ライト R-790

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ライト R-790 ワールウィンドWright R-790 Whirlwind )は1923年アメリカ合衆国カーチス・ライトが開発した航空用エンジンである。一連のワールウィンドシリーズの始祖となった。1920年代のアメリカやオランダ等の航空機に使用された。

仕様[編集]

  • 冷却:空冷
  • シリンダ数:9気筒単列星型
  • ボア:4.5 インチ(114.3 mm)
  • ストローク:5.5 インチ(139.7 mm)
  • 容積:788 立方インチ(12.91 リットル)
  • 乾燥重量:236 kg
  • 出力:200馬力

主な搭載機[編集]

関連項目[編集]

ワールウィンドシリーズ[編集]

  • ライト ワールウィンド
  • ライト R-540 ワールウィンド
  • ライト R-760 ワールウィンド
  • ライト R-975 ワールウィンド
  • ライト R-1510 ワールウィンド(試作のみ)
  • ライト R-1670 ワールウィンド(試作のみ)

サイクロンシリーズ[編集]