ライアン・ニューマン (ドライバー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ライアン・ニューマン
Ryan Newman at the Daytona 500 (cropped).JPG
Newman at the 2015 Daytona 500
生誕 (1977-12-08) 1977年12月8日(41歳)[1]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国インディアナ州サウスベンド[2]
身長 5 ft 11 in (1.80 m)
体重 207 lb (94 kg)
業績 1999 United States Auto Club Silver Crown Series Champion
2008 Daytona 500 勝者[1][3]
2013 Brickyard 400 勝者[1][4]
2002 The Winston 勝者
表彰 2002 NASCAR ウインストンカップ・シリーズ ルーキー・オブ・ザ・イヤー[1]
2003 NASCAR ウインストンカップ・シリーズ ドライバー・オブ・ザ・イヤー
モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズでの経歴
19年の間623レース出場
車番-チーム No. 6 (ラウシュ・フェンウェイ・レーシング)
2018年の順位 17位h
最高位 2位 (2014年)
初戦 2000 Checker Auto Parts/Dura Lube 500 (フェニックス)
初勝利 2002 New Hampshire 300 (ロードン)
最終勝利 2017 Camping World 500 (フェニックス)
優勝数 10位以内 PP
18 247 51
NASCARエクスフィニティ・シリーズでの経歴
9年の間64レース出場
最高位 28th (2001年)
初戦 2001 Alltel 200 (ロッキンガム)
最終戦 2012 O'Reilly Auto Parts Challenge (テキサス)
初勝利 2001 NAPAonline.com 250 (ブルックリン)
最終勝利 2005 Ford 300 (ホームステッド=マイアミ)
優勝数 10位以内 PP
7 35 12
NASCARガンダー・アウトドアーズ・トラック・シリーズでの経歴
5年の間6レース出場
2015年の順位 87th
最高位 49th (2009年)
初戦 2008 E-Z-GO 200 (アトランタ)
最終戦 2015 Toyota Tundra 250 (カンザス)
初勝利 2008 E-Z-GO 200 (アトランタ)
優勝数 10位以内 PP
1 6 1
2019年3月6日現在。

ライアン・ニューマンRyan Newman, 1977年12月8日-[2])は、アメリカ合衆国インディアナ州出身のストックカーレーシングドライバー。2019年現在、モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズラウシュ・フェンウェイ・レーシングより6号車でフル参戦中[1][5]

「ロケットマン」のニックネームで親しまれている。現役カップ戦ドライバーの中で一二を争う巨漢である。

経歴[編集]

2000年ペンスキー・レーシングよりウインストンカップ・シリーズ(現モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ)に第32戦フェニックスにスポット参戦するも、エンジントラブルによりリタイヤ[6]。続く2001年も7戦に参戦した[7]

2002年シーズンよりウインストンカップ・シリーズにフル参戦[8]。第27戦ロードンにてカップ戦初勝利を挙げる[9]

2003年シーズンは第7戦テキサス[10]をはじめ、年間最多の8勝を挙げたにもかかわらず、僅か1勝しかしていないマット・ケンゼスにシリーズチャンピオンを奪われ、ニューマンはチャンピオンシップ6位に終わった[11]。この事態を重く見たNASCARは、翌2004年シーズンよりチェイス・フォー・ザ・カップ(プレーオフ)制度を導入することとなった。

2008年シーズンは開幕戦デイトナ500[3]で初勝利するが、シーズンではこの1勝のみ、チャンピオンシップ17位に終わる[12]

2009年スチュワート=ハース・レーシングに移籍[13]。2013年までの在籍期間に4勝を挙げている。

2014年リチャード・チルドレス・レーシングに移籍[5]。移籍後は勝利に恵まれてはないものの、2014年[14]2015年[15]は未勝利ながらチェイス・フォー・ザ・カップ進出を果たした。特に2014年は未勝利にもかかわらずキャリア最高のチャンピオンシップ2位[14]と抜群の安定感を見せた。

2017年、第4戦フェニックスにおいて、308周目にジョーイ・ロガーノがクラッシュし、フルコースコーションとなる。ニューマンはこのコーションでステイアウトを選択し、暫定のリーダーとなる。残り周回数の関係でNASCARオーバータイムが適用となり、313周目のリスタート後は残り2周を逃げ切りトップチェッカーを受ける[16]。2013年第20戦ブリックヤード400[4]以来4年ぶりの勝利となり、未勝利記録を127戦で止めた。また、リチャード・チルドレス・レーシングにとっても同年第35戦フェニックス[17]でのケヴィン・ハーヴィック以来となる113戦ぶりの勝利となった。

戦績[編集]

NASCAR[編集]

(key) (Bold – Pole position awarded by qualifying time. Italics – Pole position earned by points standings or practice time. * – Most laps led.)

モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ[編集]

デイトナ500[編集]
チーム マニュファクチャラー スタート フィニッシュ
2002 ペンスキー・レーシング・サウス フォード 23 7
2003 ダッジ 37 43
2004 ペンスキー=ジャスパー・レーシング 20 31
2005 9 20
2006 ペンスキー・レーシング・サウス 18 3
2007 16 38
2008 7 1
2009 スチュワート=ハース・レーシング シボレー 36 36
2010 17 34
2011 21 22
2012 18 21
2013 34 5
2014 リチャード・チルドレス・レーシング シボレー 19 22
2015 22 38
2016 38 11
2017 14 21

ネイションワイド・シリーズ[編集]

キャンピング・ワールド・トラック・シリーズ[編集]

* Season still in progress
1 Ineligible for series points

インターナショナル・レース・オブ・チャンピオンズ(IROC)[編集]

(key) (Bold – Pole position. * – Most laps led.)

ニックネーム[編集]

予選で圧倒的な速さを見せつけ、ポールポジションを数多く獲得していることから、「ロケットマン(Rocket Man)」と呼ばれるようになった。特にペンスキー・レーシング在籍時代の2003年には、全36戦中11回のポールポジションを獲得しており、そのうち2回がポール・トゥ・ウインである[11]。2016年シーズン終了時点で現役最多の51回を記録している[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 31 Ryan Newman”. NASCAR.com. 2017年6月8日閲覧。
  2. ^ a b c Ryan Newman”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月8日閲覧。
  3. ^ a b 2008 Daytona 500”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月8日閲覧。
  4. ^ a b 2013 Crown Royal Presents The Samuel Deeds 400”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月8日閲覧。
  5. ^ a b 31 Ryan Newman”. Richard Childress Racing. 2017年6月8日閲覧。
  6. ^ a b Ryan Newman – 2000 NASCAR Winston Cup Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  7. ^ a b Ryan Newman – 2001 NASCAR Winston Cup Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  8. ^ a b Ryan Newman – 2002 NASCAR Winston Cup Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  9. ^ 2002 New Hampshire 300”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月8日閲覧。
  10. ^ 2003 Samsung / Radio Shack 500”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月8日閲覧。
  11. ^ a b c Ryan Newman – 2003 NASCAR Winston Cup Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  12. ^ a b Ryan Newman – 2008 NASCAR Sprint Cup Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  13. ^ a b Ryan Newman – 2009 NASCAR Sprint Cup Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  14. ^ a b c Ryan Newman – 2014 NASCAR Sprint Cup Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  15. ^ a b Ryan Newman – 2015 NASCAR Sprint Cup Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  16. ^ 2017 Camping World 500”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月8日閲覧。
  17. ^ 2013 AdvoCare 500”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月8日閲覧。
  18. ^ Ryan Newman – 2004 NASCAR Nextel Cup Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  19. ^ Ryan Newman – 2005 NASCAR Nextel Cup Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  20. ^ Ryan Newman – 2006 NASCAR Nextel Cup Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  21. ^ Ryan Newman – 2007 NASCAR Nextel Cup Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  22. ^ Ryan Newman – 2010 NASCAR Sprint Cup Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  23. ^ Ryan Newman – 2011 NASCAR Sprint Cup Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  24. ^ Ryan Newman – 2012 NASCAR Sprint Cup Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  25. ^ Ryan Newman – 2013 NASCAR Sprint Cup Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  26. ^ Ryan Newman – 2016 NASCAR Sprint Cup Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  27. ^ Ryan Newman – 2017 Monster Energy NASCAR Cup Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  28. ^ Ryan Newman – 2001 NASCAR Busch Grand National Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  29. ^ Ryan Newman – 2005 NASCAR Busch Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  30. ^ Ryan Newman – 2006 NASCAR Busch Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  31. ^ Ryan Newman – 2007 NASCAR Busch Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  32. ^ Ryan Newman – 2008 NASCAR Nationwide Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  33. ^ Ryan Newman – 2009 NASCAR Nationwide Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  34. ^ Ryan Newman – 2010 NASCAR Nationwide Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  35. ^ Ryan Newman – 2011 NASCAR Nationwide Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  36. ^ Ryan Newman – 2012 NASCAR Nationwide Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  37. ^ Ryan Newman – 2008 NASCAR Craftsman Truck Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  38. ^ Ryan Newman – 2009 NASCAR Camping World Truck Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  39. ^ Ryan Newman – 2011 NASCAR Camping World Truck Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  40. ^ Ryan Newman – 2013 NASCAR Camping World Truck Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  41. ^ Ryan Newman – 2015 NASCAR Camping World Truck Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  42. ^ Ryan Newman – 2003 IROC Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  43. ^ Ryan Newman – 2004 IROC Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。
  44. ^ Ryan Newman – 2006 IROC Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年6月7日閲覧。


功績
先代:
ジェフ・ゴードン
ザ・ウィンストン 勝者
2002年
次代:
ジミー・ジョンソン
先代:
ケヴィン・ハーヴィック
デイトナ500 勝者
2008年
次代:
マット・ケンゼス
先代:
ジミー・ジョンソン
ブリックヤード400 勝者
2013年
次代:
ジェフ・ゴードン
受賞
先代:
ケヴィン・ハーヴィック
NASCARウィンストンカップ・シリーズ ルーキー・オブ・ザ・イヤー
2002年
次代:
ジェイミー・マクマレー