ライブリマウント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ライブリマウント
欧字表記 Lively Mount[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 栗毛[1]
生誕 1991年6月5日[1]
グリーンマウント[1]
シナノカチドキ[1]
母の父 ファーザーズイメージ[1]
生国 日本の旗 日本北海道新冠町[1]
生産 若林牧場[1]
馬主 加藤哲郎[1]
調教師 柴田不二男栗東
五十嵐忠男(栗東)
[1]
競走成績
タイトル JRA賞最優秀ダートホース(1995年)
NARグランプリ特別表彰馬(1995年)
生涯成績 31戦10勝[1]
獲得賞金 4億1399万5000円[1]
勝ち鞍 GII:フェブラリーステークス(1995年)
GIII:ウインターステークス(1994年)
GIII:平安ステークス(1995年)
帝王賞(1995年)
ブリーダーズゴールドカップ(1995年)
マイルチャンピオンシップ南部杯(1995年)
テンプレートを表示

ライブリマウント[1]日本競走馬種牡馬。主な勝ち鞍に1995年フェブラリーステークス帝王賞ブリーダーズゴールドカップマイルチャンピオンシップ南部杯および平安ステークス1994年ウインターステークス。1995年度のJRA賞最優秀ダートホースおよびNARグランプリ特別表彰馬に選出された。

中央競馬地方競馬間の指定交流競走が大幅に増設され「開放元年」とも称された1995年に活躍し、「開放元年を象徴する存在」として各地の競馬場に出走した[2]

経歴[編集]

  • 特記事項なき場合、本節の出典はJBISサーチ[3]

1993年11月14日、京都競馬場での3歳新馬戦でデビューし、出遅れながらも馬群の外に出すと先頭に立ち、最終的には2着マヤノファンシーに10馬身差をつけて1着[4][5]。騎乗していた石橋守は、レースぶりをブリーダーズカップ・ジュヴェナイルでのアラジに準えて「この馬アラジか」と周囲に言ったという[5]。2戦目さざんか賞でビコーペガサスの2着、年明け初戦の3戦目寒梅賞はエイシンオクラホマの3着に終わったが、この頃はソエ(管骨骨膜炎)が出ていたと石橋は語っている[5]。4戦目の飛梅賞ではゴールデンジャックマッチレースのような形で下し、石橋はレース後に河内洋に「いいレースだった」と声をかけてもらった[5]。飛梅賞で2勝目を挙げたあとクラシック路線に色気を出して路線を進むものの3戦して結果が出ず[5][6]、ダート戦に戻る。900万下クラスを2戦で通過し、オープンレース初出走のタイムス杯こそスタートに失敗して4着に終わったが、続く巴賞で2着に巻き返す[6]。続くシーサイドオープン2着ののち休養に入るが、石橋はこの時の休養で馬がいい方に変わったことを示唆している[7]

休養明け初戦、1500万下条件特別の花園ステークスで1着となった後ウインターステークスに駒を進め、バンブーゲネシスをクビ差下して重賞初制覇[8]1995年を迎えて、初戦の平安ステークスでヤグライーガーを下して重賞2勝目を挙げると、東上してフェブラリーステークストーヨーリファール以下を破って重賞3勝目。続く帝王賞を1着とし、旭川競馬場でのブリーダーズゴールドカップでは2分28秒0のタイムでレコード勝ちを収める。秋に入りマイルチャンピオンシップ南部杯に出走して、ヨシノキングやトウケイニセイモリユウプリンスらを打ち破って[9]重賞6勝目、7連勝を達成した。この時点で1995年の年間最多獲得賞金部門で首位の座に位置しており、ジャパンカップ有馬記念などの結果如何では年度代表馬との声もあったが[10]、年末の東京大賞典はアドマイヤボサツの4着に終わり、連勝は7で途絶えた。それでも、1995年度のJRA賞最優秀ダートホースに選ばれ[11]NARグランプリ特別表彰馬にもトウケイニセイとともに選出された[12]

1996年に入り、初戦の川崎記念ホクトベガの3着に終わり、第1回となるドバイワールドカップにも出走するが、シガーから18馬身4分の3離された6着に終わる[13]。遠征後は9戦するも勝利することはできず、1997年の帝王賞でコンサートボーイの11着だったのを最後に引退した。

競走成績[編集]

