMONDBACKS Baseball Australia (英語) (2014年3月4日) 2016年2月16日閲覧
  6. ^ 新入団選手のお知らせ
  7. ^ Team Australia’s Roster Announced for Sydney Qualifier Baseball Australia (英語) (2016年1月28日) 2016年2月16日閲覧
  8. ^ Australia’s roster finalised for WBC Baseball Australia Southern Thunder (英語) (2017年2月9日) 2017年2月13日閲覧

関連項目[編集]