ライアン・テリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ライアン・テリオ
Ryan Theriot
Ryan Theriot on June 28, 2011.jpg
カージナルス時代(2011年6月28日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ルイジアナ州バトンルージュ
生年月日 (1979-12-07) 1979年12月7日(38歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手遊撃手, 二塁手
プロ入り 2001年 ドラフト3巡目(全体78位)でシカゴ・カブスから指名
初出場 2005年9月13日 シンシナティ・レッズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ライアン・スチュワート・テリオ(Ryan Stewart Theriot, 1979年12月7日 - )は、アメリカ合衆国ルイジアナ州バトンルージュ出身の元野球選手。ポジションは内野手(主に遊撃手)。右投右打。ラストネームにより、ニックネームは「riot」。

シカゴ・カブス所属時は、ルイジアナ州立大学でもチームメイトであったマイク・フォンテノーと共に、ルイジアナ州に多い沼地から、「バイユー・ボーイズ」とも呼ばれていた。

Theriotはセリオと表記される例もある。

経歴[編集]

アマチュア時代[編集]

1998年に地元バトンルージュのブロードムア高校を卒業後、ルイジアナ州立大学へ入学[1]2000年カレッジ・ワールド・シリーズ(全米大学野球選手権)のオール・トーナメント・チーム(遊撃手)に選出される。

2001年6月5日シカゴ・カブスから3巡目(全体78位)でドラフト指名を受け、7月25日に契約成立。この年からマイナーリーグ(A+級)でプレーを始める(30試合出場)。

マイナーリーグ[編集]

プロ5年目の2005年は、AA級で120試合打率.304 ・ 出塁率.365 ・ 24盗塁の好成績を挙げ、チーム内のMVPを受賞[1]すると、9月12日にメジャー初昇格を果たす[2]。翌13日、対シンシナティ・レッズ戦において代打出場。デビュー戦は1打数安打三振)に倒れたが、翌14日にはレッズ相手に初安打(三塁内野安打)を放った。

MLB[編集]

2006年は、AAA級で73試合 ・ 打率.304 ・ 出塁率.367 ・ 14盗塁と着実に成長を続け、7月24日以降はメジャー定着[2]。53試合に出場し経験を積んだ上、9月17日には2本塁打を放つ活躍を見せ、打率.328の好成績でシーズンを終えた。

メジャー3年目の2007年は、ユーティリティープレイヤーとして開幕時からロースター入りし、4月13 - 15日に3 - 2 - 3安打でアピール。主力選手の不調と他球団への移籍と言う機会を活かし[3]、6月以降は正遊撃手の座をモノにした。7月は打率.348 ・ 出塁率.437と、ミルウォーキー・ブルワーズ追撃に貢献[4]。チーム1位の盗塁数をマークした他、三振率(10.7)はリーグ4位としぶとい打撃を披露した。

レギュラー2年目となる2008年は、4月の月間打率.340[5]と飛び出すと、以後も好調をキープし続け、初の3割をクリア。左右両投手、ホーム・アウェー全てにおいて3割超え[5]を果たした他、ボールの見極めも上達[6]するなど、「チーム内にあって最も安定した働き」と評された[7]。シーズン通算では打率.307(リーグ6位) ・ 178安打(同8位、154単打は1位) ・ 出塁率.387(同8位) ・ 三振率10.0(同7位) ・ 22盗塁(チーム最多)とリーグを代表する二番打者へと成長を遂げた。一方で、盗塁死はリーグ2位、守備でも「フットワーク、肩、スローイング全てにおいて平均以下」と酷評されるなど[7]、課題も浮き彫りになった。

2010年7月31日ブレイク・デウィットらとのトレードでロサンゼルス・ドジャースへ移籍[8]11月30日にはブレイク・ホークスワースとのトレードでセントルイス・カージナルスへ移籍した[9]

2011年12月12日にFAとなった。

2012年1月27日サンフランシスコ・ジャイアンツと契約[10]10月29日にFAとなった。

2014年1月6日に現役引退を表明した[11][12]

選手としての特徴[編集]

パワーレスだが確実性に優れ、三振が少なく小技も上手い、古典的なコンタクト・ヒッター。その上スピードがあり、選球眼も鋭いため、もっぱら二番打者として起用されることが多く[13]、真摯な全力プレーでルー・ピネラ監督からの信頼も厚い。ポジションは遊撃のほかに、二塁・三塁・外野(左翼・右翼)も守れる。守備は基本に忠実、かつ堅実。一方で、「メジャー・レベルの遊撃手としては体が硬く、送球精度も甘い」と懸念する声もある[2][14][15][16][17]