以下の内容は、JBISサーチ[3]、netkeiba.com[14]およびRacing Post[13]の情報および記載法に基づく。

年月日 競馬場 競走名 距離(馬場) 頭数 枠番 馬番 オッズ(人気) 着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
勝ち馬/(2着馬)
1993.11.14 京都 3歳新馬 ダ1400m(不) 14 6 9 003.30(1人) 01着 01:24.7 (36.7) -1.6 石橋守 54 (マヤノファンシー)
0000.12.26 阪神 さざんか賞 500 ダ1400m(良) 16 5 10 003.80(2人) 02着 01:27.3 (38.8) -0.9 石橋守 54 ビコーペガサス
1994.01.15 阪神 寒梅賞 500 ダ1400m(良) 12 5 6 001.70(1人) 03着 01:27.1 (38.6) -0.8 石橋守 55 エイシンオクラホマ
0000.02.13 阪神 飛梅賞 500 ダ1800m(不) 8 2 2 003.10(2人) 01着 01:54.7 (37.6) -0.2 石橋守 55 ゴールデンジャック
0000.03.13 中京 すみれS OP 芝2000m(良) 13 2 2 014.90(6人) 11着 02:05.3 (38.7) -1.7 石橋守 55 イブキテヂカラオー
0000.04.24 阪神 葵S OP 芝1400m(稍) 14 7 12 040.6(10人) 06着 01:25.2 (37.9) -1.1 石橋守 55 マルカオーカン
0000.05.08 阪神 京都4歳特別 GIII 芝2000m(良) 14 5 8 074.9(12人) 08着 02:02.2 (37.6) -1.1 石橋守 55 イイデライナー
0000.06.11 札幌 北斗賞 900 ダ1700m(良) 7 5 6 006.50(3人) 02着 01:45.1 (36.3) -0.0 石橋守 54 パリスケイワン
0000.07.03 札幌 羊蹄山特別 900 ダ1700m(良) 12 7 10 002.80(1人) 01着 01:44.2 (37.8) -0.5 藤田伸二 55 (フォスターホープ)
0000.07.24 札幌 タイムス杯 OP ダ1700m(良) 10 4 4 001.80(1人) 04着 01:44.3 (38.2) -0.5 藤田伸二 52 マキノトウショウ
0000.08.14 札幌 巴賞 OP ダ1700m(不) 12 5 6 004.60(2人) 02着 01:44.6 (36.8) -0.1 石橋守 52 フォスターホープ
0000.09.04 函館 シーサイドオープン OP ダ1700m(良) 12 5 6 005.10(2人) 02着 01:46.9 (37.6) -0.4 藤田伸二 55 マキノトウショウ
0000.11.26 京都 花園S 1500 ダ1800m(良) 16 4 8 004.00(1人) 01着 01:51.0 (36.6) -0.1 石橋守 55 (リドガイ)
0000.12.17 中京 ウインターS GIII ダ2300m(良) 16 3 6 005.50(2人) 01着 02:27.1 (37.4) -0.0 石橋守 54 (バンブーゲネシス)
1995.01.16 京都 平安S GIII ダ1800m(良) 13 6 8 003.50(2人) 01着 01:52.9 (37.6) -0.0 石橋守 56 (ヤグライーガー)
0000.02.18 東京 フェブラリーS GII ダ1600m(良) 16 8 16 005.40(2人) 01着 01:36.4 (36.3) -0.3 石橋守 56 トーヨーリファール
0000.04.13 大井 帝王賞 ダ2000m(良) 15 4 6 000.00(1人) 01着 02:03.7(00.0) -0.2 石橋守 56 (アマゾンオペラ)
0000.08.16 旭川 ブリーダーズゴールドC ダ2300m(稍) 9 4 4 000.00(1人) 01着 R2:28.0(00.0) -0.2 石橋守 56 (キソジゴールド)
0000.10.10 水沢 マイルCS南部杯 ダ1600m(良) 10 2 2 000.00(1人) 01着 01:40.6(00.0) -0.1 石橋守 56 (ヨシノキング)
0000.12.21 大井 東京大賞典 ダ2800m(良) 12 6 7 000.00(1人) 04着 03:02.5(00.0) -0.8 石橋守 56 アドマイヤボサツ
1996.01.24 川崎 川崎記念 ダ2000m(良) 12 6 7 000.00(1人) 03着 02:08.7(00.0) -1.2 石橋守 56 ホクトベガ
0000.03.27 ナドアルシバ ドバイワールドC L ダ2000m(良) 11 1 06着 (18馬身3/4) 石橋守 56 Cigar
0000.06.30 札幌 札幌記念 GIII 芝2000m(稍) 14 5 8 042.10(9人) 13着 02:03.4 (37.2) -1.8 石橋守 56 マーベラスサンデー
0000.08.15 旭川 ブリーダーズゴールドC ダ2300m(重) 10 8 9 000.00(1人) 08着 02:32.2(00.0) -2.0 石橋守 56 メイショウアムール
0000.09.07 函館 シーサイドS GIII ダ1700m(良) 12 2 2 018.40(8人) 09着 01:47.2 (39.4) -1.9 石橋守 58 キョウトシチー
1997.02.16 東京 フェブラリーS GI ダ1600m(不) 16 3 6 035.9(11人) 10着 01:38.0 (38.0) -2.0 石橋守 57 シンコウウインディ
0000.03.20 名古屋 名古屋大賞典 ダ1900m(良) 12 8 12 000.00(5人) 05着 02:02.4(00.0) -1.2 石橋守 56 メイショウアムール
0000.04.12 阪神 プロキオンS GIII ダ1400m(良) 16 5 10 011.40(6人) 12着 01:37.4 (37.8) -3.0 石橋守 57 バトルライン
0000.05.03 京都 アンタレスS GIII ダ1800m(良) 16 3 5 041.50(9人) 10着 01:52.1 (38.3) -1.4 石橋守 57 エムアイブラン
0000.05.28 船橋 かしわ記念 GIII ダ1600m(良) 11 5 5 000.00(8人) 09着 01:39.9(00.0) -2.0 石橋守 58 バトルライン
0000.06.24 大井 帝王賞 GI ダ2000m(良) 12 7 10 000.00(9人) 11着 02:08.6(00.0) -3.7 南井克巳 57 コンサートボーイ
  • ドバイワールドカップでの斤量は、Racing Post記載「8st.12lb.」より換算[注釈 1]

