ライフガード (飲料)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ライフガード(350mlアルミ缶)
ライフガードフルラベルPETタイプ
ライフガードジャングルマンX

ライフガードLIFEGUARD)とは、株式会社チェリオコーポレーションが販売、一部製造している炭酸飲料である。ビタミンとアミノ酸を豊富に配合し、メーカーはバイオニック(超生命体)飲料と称している。
1985年6月販売開始。カモフラージュ柄を前面に押し出し、ファッション性の高い飲料として、若者を中心に現代に至るまでロングセラー商品として人気を得ている。

歴史[編集]

  • 1985年 - 販売開始。テレビドラマ・コンバット!のサンダース軍曹のヘルメットをイメージしたもので、製造部長の進言により、微炭酸を入れることになった[1]
  • 1990年 - 当時の清涼飲料水が主流だったが、いち早く500mlペットボトルを採用。香港飲料メーカー製造委託輸入という形態で国内での販売をしていた(1995年まで)。
  • 1996年 - 国内での生産をスタートし、パッケージを変更。
  • 2002年 - カラー(緑色)ボトルが使えなくなったため、フルシュリンク式(包装でボトル全体を包む)を採用[1]。また、コリスからライフガードガムが発売。
  • 2003年 - チェリオコーポレーションからライフガードゼリー、コリスからライフガードラムネが発売。
  • 2003年 - カネボウフーズからライフガードアイスバーが発売。
  • 200X年 - サクマ製菓からライフガードキャンディが発売。
  • 2004年 - マスコットキャラクターの「ウサダー」登場。
  • 2010年 - ローヤルゼリー蜂蜜を配合し、リニューアル。
  • 2011年 - 発売25周年企画として、アルコール飲料「ライフガードチューハイ」発売

ジャングルマンX[編集]

ライフガードが炭酸カフェイン強めになった飲料
現在のところは500mlペットボトルのみの販売となっている。発売当初はライフガード ジャングルマンXという名称だったが、現在はライフガードの名前は外れている。
多くの栄養価が含まれている。カフェインが多いことから、眠気覚ましには良いとされる。

ウサダー[編集]

ウサダーは、株式会社チェリオコーポレーションの販売する飲料「ライフガード」のオリジナルキャラクター。
パッケージやノベルティなどに登場するマスコットキャラクター。英語表記はUSADARである。
なお、ウサダーは種別であり、名前は「ライフガー」である[1]
都内某所の鶏小屋で鶏の卵に混じって誕生し、ヒヨコたちと生活していたが、鶏小屋が閉鎖されることになり、仕方なくいろんなものに身を隠しながら流浪の旅をしている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c オトナファミ2012年8月号」 p042-p049 チェリオ50の秘密

関連項目[編集]