マイナー6年間の通算成績は、打率.271 ・ 出塁率.355 ・ OPS.692 ・ 115盗塁(成功率70パーセント)。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2005 CHC 9 14 13 3 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .154 .214 .231 .445
2006 53 159 134 34 44 11 3 3 70 16 13 2 6 0 17 0 2 18 5 .328 .412 .522 .934
2007 148 597 537 80 143 30 2 3 186 45 28 4 8 3 49 1 0 50 12 .266 .326 .346 .672
2008 149 661 580 85 178 19 4 1 208 38 22 13 4 1 73 1 3 58 19 .307 .387 .359 .745
2009 154 677 602 81 171 20 5 7 222 54 21 10 13 5 51 1 6 93 13 .284 .343 .369 .712
2010 96 412 388 45 110 10 2 1 127 21 16 6 2 1 19 3 2 46 8 .284 .320 .327 .647
LAD 54 228 198 27 48 5 0 1 56 8 4 3 5 1 22 0 2 28 5 .242 .323 .283 .606
'10計 150 640 586 72 158 15 2 2 183 29 20 9 7 2 41 3 4 74 13 .270 .321 .312 .633
2011 STL 132 483 442 46 120 26 1 1 151 47 4 6 6 2 29 0 4 41 15 .271 .321 .342 .662
2012 SF 104 384 352 45 95 16 1 0 113 28 13 5 4 3 24 1 1 47 12 .270 .316 .321 .637
通算:8年 899 3615 3246 446 911 138 18 17 1136 257 121 49 48 16 285 7 20 383 89 .281 .341 .350 .691
  • 2012年度シーズン終了時

参考資料[編集]

  1. ^ a b Biography: , 2005 Career Highlights:” (英語). MLB.com. 2008年12月10日閲覧。
  2. ^ a b c Ryan Theriot - Scouting Report , Transactions / Injuries / Suspensions” (英語). sportsnet.ca. 2008年3月14日閲覧。
  3. ^ 『月刊スラッガー』 2008年4月号 71頁。
  4. ^ 『月刊スラッガー』 2007年12月号 86頁。
  5. ^ a b 2008 Batting Splits” (英語). ESPN. 2008年12月10日閲覧。
  6. ^ Ryan Theriot ≫ Graphs ≫ BB% ≫ Batting” (英語). FanGraphs. 2008年12月10日閲覧。
  7. ^ a b 「2008 通信簿 file:226-500」 『月刊スラッガー No.128 , 2008年12月号』 日本スポーツ企画出版社、78頁。
  8. ^ “Dodgers acquire Lilly and Theriot from Cubs for Dewitt, two Minor Leaguers”. MLB.com Dodgers Press Release. (2010年7月31日). http://losangeles.dodgers.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20100731&content_id=12851362&vkey=pr_la&fext=.jsp&c_id=la 2014年1月7日閲覧。 
  9. ^ Gurnick, Ken(2010-11-30). Dodgers deal Theriot to Cardinals. MLB.com(英語). 2011年11月12日閲覧
  10. ^ Matt Snyder (2012年1月27日). “Ryan Theriot signs with Giants”. CBS Sports. http://www.cbssports.com/mcc/blogs/entry/22297882/34594091 2014年1月7日閲覧。 
  11. ^ Chris Cotillo (2014年1月6日). “Ryan Theriot announces retirement”. MLB Daily Dish. http://www.mlbdailydish.com/2014/1/6/5278784/ryan-theriot-announces-retirement 2014年1月7日閲覧。 
  12. ^ Adam Berry (2014年1月6日). “Theriot calls it a career after eight seasons”. MLB.com. http://mlb.mlb.com/news/article/chc/ryan-theriot-calls-it-a-career-after-eight-seasons?ymd=20140106&content_id=66343116&vkey=news_chc 2014年1月7日閲覧。 
  13. ^ Three year (2006-2008) Batting Splits , By Batting Order” (英語). ESPN. 2008年12月10日閲覧。
  14. ^ Ryan Theriot - Pecota” (英語). baseball prospectus.com. 2008年3月14日閲覧。
  15. ^ 『月刊メジャー・リーグ』 2008年3月号 53頁。
  16. ^ 「2008 MLB 30球団スカウティング・レポート」 『ウェルカム・メジャーリーグ 2008』 白夜書房〈白夜ムック 315〉、181頁。ISBN 978-4861913983。
  17. ^ 出野哲也 「2008 プレーオフ選手名鑑 & チーム戦力分析」 『月刊スラッガー No.127 , 2008年11月号』 日本スポーツ企画出版社、19頁。