ライカミング T55

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ライカミング T55, (社内識別名称ライカミング LTC-4)は1950年代以降、アメリカ製のヘリコプターや(ターボプロップとして)固定翼機で使用されるターボシャフトエンジンである。コネチカット州ストラッドフォードライカミング・タービンエンジン部門でより小型のライカミング T53を拡大することで設計された。両方のエンジンはハネウェル・エアロスペース社で製造される。T55はライカミング ALF502ギヤードターボファンエンジンのコアとしても使用される。

派生機種[編集]

川崎・ハネウェル T55-K-712
LTC4
LTC4A
LTC4B-8
LTC4B-12
T5508D
LTC4-8Dの民間機型
AL5512
T55-L-7
T55-L-9
T55-L-11
T55-L-712
T55-L-714
T55-L-714A
T55-GA-714
T55-GA-715
可変式案内翼制御 : 開発中

搭載機[編集]

仕様 (T55-L-714A)[編集]

一般的特性

  • 形式: ターボシャフト
  • 全長: 1,196.3 mm (47.1 inches)
  • 直径: 615.9 mm (24.3 inches)
  • 乾燥重量: 377kg (831 lbs)

構成要素

性能

  • 出力: 4,867 shp (3,631 kW)
  • 全圧縮比英語版: 9.32[1]
  • タービン入口温度: 815 °C (出力タービン入口温度)
  • 出力重量比: (4,867 shp / 831 lbs) ~ 5.8568:1 shp/lb


関連項目[編集]

類似のエンジン


出典[編集]

  1. ^ CH-47D Power Plants (714) (AQC/IPC/MOI/FEIC)”. 2018年7月4日閲覧。
  • Gunston, Bill (2006). World Encyclopedia of Aero Engines, 5th Edition. Phoenix Mill, Gloucestershire, England, UK: Sutton Publishing Limited. pp. 132. ISBN 0-7509-4479-X.