ライスナー・ノルドシュトルム・ブラックホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ライスナー・ノルドシュトルム・ブラックホール(Reissner-Nordstrom Black Hole)とは、帯電しているブラックホールのことをいう。「ブラックホール脱毛定理」により、ブラックホールが持ちうる物理量は、質量角運動量電荷の三つのみとされるが、そのうちライスナー・ノルドシュトルム・ブラックホールは質量と電荷を持つとされる。

名前の由来[編集]

ライスナー・ノルドシュトルム・ブラックホールの名前の由来は、アインシュタイン方程式を解いたハンス・ライスナーグンナー・ノルドシュトルムから名付けられた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]