ライマー・リリアーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ライマー・リリアーノ
Rymer Liriano
ニューヨーク・メッツ (マイナー)
Rymer Liriano.jpg
A+級レイクエルシノア時代
(2012年6月3日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サントドミンゴ
生年月日 (1991-06-20) 1991年6月20日(28歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2007年 アマチュア・フリーエージェントとしてサンディエゴ・パドレスと契約
初出場 2014年8月11日 コロラド・ロッキーズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ライマー・オマー・リリアーノRymer Omar Liriano, 1991年6月20日 - )は、 ドミニカ共和国サントドミンゴ出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。MLBニューヨーク・メッツ傘下所属。

経歴[編集]

プロ入りとパドレス時代[編集]

2007年7月3日にサンディエゴ・パドレスと契約を結んだ。

2008年はルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・パドレスでプロデビュー。67試合に出場して打率.198・9本塁打・37打点・9盗塁の成績を残した。

2009年はルーキー級アリゾナリーグ・パドレスでプレーし、50試合に出場して打率.231・3本塁打・38打点・31盗塁の成績を残した。同年のアリゾナリーグのオールスターチームに選出された。

2010年はまずA級フォートウェイン・ティンキャップス英語版でプレーし、50試合に出場して打率.191・2本塁打・20打点・11盗塁の成績を残した。6月からはA-級ユージーン・エメラルズ英語版でプレーし、53試合に出場して打率.271・12打点・17盗塁の成績を残した。8月にA+級レイクエルシノア・ストーム英語版へ昇格。14試合に出場して打率.220・1本塁打・6打点・3盗塁の成績を残した。

2011年はA+級レイクエルノシアで開幕を迎え、4月にA級フォートウェインへ降格。A級フォートウェインでは116試合に出場して打率.319・12本塁打・62打点・65盗塁と結果を残し、ミッドウェストリーグのオールスターチームに選出された[1]。また同リーグのMVPを受賞し、「Prospect of the Year」にも選出された[2]。オフの11月18日に40人枠に登録された[3]

2012年2月21日にベースボール・アメリカの有望株ランキング49位に入った[4]。3月8日にパドレスと1年契約に合意した[5]。3月15日にA+級レイクエルノシアへ異動した[6]。開幕からA+級レイクエルシノアでプレーし、74試合に出場して打率.298・5本塁打・41打点・22盗塁の成績を残した。6月にはオールスター・フューチャーズゲームに選出された[7]。6月下旬にAA級サンアントニオ・ミッションズへ昇格。53試合に出場して打率.251・3本塁打・20打点・10盗塁の成績を残した。

2013年2月13日にトミー・ジョン手術を行った[8]。3月9日にパドレスと1年契約に合意[9]。3月10日にAA級サンアントニオへ異動した[10]。この年は手術の影響でシーズンを全休した。

2014年3月3日にパドレスと1年契約に合意した[11]。開幕からAAA級エル・パソ・チワワズでプレー。8月11日のコロラド・ロッキーズ戦でメジャーデビューし、13日の同カードでは初本塁打を放った。この年メジャーでは38試合に出場して打率.220・1本塁打・6打点・4盗塁の成績を残した。

2015年は40人枠にはとどまったが、メジャーでの出場はなかった。マイナーではAAA級エル・パソでプレーし、131試合に出場して打率.292・14本塁打・64打点・18盗塁の成績を残した。

2016年1月22日にアレクセイ・ラミレスの加入に伴い、DFAとなった[12]

ブルワーズ傘下時代[編集]

2016年1月28日にトレバー・サイデンバーガーとのトレードで、ミルウォーキー・ブルワーズへ移籍した[13]。この年は顔面骨折の影響でメジャー・マイナーともにプレーしなかった。

ホワイトソックス時代[編集]

2016年10月28日にウェイバー公示を経てシカゴ・ホワイトソックスへ移籍した。

2017年3月31日に40人枠を外れる形で傘下のAAA級シャーロット・ナイツへ配属された[14]。9月2日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[15]。この年メジャーでは21試合に出場して打率.220・1本塁打・6打点・1盗塁の成績を残した。レギュラーシーズン終了後の10月4日に40人枠から外れる形でAAA級シャーロットへ配属された[16]

エンゼルス傘下時代[編集]

