ライアン・シュルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ライアン・シュルツ
基本情報
本名 ライアン・ジェームス・シュルツ
(Ryan James Schultz)
通称 ザ・ライオン (The Lion)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1977-07-04) 1977年7月4日(39歳)
出身地 ネブラスカ州ノースプラット
所属 チーム・クエスト
→Trials MMA and Fitness
身長 178cm
体重 71kg
階級 ライト級
バックボーン レスリング
テンプレートを表示

ライアン・シュルツRyan Schultz1977年7月4日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家ネブラスカ州ノースプラット出身。Trials MMA and Fitness所属。元IFL世界ライト級王者。

背中にライオンタトゥーがあり、「ザ・ライオン」のニックネームを持つ。

来歴[編集]

ネブラスカ大学在学中にマット・リンドランドのコーチを受け、2003年にはリンドランドの影響を受けプロ総合格闘技デビュー。

2004年6月18日、SuperBrawl 36のライト級トーナメントに出場し、決勝でロジャー・ウエルタと対戦し、パンチで顎を脱臼させてギブアップによる勝利を挙げ、優勝を果たした。

2006年9月9日、IFLに初参戦。ポートランド・ウルフパックに所属。11月2日にはクリス・ホロデッキーと対戦し、パウンドでTKO負けを喫した。

2007年12月29日、IFLライト級グランプリ決勝でクリス・ホロデッキーと再戦。序盤でテイクダウンから上をキープし、ホロデッキーの左腕を固めた状態でパウンドを連打してTKO勝ちを収め優勝を果たし、初代IFL世界ライト級王座に認定された。その後、2度に渡って同王座を防衛するも、2008年7月31日のIFL活動停止をもって、王座を失った。

戦極[編集]

2008年8月24日、戦極初参戦となった戦極 〜第四陣〜のライト級グランプリシリーズ1回戦で廣田瑞人と対戦し、右スーパーマンパンチでKO負け。

2009年9月23日、戦極 〜第十陣〜横田一則と対戦し、右フックで失神KO負けを喫した[1]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
35 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
22 10 6 7 0 1 0
12 8 3 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ビリー・マーティン 1R 2:49 リアネイキドチョーク MFP: Resurrection 2012年6月30日
アンジェロ・デュアーテ 1R 2:47 リアネイキドチョーク Ring of Fire 42: Who's Next 2011年12月17日
× 横田一則 1R 2:31 KO(右フック) 戦極 〜第十陣〜 2009年9月23日
× ホルヘ・マスヴィダル 1R 1:57 TKO(パウンド) 戦極 〜第五陣〜 2008年9月28日
× 廣田瑞人 2R 4:45 KO(右スーパーマンパンチ) 戦極 〜第四陣〜
【ライト級グランプリシリーズ2008 1回戦】
2008年8月24日
デイヴィダス・タウロセヴィチュス 4分5R終了 判定3-0 IFL: Connecticut
【IFL世界ライト級タイトルマッチ】
2008年5月16日
ジョン・ガンダーソン 4分5R終了 判定3-0 IFL: Las Vegas
【IFL世界ライト級タイトルマッチ】
2008年2月29日
クリス・ホロデッキー 1R 2:51 TKO(パウンド) IFL: World Grand Prix Finals
【ライト級グランプリ 決勝】
2007年12月29日
アーロン・ライリー 4分3R終了 判定3-0 IFL: 2007 Team Championship Final 2007年9月20日
サヴァン・ヤング 4分3R終了 判定3-0 IFL: Everett 2007年6月1日
ジョー・サンピエリ 4分3R終了 判定3-0 IFL: Connecticut 2007年4月13日
× バート・パラゼウスキー 3R 2:16 KO(右フック) IFL: World Championship Final 2006年12月29日
× クリス・ホロデッキー 2R 0:24 TKO(ハイキック→パウンド) IFL: World Championship Semifinals 2006年11月2日
カム・ウォード 2R 2:38 TKO(パンチ連打) IFL: Portland 2006年9月9日
× エルメス・フランカ 1R 3:30 KO(パンチ連打) Absolute Fighting Championships 16
【AFCライト級王座決定戦】
2006年4月22日
デイブ・レア・コクラン 1R 3:42 チョークスリーパー SportFight 15: Tribute 2006年4月8日
× 弘中邦佳 2R 1:40 腕ひしぎ十字固め MARS in 有明 2006年2月4日
× リッチ・クレメンティ 1R 3:39 腕ひしぎ十字固め Absolute Fighting Championships 14 2005年12月10日
× デイビッド・ガードナー 1R 1:00 ギブアップ(肋骨の骨折) FFC 15: Fiesta Las Vegas
【FFCライト級タイトルマッチ】
2005年9月14日
ジェシアス・カバウカンチ 5分3R終了 ドロー SportFight 11: Rumble at the Rose Garden 2005年7月9日
阿部裕幸 2R 0:42 TKO(右ハイキック→パウンド) Euphoria: USA vs. World 2005年2月26日
× キース・ウィルソン 5分3R終了 判定3-0 SportFight 8: Justice 2005年1月8日
デビッド・ガオナ 1R 2:17 TKO(パンチ連打) Euphoria: Road to the Titles 2004年10月15日
ジェイソン・デント 1R 2:00 TKO(パンチ連打) APEX: Genesis 2004年9月5日
ロジャー・ウエルタ 1R 1:47 ギブアップ(顎の脱臼) SuperBrawl 36
【ライト級トーナメント 決勝】
2004年6月18日
デシャウン・ジョンソン 3分3R終了 判定2-1 SuperBrawl 36
【ライト級トーナメント 準決勝】
2004年6月18日
マイク・アイナ 1R 2:55 チョークスリーパー SuperBrawl 36
【ライト級トーナメント 1回戦】
2004年6月18日
ギル・カスティーリョ 5分3R終了 判定2-0 WEC 10: Bragging Rights 2004年5月21日
× ロナルド・ジューン 2R終了時 TKO(タオル投入) Rumble on the Rock 5 2004年5月7日
ニック・ジラルディ 1R KO(パンチ連打) DesertBrawl 10 2004年4月3日
エディ・エリス 1R 1:53 KO(パンチ) SportFight 1: Revolution 2004年2月21日
ハンク・ウェイス 1R 2:17 ギブアップ(パンチ連打) Kickdown Classic 8 2004年1月17日
ジェレミー・サンダース 1R 0:46 TKO(パンチ連打) Ultimate Ring Challenge 6 2003年10月25日
ハンニバル・アドフォ 1R 0:25 KO(パンチ) WEC 8: Halloween Fury 2 2003年10月17日
× JT・テイラー 2R 1:56 KO(パンチ連打) WEC 7: This Time It's Personal 2003年8月9日
ジョン・ヘンダーソン 1R 0:45 TKO(パンチ連打) Dangerzone: Dakota Destruction 2003年4月12日

獲得タイトル[編集]

  • SuperBrawl 36ライト級トーナメント 優勝(2004年)
  • IFLライト級グランプリ 優勝(2007年)
  • 初代IFL世界ライト級王座(2007年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

前王者
王座新設
初代IFL世界ライト級王者

2007年12月29日 - 2008年7月31日

次王者
王座廃止