引退後[編集]

1998年より種牡馬となり、6年間の供用で血統登録頭数48頭、出走頭数はそのうちの45頭を数えた[15]。その中から、ダイオライト記念などに勝ったミツアキタービンなどが送り出された。種牡馬引退後はにいかっぷホロシリ乗馬クラブに移って去勢の上乗馬に転向し、初心者向けの乗用馬として供用されたほか、2012年公開の映画『のぼうの城』にシゲルホームランなどとともに「出演」した[16][17]2014年に乗馬からも引退した後は功労馬繋養展示事業の助成を受け、北海道新ひだか町のオギオギ牧場で過ごしている[16][18]

おもな産駒[編集]

血統表[編集]

ライブリマウント血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 リファール系
[§ 2]

*グリーンマウント
Green Mount
1983 栗毛
父の父
Lyphard
1969 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Goofed Court Martial
Barra
父の母
Green Valley
1967 黒鹿毛
Val de Loir Vieux Manoir
Vali
Sly Pola Spy Song
Ampola

シナノカチドキ
1975 鹿毛
*ファーザーズイメージ
Fathers Image
1963 栗毛
Swaps Khaled
Iron Reward
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
母の母
シナノイスズ
1968 芦毛
*グレイモナーク Grey Sovereign
White Lodge
シナノクイン シマタカ
ペットネーション
母系(F-No.) (FN:6-a) [§ 3]
5代内の近親交配 Almahmoud 5 x 4 = 9.38% [§ 4]
出典
  1. ^ [23]
  2. ^ [24]
  3. ^ [23]
  4. ^ [23][24]


脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ JBISサーチ、netkeibaでは「56.5(キログラム)」

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o ライブリマウント”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月8日閲覧。
  2. ^ 砂の王者ライブリマウント 無類の強さを発揮した現役時代(1)”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2018年7月24日). 2020年5月8日閲覧。
  3. ^ a b ライブリマウント 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月8日閲覧。
  4. ^ #関西競馬四季報94年春 pp. 390, 441-442
  5. ^ a b c d e #杉本清の競馬談義 p. 77
  6. ^ a b #関西競馬四季報94年秋 p. 1139
  7. ^ #杉本清の競馬談義 p. 78
  8. ^ 11R ウインターS 1994年12月17日(土)4回中京7日”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月8日閲覧。
  9. ^ 10R 南部杯 1995年10月10日(火)8回水沢6日”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月8日閲覧。
  10. ^ #杉本清の競馬談義 p. 79
  11. ^ 【JRA賞】最優秀ダートホース 歴代受賞馬一覧”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2020年1月7日). 2020年5月8日閲覧。
  12. ^ NARグランプリ歴代表彰馬・表彰者一覧”. KEIBA.GO.JP. 地方競馬全国協会. 2020年5月8日閲覧。
  13. ^ a b Result - Dubai World Cup (Listed Race)” (英語). Racing Post. 2020年5月8日閲覧。
  14. ^ ライブリマウントの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2020年5月8日閲覧。
  15. ^ ライブリマウント 種牡馬情報:世代・年次別(サラ系総合)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月8日閲覧。
  16. ^ a b 砂の王者ライブリマウント オーナーの愛に包まれて歩む馬生(3)”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2018年8月7日). 2020年5月8日閲覧。
  17. ^ ついに進出!!”. 競馬女子部. 公益社団法人日本軽種馬協会 (2014年4月23日). 2020年5月8日閲覧。
  18. ^ 引退名馬 - ライブリマウント2015年2月27日閲覧
  19. ^ ホクザンフィールド”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月8日閲覧。
  20. ^ ミドリノオトメ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月8日閲覧。
  21. ^ ミツアキタービン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月8日閲覧。
  22. ^ ティアマット”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月8日閲覧。
  23. ^ a b c ライブリマウント 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月8日閲覧。
  24. ^ a b ライブリマウントの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2020年5月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「関西競馬四季報 1994春季号」『競馬ブック』第15巻第1号、ケイバブック。
  • 「関西競馬四季報 1994秋季号」『競馬ブック』第15巻第3号、ケイバブック。
  • 杉本清の競馬談義・129 ゲスト 石橋守騎手」『優駿』1995年6月号、中央競馬ピーアール・センター、1995年、 76-79頁。