ライプツィヒ–ドレスデン線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ライプツィヒ-ドレスデン線
基本情報
ドイツの旗 ドイツ
起点 ライプツィヒ
終点 ドレスデン
路線番号 500
開業 1837年
運営者 ドイツ鉄道
路線諸元
路線距離 116.098 km
軌間 1,435 mm
線路数 複線
電化方式 交流15,000V 16.7Hz
最高速度 200 km/h
テンプレートを表示

ライプツィヒ-ドレスデン線 (ドイツ語: Bahnstrecke Leipzig–Dresden)とは、ドイツ連邦共和国ザクセン州ライプツィヒライプツィヒ中央駅から同ドレスデンドレスデン=ノイシュタット駅に至る全長116.098kmのドイツ鉄道の路線である。

停車場・施設・接続路線
凡例
KBHFa
-0.1 ライプツィヒ中央駅 123 m
LSTR
HST
3.5 ライプツィヒ・ゼラースハウゼン 125 m
LSTR
HST
4.7 ライプツィヒ・パウンスドルフ 130 m
LSTR
ABZg+r
エンゲルスドルフ - コネヴィツ線(S 4)
LSTR
S+HST
7.0 ライプツィヒ・エンゲルスドルフ Hp 130 m
SKRZ-Au
アウトバーン14号
S+BHF
11.5 ボルスドルフ(ザクセン) 127 m
ABZgr
ボルスドルフ - コスヴィク線
SHST
14.9 ゲリクスハイン 140 m
eDST
16.1 ポストハウゼン
SHST
17.7 マヒェルン(ザクセン) 142 m
ÜST
マヒェルン渡り線
SHST
21.4 アルテンバッハ 125 m
SHST
23.4 ベネヴィッツ 旧ヴルツェン西駅
BRÜCKE1
国道107号
hKRZWae
ムルデ川
WBRÜCKE1
S+BHF
25.7 ヴルツェン S 4終着駅 124 m
ABZgr
旧グラウハウ - ヴルツェン線
eABZgl+l
旧ヴルツェン - アイレンブルク線
BRÜCKE1
国道6号
HST
32.6 キューレン 155 m
BHF
35.8 ドルンライヒェンバッハ 152 m
BHF
43.2 ダーレン(ザクセン) 154 m
BS2c1 BS2+r
KBHFa BHF
52.8 オーシャツ 128 m
BS2r
狭軌線 ミューゲルン方面
eKRZo
旧オーシャツ - シュトレーラ線
eABZgl
旧オーシャン - ロェーデラウ線
HST
57.9 ボルニッツ(オーシャツ近郊) 旧普通駅
ABZgr
ABZg+r
RC線、RN線
BHF
65.8 リーザ 106 m
hKRZWae
エルベ川
ABZgl
ABZg+l
ユターボーク - ロェーデラウ線
BST
ツァイトハイン分岐点
ABZgl
ツァイトハイン - エルスターベルダ線
SBRÜCKE
国道169号
HST
72.3 グラウビッツ(リーザ近郊)
HST
74.8 ニュンヒリッツ 2003~
DST
77.4 ヴァイシヒ (グローセンハイム近郊)
BST
レクヴィツ分岐点
ABZg2
ヴァイシヒ - ボェーラ線
ABZg+l
BUE
国道101号
BHF
84.7 プリーシュテヴィッツ 147 m
CSTR
旧オーバーラウトンネル 1933年撤去
BHF
95.7 ニーデラウ 133 m
HST
97.5 ヴァインボェーラ Hp 2002~
eABZgr
ABZg+r
ボルスドルフ - コスヴィッヒ線(S 1) ボルスドルフ方面
BS2+l BS2+r
BHF S+BHF
101.9 コスヴィッヒ(ドレスデン近郊) 110 m
STRr STR
STR+l ABZgr
KRZu KRZu
ベルリン-ドレスデン線
BS2+l BS2+lc BS2c4
STR STR2u STR3+l
ベルリン-ドレスデン高速線
STR STR+1 STR+4u
STR STR SHST
104.0 ラーデーボイル・ツィツチェウィヒ 110 m
BS2l BS2rc BS2r
STR SHST
105.8 ラーデーボイル・コェツシェンブローダ 113 m
STR STR
旧ラーデーボイル西駅
STR SHST
107.8 ラーデーボイル葡萄駅 114 m
BS2+l BS2+lc
ラーデーボイル東 - ラーデーブルク線
STR SBHF KBHFe
109.5 ラーデーボイル東駅 113 m
BS2l BS2lc BS2c3
SKRZ-Au SKRZ-Au
アウトバーン4号
STR SHST
111.5 ドレスデン・トラーヒァウ 115 m
ABZgr STR
ピーシェン - ノイシュタット線
STR SHST
113.2 ドレスデン・ピーシェン 115 m
BRÜCKE1 BRÜCKE1
国道170号
STR SHST
115.1 ドレスデン・ビショフス広場
STR+l KRZu KRZu KRW+l
ゴェルリッツ - ドレスデン線
STR STR KRWl+lo
BHF BHF BHF S+BHF
115.9 ドレスデン・ノイシュタット 118 m
BS2l BS2lr BS2lr BS2r
ジェチーン-ドレスデン=ノイシュタット線

