小銃擲弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スティック型(Mk.II グレネード)
カップ型(二式擲弾器
ソケット型(SIMON ライフルグレネードM4カービンの外部銃身部分に直接装填されている)

小銃擲弾英語: Rifle grenade) は、小銃を用いて発射する擲弾[1][2]

来歴[編集]

小銃擲弾は、第一次世界大戦での塹壕戦に起源を有する。西部戦線が構築されると、投擲のため身を晒さずに敵の塹壕手榴弾を投射できる手段が求められるようになった。これに応じて開発されたのが小銃擲弾であった[3][4]

このときには、小銃の銃口部にカップ型の発射機を装備して、ここに手榴弾を入れて空砲で射出するもののほか、手榴弾にスティックをつけて銃口に差し込んで空砲で射出するものなどが開発された[4]。ただし大重量の擲弾を射出する必要から、通常よりも薬室圧力が上昇するため、反動が激しく、肩付け射撃ができないため射撃精度が低いという問題があった。また小銃本体の消耗も激しいことから、戦間期には、ドイツ国防軍5 cm leGrW 36大日本帝国陸軍八九式重擲弾筒のように、専用の小型迫撃砲が志向されることになった[3]

その後、第二次世界大戦では、小銃の銃口部に簡単なチューブを装着して、これにロケット型の擲弾を差し込んで、空砲で射出する方式が登場し、こちらは大戦後も長く命脈を保つことになった[注 1]。現代では、特別な発射チューブすら必要とせず、銃身先端のフラッシュサプレッサーにそのまま装着して、実包で発射できるものが主流となっている[4]。このため、西側諸国の小銃ではフラッシュサプレッサーの外径を22mmに統一し、共用化を図っている[5]

種類[編集]

対戦車用
成形炸薬弾を用いた対装甲トーチカ用のもの。ただし小銃に装着する必要から大型化に制約があり、戦車の装甲性能の向上に追随できなくなっており、下記のように、主目標を軽装甲車両や対人用にしたものが主流となりつつある[2]
対軽装甲・対人用
成形炸薬弾による装甲貫徹効果とともに、破片効果による対人効果を付加したもの[2]
戦闘支援用
照明弾発煙弾など。暗視装置に対応した赤外線照明弾も登場している[2]。またイスラエル・エアロスペース・インダストリーズ社では、カメラと送信機を収容した、偵察用のインテリジェント弾も製作した[6]
低致死性
ゴム弾催涙弾閃光発音弾などが用いられている。また特殊用途として、ドア破壊用のSIMON ライフルグレネードもある[2]

従来の小銃擲弾は、専用の空砲である擲弾薬筒を小銃に装填・射撃することによって射出していた。その後、実包による発射に対応した弾丸トラップ方式が登場し、現代ではこちらが主流となった。これは発射筒部に設けられた弾丸トラップで小銃弾を受け止め、この作用と発射ガスの作用によって、飛翔体部を射出するものである。また陸上自衛隊06式小銃てき弾では、更に分離飛翔方式の採用により、射手に有害な後方飛散物の発生を防いでいる[2]

なお上記の通り、小銃擲弾は小銃による射出を前提としているが、フランキ社では、2連装・3連装の専用発射機も試作した[7]

主な機種[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ M1ガーランド用に開発されたM7小銃擲弾発射機が、その代表的な例である。

出典[編集]

  1. ^ 防衛省 1971, p. 39.
  2. ^ a b c d e f 弾道学研究会 2012, pp. 480-487.
  3. ^ a b ワールドフォトプレス 1986, pp. 54-62.
  4. ^ a b c 床井 2008, pp. 88-93.
  5. ^ 床井 2008, p. 114.
  6. ^ 床井 2008, p. 126.
  7. ^ 床井 2008, pp. 130-131.

参考文献[編集]

関連項目[編集]