2017年12月12日にロサンゼルス・エンゼルスとマイナー契約を結んだ[17]

2018年7月9日に放出された。

ブルワーズ傘下時代[編集]

2018年7月20日にミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結んだ。シーズン終了後、FAとなった[18]

メッツ傘下時代[編集]

2019年1月3日にニューヨーク・メッツとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加した[19]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 SD 38 121 109 13 24 2 0 1 29 6 4 1 0 1 9 1 2 39 6 .220 .289 .266 .555
2017 CWS 21 46 41 4 9 2 0 1 14 6 1 0 0 0 5 0 0 14 0 .220 .304 .341 .646
MLB:2年 59 167 150 17 33 4 0 2 43 12 5 1 0 1 14 1 2 53 6 .220 .293 .287 .580
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



左翼(LF) 右翼(RF)
























2014 SD - 34 57 2 4 0 .937
2017 CWS 12 20 1 0 0 1.000 7 4 0 0 0 1.000
MLB 12 20 1 0 0 1.000 41 61 2 4 0 .940
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

MiLB

背番号[編集]

  • 7(2014年)
  • 48(2017年)

脚注[編集]

  1. ^ Josh Jackson (2011年6月3日). “Chiefs, 'Nuts have most All-Star starters” (英語). MiLB.com. Minor League Baseball. 2016年2月2日閲覧。
  2. ^ Danny Wild (2011年8月29日). “Liriano named Midwest's top prospect” (英語). MiLB.com. Minor League Baseball. 2016年2月2日閲覧。
  3. ^ “Padres announce roster moves” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Diego Padres), (2011年11月18日), http://m.padres.mlb.com/news/article/26003042 2016年2月2日閲覧。 
  4. ^ 2012 Top 100 Prospects” (英語). Baseball America (2012年2月21日). 2016年2月2日閲覧。
  5. ^ “Padres agree to terms with 20 players on 2012 contracts” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Diego Padres), (2012年3月8日), http://m.padres.mlb.com/news/article/27112184 2016年2月2日閲覧。 
  6. ^ “Padres Option Six To Minors and Reassign Two To Minor League Camp” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Diego Padres), (2012年3月15日), http://m.padres.mlb.com/news/article/27301178 2016年2月2日閲覧。 
  7. ^ Jonathan Mayo (2012年6月21日). “Prospects pack rosters for Futures Game” (英語). MLB.com. 2016年2月2日閲覧。
  8. ^ Corey Brock (2013年2月15日). “Elbow injury sidelines prospect Liriano for 2013”. MLB.com. 2016年2月2日閲覧。
  9. ^ “Padres agree to terms with 24 players on 2013 contracts” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Diego Padres), (2013年3月9日), http://m.padres.mlb.com/news/article/42515478 2016年2月2日閲覧。 
  10. ^ “Padres roster moves” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Diego Padres), (2013年3月10日), http://m.padres.mlb.com/news/article/42556566 2016年2月2日閲覧。 
  11. ^ “Padres agree to terms with 22 players on 2014 contracts” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Diego Padres), (2014年3月3日), http://m.padres.mlb.com/news/article/68636574 2014年3月22日閲覧。 
  12. ^ Corey Brock (2016年1月22日). “Padres officially ink Alexei to 1-year deal” (英語). MLB.com. 2016年1月23日閲覧。
  13. ^ Adam McCalvy (2016年1月28日). “Brewers acquire OF prospect Liriano from SD” (英語). MLB.com. 2016年2月2日閲覧。
  14. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年4月1日閲覧。
  15. ^ Scott Merkin (2017年9月2日). “L. Garcia lands on DL; Liriano called up” (英語). MLB.com. 2017年9月3日閲覧。
  16. ^ Scott Merkin (2017年10月4日). “Anderson, wife reach out to Chicago youth” (英語). MLB.com. 2017年10月6日閲覧。
  17. ^ Polishuk, Mark (2017年12月12日). “Minor MLB Transactions: 12/12/17”. mlbtraderumors.com. 2017年12月18日閲覧。
  18. ^ Eddy, Matt (2018年11月6日). “Minor League Free Agents 2018”. Baseball America. 2018年11月12日閲覧。
  19. ^ Mets Farm Report on Twitter”. 2019年6月24日閲覧。

関連項目[編集]