歴史[編集]

1837年4月24日に蒸気機関車の運行が開始された。
1840年当時のオーバーアウトンネル

ライプツィヒ・ドレスデン鉄道株式会社により1837年から1839年にかけて建設された[1]。ドイツで最初の蒸気機関車のみを用いる長距離路線であり、大陸ヨーロッパで最初の標準軌路線のトンネルであるオーバーアウトンネルドイツ語版を有していた。当初は単線での開業であったが、建設時点から複線化を見越した設計であったため全線開業後の1840年に全線複線化された。また、ベルリン-ドレスデン線1875年に開通するまではベルリン - ドレスデン間のルートの一部であった。

1876年には王立ザクセン邦有鉄道の一部となり、1915年12月4日にはターミナル駅としてライプツィヒ中央駅が開業した。第一次世界大戦後の1920年4月1日には王立ザクセン邦有鉄道はドイツ国営鉄道に編入された。

大陸ヨーロッパで最初の標準軌トンネルであったオーバーアウトンネルは徐々に車両限界を満たさないようになったことから1933年から翌34年にかけて開削され消滅した。

第二次世界大戦後の1946年にはソビエト連邦への戦争賠償のために複線のうち一線が撤去され単線化された。かつては複々線であったコスヴィッヒ - ドレスデン間も例外ではなかった。これはドイツの最重要路線の一つの線路容量が100年以上前の開業当初の水準に落ち込んだことを意味するものであった。一時期はライプツィヒおよびドレスデンからの列車の一部はマイセンおよびデーベルンを経由するボーアスドルフ-コスヴィッヒ線ドイツ語版経由で運行された。しかしながら、デーベルン経由の路線は勾配が多いため重量級の列車の場合は追加の機関車が必要であり、慢性的な問題となっていた。このため、東ドイツ建国後の1967年に再度複線化された。

1960年代初頭には電化計画が浮上し、1969年から翌70年にかけて電化が行われた。電化当初はカール=マルクス=シュタットおよびムルデンシュタイン発電所から送電されていたが、これでも急増する輸送量に対応するには電力供給が不十分であったことから蒸気機関車やディーゼルも継続的に用いられていた。最終的にはドレスデンに新たな発電所を建設することで完全な電化が実現した。

1990年のドイツ再統一後はドイツで最も運行本数の多い路線の一つになったことに加え、他の東ドイツ国鉄の多くの路線と同様に応急処置と近代化が必要とされていた。路線改良は67kmの速度向上と48kmの新線建設が連邦政府によって決定され1993年に工事が開始された。2000年にはライプツィヒ - リーザ間で200km/h運転が開始され、LZB(連続列車制御装置)も設置された。リーザ - ドレスデン間も高速化工事が進行中である。統一直後の1990年には90分を要していたライプツィヒ - ドレスデン間は2015年現在60分強まで短縮されている。

参考文献[編集]

  • Deutschlands Eisenbahnen im Jahr 1845. Nach officiellen Berichten der respectiven Eisenbahn-Directionen und andern zuverlässigen Quellen bearbeitet von Emil Bürger. Verlag C. Macklot, Karlsruhe 1845, S. 85–93. (ドイツ語)
  • Die Leipzig-Dresdener Eisenbahn in den ersten fünfundzwanzig Jahren ihres Bestehens. Denkschrift zur Feier des 8. April 1864. Herausgegeben auf Veranlassung des Directoriums, Giesecke & Devrient, Leipzig 1864. (ドイツ語)
  • Die Leipzig-Dresdner Eisenbahn. für Dampfwagenreisende von Leipzig nach Dresden und von Dresden nach Leipzig. Weber, Leipzig 1838 (デュッセルドルフ大学図書館のデジタル資料) (ドイツ語)
  • Fritz Borchert (Hrsg.): Die Leipzig-Dresdner Eisenbahn, Anfänge und Gegenwart einer 150-jährigen. transpress VEB Verlag für Verkehrswesen, Berlin 1989, ISBN 3-344-00354-2. (ドイツ語)

脚注[編集]

関連項目[編集]