ライモ・トゥオメラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ライモ・トゥオメラ(Raimo Tuomela, 1940年10月9日ヘルシンキ - )は、フィンランド出身の哲学者。トゥオメラは1968年にヘルシンキ大学から哲学博士号を、1969年にはスタンフォード大学から二つ目の博士号を取得した。トゥオメラは1971年からヘルシンキ大学哲学科の専任教授を続けており、哲学(特に社会科学方法論と哲学)を教えている。

初期から哲学の幅広い分野の研究・著述を続けており、特に科学哲学、行為論、社会的行為理論を主な研究対象としている。

トゥオメラはいくつもの研究資金や賞を受けており、研究業績が認められてアレクサンダー・フォン・フンボルト基金研究賞(Forschungspreis)を受賞した。

1995年から2000年の5年間、トゥオメラはフィンランド・アカデミーのアカデミー教授を務めた。この研究教授ポジションには、社会的行為の哲学の一般部門における研究グループも含まれていた。

著作[編集]

英語[編集]

  • Theoretical Concepts. Library of Exact Philosophy 10, Springer-Verlag, Wien and New York, 1973, 254 pp.
  • Theoretical Concepts and Hypothetico-Inductive Inference (together with Ilkka Niiniluoto). Synthese Library, D. Reidel Publishing Company, Dordrecht and Boston, 1973, 262 pp.
  • Human Action and Its Explanation: A Study on the Philosophical Foundations of Psychology. Synthese Library, D. Reidel Publishing Co., Dordrecht and Boston, 1977, 426 pp.
  • A Theory of Social Action. D. Reidel Publishing Company, Dordrecht, Boston, and Lancaster, 1984, 534 pp.
  • Science, Action, and Reality. D. Reidel Publishing Company, Dordrecht, Boston, and Lancaster, 1985, 274 pp.
  • The Importance of Us: A Philosophical Study of Basic Social Notions. Stanford Series in Philosophy, Stanford University Press, Stanford, Calif., 1995, 470 pp.
  • Cooperation: A Philosophical Study, Philosophical Studies Series, Kluwer Academic Publishers, 2000, 431 pp.
  • The Philosophy of Social Practices: A Collective Acceptance View, Cambridge University Press, 2002, 274 pp.
  • The Philosophy of Sociality, Oxford University Press, 2007, 318 pp.
  • Social Ontology: Collective Intentionality and Group Agents, 2013, New York: Oxford University Press.

フィンランド語[編集]

  • Tiede, toiminta ja todellisuus. Tieteellisen maailmankäsityksen filosofiset perusteet, Gaudeamus, Jyväskylä, 1983.

関連項目[編集]