ライチャス・ブラザーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ライチャス・ブラザーズ

ライチャス・ブラザーズ (The Righteous Brothers) は、アメリカ合衆国デュオ。いわゆるブルー・アイド・ソウルの代表格で、1960年代に「ふられた気持」や「ひき潮」「アンチェインド・メロディ」などのヒット曲で有名。2003年に、ロックの殿堂入りを果たした。

略歴[編集]

ビル・メドレーとボビー・ハットフィールドの2人から成るデュオで、1962年に結成され、1963年にデビュー。その後、フィル・スペクターらが設立した『フィレス・レコード』に移籍し、1964年に「ふられた気持(You've Lost That Lovin' Feelin')」が全米1位を記録。1965年には「アンチェインド・メロディ(Unchained Melody)」が全米4位となる。1966年、今度は『ヴァーヴ・レコード』に移籍し、そこでも「ソウル・アンド・インスピレーション(Soul And Inspiration)」を全米1位に送り込む等、ヒットを放つが、やがてビルが独立し、勢いを失って解散状態となる。1974年に再結成され、「Rock And Roll Heaven」をヒットさせるが、その後しばらく、第一線に出ることはなかった。

その後[編集]

  • 「ふられた気持」は、ダリル・ホール&ジョン・オーツザ・ファームにカヴァーされた。
  • 1986年公開の映画トップ・ガンでYou've Lost That Lovin' Feelin'が使用された。主人公ピート・ミッチェルとチャーリーが初めて出会った時は同僚たちの合唱で、2人の再会の時にはチャーリーがジュークボックスでリクエストした。
  • 1987年、ビル・メドレーはジェニファー・ウォーンズと「(I've Had)The Time Of My Life」をデュエットした。映画『ダーティー・ダンシング』で使用されたこともあって、ヒットする。
  • 1990年公開の映画『ゴースト/ニューヨークの幻』に「アンチェインド・メロディ」が使用され、リバイバル・ヒットした。
  • BMI調べによる「20世紀アメリカのテレビやラジオで最もオンエアされた100曲」のランキングでは、「ふられた気持」が800万回以上のオンエアで1位にランクインされた[1]
  • 2003年にロックの殿堂入りを果たし、授賞式でのプレゼンターをビリー・ジョエルが務めた。しかし、その年の11月5日、ボビー・ハットフィールドが麻薬のオーバードーズで亡くなった。

脚注[編集]

  1. ^ BMI Announces Top 100 Songs of the Century、BMI.com、1999年12月13日。